大阪 美容外科 脂肪吸引 ふくらはぎ やる夫が王莽になるようです 第二話 莫逆の友 - 私撰やる夫まとめブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が王莽になるようです 第二話 莫逆の友

20120215

78 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:01:33 ID:AIDpet1k

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|   やる夫が王莽になるようです                      |┃
┃|                                            |┃
┃|   第二話 莫逆の友                                |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛


79 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:02:08 ID:AIDpet1k

┏━━━━━━━━━┓
┃   /         \  ┃
┃ /   ____   \┃
┃   /     \.   ┃    チーン
┃ ./ - 壱 - \ .┃
┃/  =⊂⊃=⊂⊃= .\┃
┃|   \(__人__)/  .|┃
┃\     ` ⌒´    /┃
┃/              \┃
┃                  ┃
┗━━━━━━━━━┛

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   陽朔三年八月丁巳(第二十四日)、
   王鳳が薨じた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



80 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:03:06 ID:AIDpet1k

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / ⌒  ⌒ \
     |   ・ .. ・   |
     |    `ー'   |
    /\____/ヽ
  /__/__   __ヽ__\
 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
 |_7|_ ____ __ F !」
    ̄.`┴、..,,,___,..┴"  ̄
     _,|ー-┼┼-ー│_
    .(_|__| |___|_)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   王鳳の遺言どおり、かれの後任には
   王音がえらばれた

   九月甲子(第二日)、御史大夫の王音は
   大司馬驃騎将軍領尚書事となった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



81 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:03:49 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   おさまらないのは王鳳の弟である

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                ____
.                 / ノ 参⌒\
             / ( ● ) (● )\
            / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\        実の弟をさしおいて
             |      `ー=-'     |         いとこにお鉢がまわる?
            \  ⊂、ヽ、_∩   /
.        , -‐  ´  \  '、   ヽ   ! ` ー-、     そんなのありえない、だろ?
       /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.       〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ
      ji/    ̄` `    ヽ
.      {{      '
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      王譚、字は子元

      魏郡の元城県の委粟里のひと
      平阿侯

      王莽のおじ
      兄の王鳳と仲がわるかった
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



82 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:04:26 ID:AIDpet1k

                      _ __
                 ,. -'´::/::::`ヽ:::::`丶、
                /:::::::_::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
              ,.'::::::::/::::ヽ:!:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\
.             /::::::::/::::::: /::_::::::::::::::::::::',:::::::::\:::::::`::......_
            , ':::::::::/:::::::::::::ハ厶:::::!::::::::'.::::::::::::ヽ::::ヽ ̄
           ∠イ::::::/:::::::::|::::厂  ',::ト、::::::ト、::::::::::::',:::::ハ
             |::::/:::/:::::_L::l._   ';l ';::::l ヽ:::i::::::',:::::::.
             厶'-:';.r|::::::|∨ `丶 '  '斗-‐';┼:::::|::|:::|
                ̄|::::{ |::::::| 'Tツト     ';}ゥT'';|.::::::|∧:|
                 l∧ヽ|::::::|  `¨´   i   ̄ ハ::::|  :|     たしかにかれだけがいい目を見たのでは
               ヘ:',::N         }    |:::ハ: !        いろいろ問題がおこりますね……
               _,.イヽ!ヘ         ′   /l/ l;′
            _,..- ´  ! | ',\  ──‐  , 'ヽ、
       ,. '´      |. |  ヽ \    / |  `  ._
      /        | !   \ ` -イ .|. |     `ヽ.
.     /           l.  |    \ /   | |      ヘ


             ___
            / .ノ 参⌒\
          / ( ● ) (● )\
        / :::::⌒ 、_ ゝ⌒:::::\    (⌒)
        |       -      |   ノ ~.レ-r┐、     だろっ?
        \            /  ノ__ .| | | |
.     , ⌒ ´ \      ̄  ´ !  〈 ̄  `-Lλ_レレ
    /  __    ヽ       |    ̄`ー‐---‐‐´
.    〃 ,. --ミ    ヽ     i   |/ハ /
   ji/    ̄`     ヽ    |
.   {{      '



83 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:05:24 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   王譚は位特進となり、
   城門の兵を領することとなった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                ____
.                 / ノ 参⌒\
             / ( ● ) (● )\
            / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\        ま、あとは
             |      `ー=-'     |         アイツがくたばるのを待つだけだろ?
            \  ⊂、ヽ、_∩   /
.        , -‐  ´  \  '、   ヽ   ! ` ー-、
       /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.       〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ
      ji/    ̄` `    ヽ
.      {{      '

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   なお、王音と王譚とは
   この件で仲がわるくなった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



84 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:06:05 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   十一月丁卯(第六日)、
   王音の後任として
   吏散騎光禄勲の于永が御史大夫となった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                             _   、_
                             ,.≧''"::::::::::::ミX
                              , ´:::::::::::::::::::::::::::::: Y
                          〈.イハ{レヘ ::::::::::::::::::::ト
                              Y ‐ト、 |::f⌒):::::::::,
           __                ノ  Lヒl. レ 介x:::::ハ
         / , -─              ぐ       ミ     Y
      ___「∨ /  _   -─==二ニ=‐-、__`t‐'  r──<二コ
    r┘  |-‐≠´    .: ..:.:. .:.:, -‐ '´    ̄ ̄二ニ===-ミ≧- 、
.   /    l       ..,. .:´.:..::.:;xく                   ̄`ヽ、
   {  ,. --〈   . ,../ :::.,. -<_  ヽ          レ'  ∧ ┌‐ r‐ i \
   ハ/:::::::::::::',:..//:.. ..∠.._.   ヽ  '.           l\ l⌒l セL. 匚 |   \
    | |:::::::::::_j=≠<´ ヽヽ::ヽ、 l   i          / ,二. ヽ     |    ヽ
    | |:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:', ,:.::.',\l   l             | i  | |:/ ,ニ ミ|    , ヽ
    | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::'. ト、:.:..|:.. l.... ,':.           | L l |i | | |  / /ヽ.
   l |:::::::::::::::::::::::::::::::::: j l::|\l_:. !:.:..,':. :.. .        `ー ┐ || | | l / / / >
   八::::::::::::::::::::::::::::::::/ :/:ノ:. /:. ノ:::/:.:.:::..、:.:.ヽ、:.:.:...   ___   | || | | |、 / / . く
.   i :. `厂 ̄厂厂 ̄ ̄´「丁广ニi≠=¬'.: \:...:.\:...   | |_,| || | | | ヽ./ /::::::::\
.   |:.:.:..{ .:...: {::::{:..     .: !.:八:..:. {:::..\:.:...:..:.:.>ー:. \ 八     八_,∨ j  \/::::::::::::::::::
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      于永

      東海郡の郯県のひと
      西平侯

      もとの丞相の于定国の子
      わかいころ酒をたしなんで失敗がおおかった
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



85 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:06:33 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   外朝のトップである丞相はすえおきで
   張禹のままだった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

      /:::::::::\____ /    l
       /:::::::::::...    o  /   /
    ∧ .i:::::::..         o i    /、.   ∧
    i ヽ:::..        o `‐‐ ´o \/ i
    |   \   ___ o   o__',  |
    |    ii   i:::ヽ__/i   i、_/i |  .!
   ∧     ||   |:::::::::::::::::i   |::::::::::| | /
.  /  \  /     ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ | /
 ̄\  ! ∨::::.         o   o     レ \
    \ i \:::..        o   o   ∧   ヽ
     / ヽ  ヽ:::..           / ハ   〉 ̄ \
   /    リ\::::..           / / リ  /      \´ ̄
  /  /   ,'  \::..       /     / /         \
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      張禹、字は子文

      左馮翊の蓮勺県のひと
      丞相在任四年目
      安昌侯

      儒者
      太子時代の成帝の学問の師
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



87 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:08:25 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   雲のうえの人事についてはこのあたりでやめにしておいて、
   視点を主人公にうつそう

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \       えへへっ!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\      初出仕だお!
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //     おじさんのおかげで
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /       黄門郎になれたお!
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   黄門とは禁中の門のことである
   その小門が黄色く塗られていたために黄門とよばれた

   については、くわしく語ろうとすると
   説明がおそろしく長くなるのではぶく
   大名につかえる小姓みたいなものだと思えばいい

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



88 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:08:57 ID:AIDpet1k

      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃ (―)  (―)\
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃           |
      |┃          /
      |┃ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
      |┃ヽ_)つ'∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
      |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
      |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
      |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~



91 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 20:10:36 ID:x57luujw
ひどすぎるwwwwwwwww



89 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:09:33 ID:AIDpet1k

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \      おのれはやってくるなり
    | ⌒(( ●)(●)      なにやらかしとんのじゃ――ッ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____    
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\   
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ', ・  ぐぇあ
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)',∴\ ,  ' 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /



90 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:10:12 ID:AIDpet1k

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      すまぬ……すまぬ……
  /  /⌒)   ⌒゚o  \
  |  / /(__人__)      |     お約束の強制力には
  \/ /   ` ⌒´     /      さからえなかったんだお……


              / ̄ ̄\
             /  ヽ、    \       メタなこと言ってないで
            (●)(● ))    |        おまえも手つだえよ
            (__人__)      |
            (,`⌒ ´     .|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             {          |            ヽ
             {         /  /          ヽ
            /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\    ノ
          / /     ./  /   /  /  /
         / /      /  /  /  /  ∠_,-
      ⊂二⊂ノ        /  /  (__/  ∠__,- 丶
  (( (二二二二二) ))⊂二_ノ     (________ヽ


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \     なぜやる夫は
   .|   (ー)  (ー) U  |     あんなムダな時間を……
    \    (__人__) .  /
     /    _,__,__,_    ヽ
  (( ヽ、二)〉ヾヾヾ(⌒ニノ ))
         ij´`´u 。
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.      |       .|
.        |      |
       |_____|



92 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:10:51 ID:AIDpet1k

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。       というわけで
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +     あっという間にキレイキレイだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―'___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      いきなりくつろぐなっつーの
   |      (__人__)
.   |        ノ      俺は通称やらない夫、
    |      ∩ ノ ⊃      おまえは?
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  " /___|  |
.    \/ ___ /



93 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:11:50 ID:AIDpet1k

          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●)
        |     (__人__)
        |         ノ
        |     ∩ノ ⊃ }
        /ヽ   / _ノ }
       ( ヽ  /  / ノ
        ヽ "  /_|  |
         \__/__ /
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      劉歆、字は子駿、通称やらない夫

      楚の元王(劉邦の弟)の末裔
      このとき黄門郎

      やる夫の人生において
      もっとも重要な人物のひとりとなる
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



95 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 20:12:55 ID:sUcgHjQQ
これはいい配役



94 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:12:45 ID:AIDpet1k

      *   ____
    + 。  /\  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *     ご存じないのですか?
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|     |  + 。    やる夫こそ代役からチャンスをつかみ、
     \     `ー'´   /          スターの座をかけあがっている、
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \            超時空シンデレラ、やる夫ちゃんです!
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l                                      . __
       l    ∧    l                                     ./::::::. \
.      l    / l.   l                 やる夫……?           /::::::ヽ;;:   \
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、                                 . (:::::(::::冫    |
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \              おいおまえ、もしかして    . (:人;;;) .    |
  /                 i              こないだ死んだ大将軍の  r‐-;::::::. .     |
  l     ア イ ド ル    /               甥っ子か?          (三)):::::.. .   |
  ゙'-、, _______ ,、 - '"                                 >::::ノ:::::::::.    /
                                                  /::: / ヽ;:::::::::   /
                                                  /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                                  (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                    . |\::::::::::::;;:1
                                                    . |:::::\;;/:::|



96 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:13:13 ID:AIDpet1k

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\          そのとおりだお
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |        で、チミはおじさんの故吏か
    \__ `ー ' ___/         なんかかお?
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \      てめーのおじさんのせいで
    | ⌒(( ●)(●)      出世のチャンスをつぶされた男だよッ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____    
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\   
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ', ・  ぐぇあ
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)',∴\ ,  ' 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /



97 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:14:23 ID:AIDpet1k

―――======ニニニニニニニ二二二二二ニニニニニニニ======―――

            ――===ニニニニ二ニニニニ===――

                  ―==ニニ==―


                      / ̄ ̄\
                    /  ヽ_  .\
                  + ( ●)( ●)  |
                   (__人__)      |       知性が筋細胞のひとつひとつにまで
                 +  l` ⌒´    |       充溢しているだろ、常識的に考えて……
                         {       |
                __,..-{         /
             _,.r'´ ̄  ヽ、ヽ     ノ`ヽ____._
         _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、
        ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
        i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、
         !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.
       ,r'   ,′      /         ヽ、           i
      /    !        ,′          ′             !
     ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !
     !/     ト、_,.-‐´  `、          ノ / `´  `Y'´    Y
    ,イ  ⌒ヽ、 ,!、       ` ‐ 、.     ′,′          `i
   _ノ、      Y、i、 _,..-―-.、_   ` ヽ 、_,.-l,i .l          !
  ./ .!、 `ト、_   \!'      `ヽ、_ ,;     イ il ,    i   __、 )
 〈   ヽ `ヽ、_.    `ヽ、        、   、_人 Y    〉  '  V
  `、       ヽ、    ヽ、>ー--  !^     ,l、|_,    !    !
    `;、       `      \__,..--..、  ヽ ',r'´    〈.     !
     ヽヽ、         ,r'´ ̄ ヽ ̄`、 ヽ-‐'´ ̄      )    !
      `ー-、.._  ,-.、_,-v'´    _ヽ _ヽ -`;ー!    `ニ=┬'     !
          `>、__  ̄⌒``ヽ  i  i  |`´  一' ̄´_,r'´    〈
          / ー<>      lニ!ニ!.ニ'       ̄´    、  !
          ヽ_  '´            _,..          ` ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   やらない夫……
   かれは高名な儒者の末っ子としてうまれ、
   本人もまた異才をうたわれた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



98 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:15:05 ID:AIDpet1k

                                  _
                              ,イ`ー'`ヽ   リングディンドン♪
                                 /-v-.:、:.:._ハ
                        ,r‐-、_    「゙/i ̄_:.:.6)}
                       /.:.:.:ヘ7ノ     '=ニヲ.:):./l ハ=ー-、='´ ̄`ヽ_
                     __i´.:.:.:./-'      (二_,イ | ゝ_,,='"´  ̄`ヽ ,,',
                     {=ー---‐' }    ,r'´ ̄`ヽ‐-=,_ゝY´.:.:.:.:.`゙ー-、,,.:.:}.::`ー、_
 リングディンディンドン♪ , r==ミ`ー---‐'、 ,r='´`ー='"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ'´`ヽゝ、ハ
             i´     Y..',.:.:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:.:.r'´.:>、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノヽ、,,_,,/ハ.:.:.:.:.:`i.:.:`ヽ、
               r、 ,-‐、,=l .',.:.:.:.:ノハ,,='"´.:.:.::i´.:`ーt――"´-'ー--'彡/リ`ー=_ノ、.:.:.:)ヘ
            ノゞ;;;rト、=ゝ)  ',.:.:.:.>.:.:.:_,,=-'ゝ、.:.:.:',ニ)_`i´.:_ノ、_)ー'/   /,r'.:.:.,,/.:)
         ,r='´/ li ハ  `三l`Y´`ー=-‐'゙      `ヽ i、ヽ_ノ´.:.:.`ii´.:.:.ノ リ     j'.:./:/.:ノ
      , r='´ー-=',,_lゝ `ー‐',=-、{ {o ゚ ..,(⌒) 。゚ } ',ヽヽ_)ー-‐< }ー'ノ ,' /`ヽ、/,,;''/
     {//´ ̄  / `ー-=x'´   ヽ' , o  `゙´。 o../ .}、 \}、_ノノ_ノi,/八`ヽ、 .`<
    ,r'´Y    /      ヾ   ノゝ, ゚ _,r/.lヽ='../\\l.:.:.:.`.:´.:/_lr='´"`ヽ\ ヽ
   ,/  `tチ"´`ヽ,,     ,ノゝ=='/ { `r/.// ノ7/_ ノハ `ー-=-‐' リ/,r/:.:.ノー='"
  ,/`ー='´   /、 てー='<´_,,,,)、,,ノ、 >、..`ー‐'",/´" /l/`Y`ー=‐'´/l、ゝ'_//´
 / Y´ ̄Y__ノヘ   `7‐、 ヽ  ),;/}Y´ `ー==/.:ノ /'´.:/.:.:.', ヽ / /.:.:.:ハ,.:',`
 ヽ リ\  .}   \  /ミ   {`ー'y´ノ..`==,,//.:.:./'"´/.:/ノ:.:.:.>=‐'´.:.:.:.:.{ ', ',
  ヽ  .\ l     ヽ    l`ー=l={     /,;/,r'"´ ,リ :.:.:./ .|.:.ヽ:/.:,.:ハ.:.:.:.}
.    \ ヽ >'´`ヽ }ー=、 .ノ   ノ.リ      l//:.:.:.:.//:.:.:./.  ',.:.:.:l.:./:.:.ハ.:.リ
     >'´   /},r'´ ̄`ヽ、  ./、   /'Y:.:.:.:./'' ,r'"´    ∨.:l.:|:.:.:.:.:.}/
     <    /='´=、´ ̄`ヽ、`ー'ハ/´ ̄/:.:.:.l:.:./:.,<´         ヽl {:.:.:.:./}
      \r<、   ハ=、ヽ  l|ヽ  ) /l:.:.:.,r'´/l  ` ̄ヽ    ._/`Yr'"´:.',

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   左右のものはつねづね主上に
   やらない夫のことを推薦し、
   ために召見されることになった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



99 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:16:00 ID:AIDpet1k

            / ̄ ̄\
          /    _ノ' ,,\
         |     ( -‐)(‐)           心はサムライ♪
.          |    ::~(__人__)           むなしさ抱くヨロイを~
          |     'ヽ ヾリ
        |      ゙ー'ノ            ぬぎすてよう~
         ヽ       ソ}             勇気だけの素肌で~♪
           ヽ      ノ     ●ォ、_
          /⌒Y◆・◆、        "¶ト.
         /  y   |。=, \.      ||
         ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'~,‐っっ||
        (_"___リ_ソ `ー─iソ´~ ||

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   やらない夫は主上に
   詩書を誦読し、とても喜ばれた

   召されて衣冠をさずけられ、
   その場で任命されようとした

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::: //,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ      いやはや聞きしにまさる逸材です
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/        よし、中常侍の官を
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!           くわえましょう
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'



100 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:17:59 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   中常侍といえば
   曹操の祖父の曹騰や
   東漢末の十常侍などの宦官が任ぜられたことで有名だが、
   西漢のころは士大夫がその任にあたった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |     (イヤッホォォゥ!
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚       中常侍といえば禁中にはいる権限がある!
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚       そこで進講の機会を得て……
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・      うまくいけば太子太傅、
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚       そして丞相!?)
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o



101 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:18:32 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   しかしやらない夫の夢想は
   はなかくついえることになる

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

       } ̄ヽ  } ̄レへ
       /  ぐ二,,  r==、
      / ,/  〉"´_,,.  -‐〈
    '一グ   /-‐'",,__ r-‐'
    /_,,ィ  l>(づ、,| ヽ
     ̄  {.  トー-、,,_  ノ
         `ー' ヽー'"´ ̄ヽ
   /⌒ヽ_  } ̄L,ヘ-ク  ノ
   !   ハ``'  __ノ''‐一く
  .! /  `ナ /ヽ_,,ィ_,, -'"
  j イ    / / /´ー-‐'⌒ヽ
 {,_〉  {,,__/ ゝ,,____,,ノ


                      _ __
                 ,. -'´::/::::`ヽ:::::`丶、
                /:::::::_::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
              ,.'::::::::/::::ヽ:!:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\
.             /::::::::/::::::: /::_::::::::::::::::::::',:::::::::\:::::::`::......_
            , ':::::::::/:::::::::::::ハ厶:::::!::::::::'.::::::::::::ヽ::::ヽ ̄
           ∠イ::::::/:::::::::|::::厂  ',::ト、::::::ト、::::::::::::',:::::ハ
             |::::/:::/:::::_L::l._   ';l ';::::l ヽ:::i::::::',:::::::.
             厶'-:';.r|::::::|∨ `丶 '  '斗-‐';┼:::::|::|:::|
                ̄|::::{ |::::::| 'Tツト     ';}ゥT'';|.::::::|∧:|
                 l∧ヽ|::::::|  `¨´   i   ̄ ハ::::|  :|     !?
               ヘ:',::N         }    |:::ハ: !
               _,.イヽ!ヘ         ′   /l/ l;′
            _,..- ´  ! | ',\  ──‐  , 'ヽ、
       ,. '´      |. |  ヽ \    / |  `  ._
      /        | !   \ ` -イ .|. |     `ヽ.
.     /           l.  |    \ /   | |      ヘ


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ○)(○)
.     | u.   (__人__)     !?
      |     ` ⌒´ノ
.      |         }
.      ヽ        }
       ヽ     ノ
        i⌒\ ,__(‐- 、
        l \ 巛ー─;\
        | `ヽ-‐ーく_)
.        |      l



102 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:19:12 ID:AIDpet1k

          ハ,,ハ
          ( ゚ω゚ )
         /   ヽ       おまちください陛下!
        | |   | |
        | |   | |        そもそも内朝の人事権は
        ||   ||        大将軍(王鳳)がつかさどっています
        し|  i |J
          .|  ||         まだ大将軍につたえてもいないのに
         | ノ ノ          かってに任命するのはいかがなものかと愚考します
         .| .| (
         / |\.\
         し'   ̄


             , -―…-- 、
           __/  /  ̄ ̄¨ ー-` ==ー-
          /     /      、  \〈´
        / /  ,ヘ,イ     、 ヽヽ ヘ
.        | /  //~~! iヽ   ヘ ヽ ヽ\\
        ,| !   ! !  ヽヘ\ ___ハ l ヘ  ミゝ
       ,イ !   V  ̄ ヽヽ\ ヽ !   }!l
         !!|   !| tセエ  ゝ エケァ〉ヽ | !ゝ
        リW∧ i!     〈    レ ノリ        なにをこまかいことを……
             レヽi|、     '   /ル'
            ∨>、  'ニア , '            これしきのこと、
              ,| >、  /|             なにも大将軍をわずらわせる
               __∧ヘ ` ´  ト、             こともないでしょう
             / V |  \_/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |



103 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:19:54 ID:AIDpet1k

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  お断りします | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|りします  |
    ∧|  お断りします |____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ぞろぞろ・・・・・
. . ( ゚ |_______|. ||     | .お断りします .|
  / づΦ. ∧∧ || ( ゚ω゚ )||    |_______|ぞろぞろ・・・・・
.       ( ゚ω゚ )|| / づΦ     ∧∧ ||
 ̄ ̄ ̄|  / づΦ ぞろぞろ・・・・・.( ゚ω゚ )||       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
り | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          / づΦ.       | .お断りします .|
_| .お断りします .|     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |_______|
  |_______|     | .お断りします .|       ∧∧ ||
.    ∧∧ ||         |_______|.     ( ゚ω゚ )||
.   ( ゚ω゚ )||      .       ∧∧ ||             / づΦ
   / づΦ           ( ゚ω゚ )||
         ぞろぞろ・・・・・  / づΦ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   左右の者が叩頭していさめたので
   主上は王鳳につげることにした

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                      _ __
                 ,. -'´::/::::`ヽ:::::`丶、
                /:::::::_::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
              ,.'::::::::/::::ヽ:!:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\
.             /::::::::/::::::: /::_::::::::::::::::::::',:::::::::\:::::::`::......_
            , ':::::::::/:::::::::::::ハ厶:::::!::::::::'.::::::::::::ヽ::::ヽ ̄
           ∠イ::::::/:::::::::|::::厂  ',::ト、::::::ト、::::::::::::',:::::ハ
             |::::/:::/:::::_L::l._   ';l ';::::l ヽ:::i::::::',:::::::.
             厶'-:';.r|::::::|∨ `丶 '  '斗-‐';┼:::::|::|:::|
                ̄|::::{ |::::::| 'Tツト     ';}ゥT'';|.::::::|∧:|     あとでめんどうごとがおこるのは
                 l∧ヽ|::::::|  `¨´   i   ̄ ハ::::|  :|      さけたいものですからね
               ヘ:',::N         }    |:::ハ: !
               _,.イヽ!ヘ         ′   /l/ l;′
            _,..- ´  ! | ',\  ──‐  , 'ヽ、
       ,. '´      |. |  ヽ \    / |  `  ._
      /        | !   \ ` -イ .|. |     `ヽ.
.     /           l.  |    \ /   | |      ヘ



104 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:21:02 ID:AIDpet1k

     ____
   /      \
  /  ─ 壱 ─\       え?
/.   =⊂⊃=⊂⊃=\
|       (__人__)    |      主上がワシにことわりなく
/     ∩ノ ⊃  /       きめようとしたの?
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /_____ノ


               ____
               /     \
              (/ ⌒.壱 ⌒  \        へーえ
            /))⊂⊃=⊂⊃=  \       ふーん
          | ((_(__人__)  :::   |        ほーお
            \ ' ̄` ⌒´      /
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|
   |____/        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|
    |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

    おそらく主上がさっさとやらない夫を中常侍に任命していたら
    既成事実として王鳳も黙認せざるを得なかっただろう

    しかしここまできて話をもちこまれたため、
    王鳳にはこの人事をみとめようという気がおこらなくなった

    要するに話がこじれてしまったのだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



105 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:21:41 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   さらにやらない夫にとってはわるいことに、
   かれの父親の劉向は王鳳と仲がわるかった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                、ー ..=- .‐-__、 _
                ,ヽ: :.ノ   `ヾ__ヽ.ヾ` 、
                {_ -― 、,o;;ァ‐、_}}∧ ヾ::.ヽ.
                lゞ'l  l 二 : : ::゚》込  ヾ:::\
                {ニ     ― ノ: 」ニヽ=l   ヾ::::ヽ  .∧
               ∧ ,,_=〉、,、,、,、、,v‐/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::', / . ',
             ,' l {ニ/_ /: : : :l l    }: : : : : :∨:l/ : : : ',
              .,'  l lニ{:: : : :.ヽ: :ィ=l l    /: : : :>‐_¨(__: : : _l=-    外戚をおいはらおう!
              _l_,.l {ニ`====´≡:://    /: : :/ ´   >'_.. -- 
.       , --/ /.ィ=┴―‐'‐'‐'‐'‐'‐'――--,|` <   //        同姓の王侯が疎んぜられ、
     \ ̄  - / .|          . : : : : ://: : ..  i / /          王氏の一党が重んぜられるようでは、
     / \: : :ノ.|  l!          /: : : : : : l l∧: : .ノ / /{ __         社稷をたもつことも後嗣をやすんずることも
     ,' __ l lー'/∧  ', /    /: : : : : : :ィ.il l   ̄ ./ /: : : : : : ヽ        不可能だよ!
     l/.: : :l l l l: :∨ ∨ /  /: : : : : : /.::::::l l    } .}: : : : : : : : : :
     ヽ.: : :l l. .l l: : ∨ ∨ ./ : : : : : : ::/.: : : : :l-l ,-、 l-.l: : : : : : : : : :
     .∧/{::l0l::}⌒`\.∨. : : : : : /: : : : : : : :ヽヽ}O}ノ /`ー、: : : : : : 
    /  : : ヾll_/    ヽ', : : : /. : : :, ー 、: : : :ヽ}二}/彡彡/ヽノ ̄
    i  \: : ll      丶/        \: : : \\:彡l´: : : : : :
    l    }: :ll                  ヽ: : ::/\\}: : : : :
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      劉向、字は子政

      やらない夫の父
      このとき光禄大夫

      西漢を代表する大学者のひとり
      目録学の鼻祖
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



106 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:24:41 ID:AIDpet1k

         ____
       /      \       (ここはひとつ、
      /   \ ,壱 /\       みなにワシの力を見せておこうかの)
    /  ==⊂⊃=⊂⊃=\
     |     ⌒(__人__)⌒ |
      \      ` ⌒´  ,/      あんなきりたんぽダメ
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   王鳳がダメ出しをしたので
   この件は沙汰止みとなった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                r-<_::::::::::::::::::::丶、
             , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
           /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
        /::/::/::: /::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>.-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
         !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!       ま、今回は
         ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ        運がなかったということで
              !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/
               !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/
             !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ
                ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                  >┬―''"´   /  ヽ
              _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
         _,,..-‐''´    /!   ,>.-<´     / .!     `'ー-、_
    _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_
  r'´              ! /ヽ、___/`\ /                `ヽ
  /                   !/  /;:;:;:|    ヾ                  ヽ
 /                  /:;:;:;:;:;!                       ヽ



107 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:26:08 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   王鳳がひとにはばかられたこと
   かくのごとくであった

   しかし貧乏くじを引かされたやらない夫こそいい面の皮である

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,      ''';;;;,,,      ''';;;,,, ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,
  ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,     ''';;;,    ,,,,;;;;'''' ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;
 '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;    ;;'' ,,,;;;;;'''''   '''';;;;,,,      '''';;; ''''
            ''''''''';;;;;;;;,,,, ;   ;'    ,,,,,,,,,,;;;;;''''         ';,
''''';;;;;;;,,,,,,,            ''';;,/ ̄ ̄\'''               '
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,/ _ノ;jijii;丶_ !                ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''' ,ク(゜_))ij(_゜))!`i ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;'''    ,,| ヒlli(__人__).ソ / ''    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,        なんなんだこの展開は!
,,,,;;;;;;'''''''       ;' ,,,,,;;;,;''' l \ .,キ呪カ'/ /     ,,,,;;;''''  '';;,,  ''';;;;
           ,,,;;;''''''    \ ヾ狂リ | {     ';;'       ';,   '''';;;      とんだとばっちりじゃねーか!
''';;;,,,,,     ,,,;;;;''''       /ヽ |ー-イ!_ノ`、            ;,          俺なにも悪くねーのに!
   ''';;, ,,,;;;;''''''          /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
,,,,,,,,;;;;;;;''''''''          |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i   ';,       ,;
.                |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ    ''''';;;; ,,,;;;''';;'
.                |:::::;;:|;;:::::::::::::::r        '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,;'\;;/;;::::::::::::::::!       ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''        |:::::::::::::::::::/       ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';         |:::::::::.::::::/          ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';           |:::::::::::::イ            ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
   |_|\∧∧∧∧∧∧MMMMMMM∧∧∧∧∧∧/|_|
   >
    ―|  |―.  ヽ|ノ  ヽ .__|_|__ヽ ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
    ―|  |―. | ̄i三i ̄| 三__V_|__   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
     `フ.   |― . 「 ̄| ̄]  口. 日. _X_, ./ | ノ \ ノ L_い o o



108 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:26:59 ID:AIDpet1k

                  ―==ニニ==―

            ――===ニニニニ二ニニニニ===――

―――======ニニニニニニニ二二二二二ニニニニニニニ======―――

      / ̄ ̄\                        ゙i\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ  思いだしたら             ゙i (,
    | ⌒(( ●)(●)  腹立ちがぶり返しただろ!   i  ゙i
.    |     (__人__) /⌒l                     i|  i,
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                 i|  ',
    / ⌒ヽ     }  |  |                 i|   |i
   /  へ  \   }__/ /                i|.   |i
 / / |      ノ   ノ                ,.i.    |
( _ ノ    |      \´                 ,.i     ゝ
       |       \_,              ゝ      |i.
       .|         \              , '       |i.
       ヽ      \  \        /       |i.
         \      \  \      , '        |i.
          \     ( \   ,, ,. ,., ' , '    _/⌒  ⌒\_
            \    \ \  `゙ィ/   /:●))(__人__)((● \ ぐぇあ
                    , ,. /`    |     |r┬-|     |
                    ゙ィ/`, ' `   \      `ー'┃     /



109 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:27:21 ID:AIDpet1k

           なにが大将軍だ!
   / ̄ ̄\   妹のおかげでなりあがっただけの
 /       \  蛍大名じゃねーか!
 |  ノ(.       |
. |  ⌒       .|  ___
  |          | /     \
.  |         } 、,:' /,';;;}: ; , \
.  ヽ        }` : ;ヽ ,.、_ノ ,; ' ‐ \
   ヽニニニニノ ,`冫<____〉イ'; 、  |
  /;:::::::::::::::::::: ̄`ー- ,/::::| //  (⌒)
/::/:::::::::::::::::::::/‐-//_::::::ノ //  /i ヽ
::::イ::::::::::::::::::::::/ //   ̄ /       ヽ___i



110 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:28:08 ID:AIDpet1k

              / ̄ ̄\    ガッ
            /  _ノ 、_ \ |
       |     |   ( ○)(○) |
     |i  ドカッ |    (__人__)             つーか全面的に外戚が悪い!
     |i|      |    |r┬`| ノ              王氏が悪い!
            |     `ー'´ }     |          つまりおまえが悪い!
     li|   _   ヽ        }     i| ゴッ
    l「` ̄"´   ´⌒\、    ノ、  |i            常識的に考えて!
    |  ヽ__、_ \   ,   ̄ ` ´  ̄⌒ヘー│-ォ、 |
    |  ,イ   ̄.、`ヽ/        ヽ/      〉i|
  | |  l     ゝ  ゝ /⌒`ヽ /イ  ̄゛ト  /
  |i l  ゝ、    ト  ||i/     イ |   /ゝ /
    ト ヤ メ    |  | / ト     |/   くヽニイト
    ゛ ̄     | l|i/  ゝ     |l   `ヽイ   ・.…
            | /   |   |  | ::   .;
           //   i|   i|  | |       .・¨
      ゲシッ   /イ     |i |  |  i i| :' l´゛^´l :;
          /      | |i  | ||   <ィ'  / .
          |   ;. ノ| |   ||i| |i  |゛  | i| "
          \_ _,ィ´ ノ||il |  ||| |  |  | l  〟
              `ー、 i|| | |i  ||i|ii|  " |  | i|;,.¨



111 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:31:04 ID:AIDpet1k

      |┃三 ガラッ
      |┃
      |┃   ',: : : : .      . : : : : :. \ヽ.ハ
      |┃    ゝ; : ' . :∧ | ヽ.  . : : : : : .\'.}
───|┃   / . : : /  ', ! 〃`≧ュ、 _ : : >i          やほーっ!
      |┃  / . : : /⌒` リ   :ハ ! ', }i { !11
      |┃< __._:_:/', ,fヾ    乂::ノ   V人マt」           やるにーちゃん、
      |┃     >、'`乂::ノ  、       !`¨7´     ./〉/.〉     黄門郎になったって?
      |┃     \ ヾ}、   r== ┐   ′ ′    ./ / /
      |┃      \_へ   ∨_ ノ  /, ,'  /^! / / //〉     おめでとー!
      |┃        \≧つュ。 _,.イ,' /∨ 〆.| l/  '"_/
      |┃          _,'      ,'V  ./.:::∧ ',  _,.-一 '
      |┃        ,〃:::::::::ヽ.  {‐-/.:::::::/::::':, イ¨::::フ
      |┃      r≦===ュ、::::::ヽ-‐/.::::::::::/::::::::::', ',.i´
      |┃    〃::〆 ⌒`ヽ、::\:::::::{,:::::::::::, '::::::::::::::∨}
      |┃    {/ _____∨>/:::::::::::::::::::::::::::>¨
      |┃     ( / ,ィ====ュ',/:::::::::::::::::::::::> ´
      |┃     {::彳::-―‐-/:::::::::::::::::::::::/ },  \



112 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:31:34 ID:AIDpet1k

          ,. '"´ ̄  `、
         /           ヽ
        /      ノ,    (○) Y     おっおっ……
       i      (○)   、__ ) ヽ
       |       '、__/    !     これまで鳴かず飛ばずだったけど、
       |                  /      ようやく追いついたお……
       |               /
       |       _,,.. -‐'"´
       |    , .'"´
        i   .!
         ゙、  ゙、
          \  ヽ
            ヽ  !
        __ノ/
      /       ̄\
      ´         ヽ,-、, ‐ 、
      l           !ー   \
     !  ―  ―   ___ __\,‐‐-、
     > (=) (=)  ヽ       ヾzソ  )
     ( _ (__人_) _ノ  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄


          ,ィ  ト.
        / .|  | `、,........__      _,../|
         ヽ,.ゝ' l  \._ >'´ ̄ ̄,. -‐ /
      ,. '´   ,.ゝ.  ヽ、フ. , ,. '´     /
.     | ,   / ,..-ヽ、     { (     _/
     l/ヽ‐-'--'-‐ '´     /  、 '`ヽ、__
     <_i`‐ァ、 ___... -‐ 'ア ノ  \-、-‐'´
     | =`<./ ─  u   u/,.イ    ト-`=-
      l.ll ll.||| ○ u   ─  | ,   |          やるにーちゃん
     ` ‐-< u    u ○ /ヘ     |           なんで死にかけてるのー!?
        `、_>、  u┌┐ u ./ ,ノiヽ.  ',
     /:.:.:ヽヽ、 └┘ /-へ.| `ヽ、ヽ
    ,ヘ\:.:.:.:∨.`‐‐  ´         ̄
    /  \\_:ヾ ̄iヽ、
   ノ     `‐-ニヽ、l,.イ、



113 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:32:14 ID:AIDpet1k

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|    ちょっと待った
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     班さんアンタこいつの知りあいなの?
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


   >‐-   __    7             ヘ
 ≦ __     /     /И     `ヽ ハ ハ
    / ¨フ´      /  j        Y/} / ,
.    /  //       イ  ハ    \レ /}
   /  ∠__‐-ミ∠-‐'〃 厶x:. iト   ー-  __
    ,. tΤ ,x≡ミ    / , '__ 刈 `ー┬= ニ¨
  j/  { :l {{ ん心  厶イ〃乞㍉ミ、ト  k         ? そうだよ
     f^ヽ 弋:::ソ       ト-'::::ソ 》レ-ミ /
     八( } ,,`¨¨      `ー "   jrら }           僕ら兄弟は
      ヽ:.       j      '''  ム シ            やるにーちゃんと
      .圦            厶xく              兄弟づきあいしてるんだ
          \   .、    //   ヽ
           、   ,.  〔 j/
              xz|`¨´     |__
  r┬t――=≦:厂      /::::ヽ
γ{:::| |:::::::::::::::::::ト __    -‐/:::::::::::≧=-
,  |:::| |::::::::::::::: レ´⌒≧x /:::::::::::::::::::::::://::7



114 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:32:59 ID:AIDpet1k

             ,ィ  ト.
           / .|  | `、,........__      _,../|
            ヽ,.ゝ' l  \._ >'´ ̄ ̄,. -‐ /
         ,. '´   ,.ゝ.  ヽ、フ. , ,. '´     /
.        | ,   / ,..-ヽ、     { (     _/
        l/ヽ‐-'--'-‐ '´     /  、 '`ヽ、__
        <_i`‐ァ、 ___... -‐ 'ア ノ  \-、-‐'´
        | =`<./ ,.-‐,、 ヽ  /,.イ    ト-`=-
         l.ll ll.||| l:l::;!,!ヽ    '_--| ,   |
        ` ‐-< ヽ-'    /ノフi/ヘ     |
           `、_>、  、   , `''´'/ ,ノiヽ.  ',
        /:.:.:ヽヽ、 ` ‐  /-へ.| `ヽ、ヽ
       ,ヘ\:.:.:.:∨.`‐‐  ´         ̄
       /  \\_:ヾ ̄iヽ、
      ノ     `‐-ニヽ、l,.イ、
     /        ヽ `-iコ l }
     ヽ---、   /    lヽヾ
     |.:.:.:.:.:.\ /    ヽ ヽ`、
     フ´ ̄ >、`|        `、 `、ヽ
    /    ,イ-`'        \ ヾ、
    ヽ,..-:'´ヾ.          \. \_
     ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ             ` 、_ ` - 、
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      班穉(または班稚)

      雁門郡の楼煩県のひと
      このとき黄門郎中常侍

      やる夫と仲がよく、弟として遇された
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



115 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:33:42 ID:AIDpet1k

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)     え? マジ?
.   | u.   (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      じゃ、班右曹も
.    |         }       こいつと仲いいの?
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
      i⌒\ ,__(‐- 、
      l \ 巛ー─;\
      | `ヽ-‐ーく_)
.      |      l


           \: : : : .    >ミ 彡 ⌒ヽ  イ 、
           ,'./\: : : : . ´ "i ',.    \   >
           ,斗≦´     / l  } . : : . .   ヽ!l´
      ー=彡    ..: : ::_Z,_  |! ,' >、: : : : :. .  \
        ` < _: : : >´___ ` レ "_,≧ュミ : : : : : :. \
          〈 ∧ |ィ て::ハミ     イっハ }!`!¨7 ァ-‐ォ¨`
        !^i r 、V .∧ | ヽ{:::::::j     乂:::ノ  | / ,'77/
     | 〉.|´| | .!  V ∧!  `¨    ,         !,'-ゝー′     うん!
     |亅|´| |´|  ゝイ ヘ    _ _     ル
     i^i !j リ i    \ヘ  '、,  _ノ  /           やるにーちゃんのこと
   /j´l )  "  !      \≧つ     .ィ ∨            弟みたいにかわいがってるよ
   ,' :{ ノ      i__/ 〉   /   `¨´ ,′
  { {  ヽ〃    // ̄\     {‐-。
   |ヽ\.     /》:::::::::::::::::::ヽ    ミ、:::::\
   |:::::\\ー 7:::://\ヾ、::::::::::::::',´ ̄`ヽ}::::::::::\
   |::::::::::::ヽ>==彳  ≧ュ、ヾ、:::::::::.   ,':::::::::,.彳\



116 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:34:32 ID:AIDpet1k

  /    :   .: .:;   .::::  :::i \
  /   .:::  .::: :/  .::::/:: ::::|:..  ヽ
 .l   i :::  .::: .:// ..::/ !:: :::!:::.   ',
_..|   |::;:  ::::;/ ..:::/  .|: ::/.|:::   i
- l  /! l::..:;/ ':; ,,',,_ ` '/ .:;/-.l::: .: i  |
 !ー‐ | ::r: ':r ' ´ i:!::j;!゙' ./::/_,,,,_|::.:: |', l
::::i';\.l ::::|::::l   `"'' / ' , i!:j;!l:::;:: l l. |
:::l:i:ヽ | ::::l';::|           !`"゙!:/:: |. | l
:::|l:::l`! ::::| ヾ         ' /:' :;: l l /
:::l:!::!:;| ::l:l ヽ       _   /::: |i | !゙
;:へ:/l :!:|  \   '´‐--' /!:|: l !:l
  `.| |::l   ` ,、    /  |::! | ヽ
   l l:::|ヽ   /、 ` ー'   l::! l
   .| !::l '/  ,'  ` ' ‐,   /:!. ,'
、   l l:::!-., ! i  / l   ./:/ /
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      班斿

      雁門郡の楼煩県のひと
      班穉の兄
      このとき右曹中郎将

      やる夫に兄事された
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



118 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 20:36:12 ID:ED8uh/.E
班超のじーさん達か。



117 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:35:16 ID:AIDpet1k

            / ⌒`"⌒`ヽ、           お?
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\.
          /,//:: (●)  (●) \        やらない夫、班にーちゃんのこと
         ;/⌒'":::..  (__人__)    |⌒ヽ      知ってるのかお?
       /  /、:::::...  ` ⌒´    /ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)      (回復はえーなコイツ……)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }       いま俺たち親子は秘府の図書の
     .ヽ   L       }        校訂をやっててな
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \         班右曹はそこでの仕事仲間なんだよ
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



119 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:36:13 ID:AIDpet1k

                 ┌────────────────┐
                 │                          │
         ┌───┼────────────────┼───┐
         │      └────────────────┘      │
         │                                    │
 ┌───┼────────────────────────┼───┐
 │      │                                    │      │
 │      └────────────────────────┘      │
 │                                                    │
 │                                                    │
 └────────────────────────────────┘

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   この物語がはじまる二百年ほどむかし、
   始皇三十四年(B.C.213)に
   挾書律が施行された

   いわゆる焚書である

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                     ,. <  ̄:`ヽ、
                  ,. ‐く. /ヽ/ ̄``iT:ヽ
                    (:::::... :\/V,-‐-、!|:::::i
                 _」ヽ、::::..::::ヽ !|   ||:::::ト、
               _/´ ヘ、/`ヽ:::::::::} i ⌒ソ,し'! }‐、
                 / 〈  `ー<ー'/i`T´ヽ/ / 、}
              ヽ_  `ー─-- 二__ー┴_ニ‐'',. ‐''´
                 ̄`ヾ、Ti弌'''o-ニ二,oァフ′
                  r‐^''lト、 `  ̄` .j"゙/|!         医学、占い、農業に関する以外の書は
                    ,. ‐'"::::::::|!:、`丶、-‐/.、|!          黔首が所持することを禁ずる
               ,. ‐'":::::::::::::::::::|!:::ヽ) ヘ~::::::::::||ヽ、
              /  ̄`ヽ ::::::::::.:.::lj::::::::i  ,}::::::::::lj:',、ヽ       むかしをもとに
           〃´ ̄`ヽ. ヽ:::::::::.:.:.:.:.:::::|Y |::::::::::::.::i |::i        いまをそしる者は
             i!:::r=、:::::::i  !::::::::.:.:.::::::::| i! i:::::::::::::::|.|:|         三族皆殺しにせよ
           }::::''=='::::::::!  !::::::::::::::::::::l |! ',::::::::::::i.{ノ
           ハ;:、__::__;ノ ノ:::::::::::::::::::/ ノ ハ::::::::∧!
            /::/ミ/ -─‐r''"::::::::::::::::::::/ー个‐r 〉:::/:::::l!
         i::::iニi|::::::::::::::|、`'ー--‐ァ‐' __ノ、ノ/ー:':::::::/
         !:::|ニ|!::::::::::::/ ヽ、  /‐'"´ )、__}、:::__r〈
         〉r=vヽ_;ノ   ,)-‐'( -‐'"´)、.__}: ̄ ̄::ヽ
           |::}-r' ̄ ̄:i ,.イ{. ヽ、(-‐'"´_,)、.人:::::::::::::::',
           |::lニl!:::.:.:.::::|フハ ヽ、_ー_ニ‐''⌒⌒)、::::::.::.:l.i
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      嬴政

      秦の始皇帝
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



120 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:36:49 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   またこのとき
   史官の所蔵する書物のうち
   秦の記録でないものはみな焼きすてられた(例外あり)

   『史記』の戦国期の年代はめちゃくちゃなことで有名だが、
   それはだいたい始皇帝と李斯のせいである

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             _,,.. 、_,. -‐- 、
           , '"´   -‐-、⌒ヾヽ
         / // ク  ヽ \ ヽ \
       / / //,/ i |   ヽ  ヽ \ ヽ、
       /// i/l /,| l   ト、 、 \ヽ  、 i
      ,i/イ//| /|| { !、い ヽ ヽ\\ 、 l
    __,.イ //rt‐| i l !! i! | 、、ヽ ヽ t‐r-、  !
      /ノ| l/'"´| |イ|ハ i! !lヽ 、 \ ヽ``ヽ\ l
     ノ!ソ〃レ i| ヽ!l」 |ヽトぃ ヽヽ `ヽ\ \ヽ、        陛下の母方は
   _,/|,// / /!/ハ_jN| i小、 |lヽミト、 \\ i\ヽ        邯鄲の趙氏とかかわりがある……
   '  /./イ! //卅|‐|-l、|i | |!1レi|‐`リ‐ヽ、_ゝヽl i ヽヽ
   . / /ノ|l // i|代衍ト`|ノ リ,l! ノ{;衍水i| i|`ヽV   ヽ)      趙の邯鄲の記録だけは
   _し'_斗|/ハリ.   ̄     l|   ̄ j | } ノil i トゝ          秦にかかわる資料とみなせます
   イ::::::::||l! l|iヘ       |!       /i l! | リー-
   ::::::::::{メハ l|い、     }〉     ./!|イ 从! L::         秦の記録のほかに
   ::::::::::::フ リ||iNヽ、  -‐-ー-  イ リ||/'|!` {:::          趙の記録は焼かないことにしましょう
   ``ヽ::{_ ノノ ||ハ \   ̄  //  /{ {   7:
      `_}   リ !、_   ヽ、__,/    |     ノ::         ま、それだけのこと……
     〈_      iヽ``ヽ _  -一rクノ    `)
      r'     ヽ`L__    _ノ/
      〉   r~~ ヽ `}   { / へ、 ~ ~
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      李斯

      楚の上蔡のひと
      このとき丞相

      挾書律を上奏し、納れられた
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



121 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:38:44 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   また翌年には
   都の学者四百六十余名が
   生埋めにされた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

         チトツカレタ   Π
    _ ('∀`) =3      (゚∀゚) ヨクヤッタ!
    |ー(  )ゝ        ノ 0 \
   ▽  | |        ノ     ヽ
     ̄ ̄|■■■■| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |■■■■|
        |■■■■|
        |■■■■|
        |■■■■|
        |■■■■|
        |■■■■|
        l('A`)  .■|<タ、タチケテ…
        lノ( ヘヘ ■|
           ̄ ̄ ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   いわゆる坑儒である

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



122 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:39:42 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   この焚書坑儒は一般に秦の暴虐の象徴、
   そして儒家思想に対する法家思想の勝利として
   古来より名高いが、
   天下の思想を法家一尊体制とする政策では決してない

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                               ,...........................................
            、        _ // /   _;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' , - 、
-‐ー‐―- 、_ _   `ー  ==  -   ,...._,-ー'´  ̄`ヾ;:::::::/`ー―'´ ̄´    ヽ、  _
             ー ―-    __, -'::::/  { ・ 〉   /=ヽ、      _,    \ノヘ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
ゝ     _ _,;;;;=r‐―ー -- ー',  ̄´   /   `_ _ ,:-'   /ヽ;-t-―‐';:::::}`ヽ、,,-‐ '´/           ヽ
l r--‐'´「_::::::::::::l    ( ・ )  ヽ      '  ̄  ̄       | | /;::::::::::;;;/  ./   /´ 考 よ 最 足    |
ヽ、,-‐、-:、ヾ;:::;'"ヽ -‐‐ ‐'' ´ ̄` 、               | |/::::;/ ̄   /  /´|.   え  大 り    |
 }::::::::::::::、ヽ.、             l _             /l | ̄      /  / .|.   ろ  限 な    |
 l::::::::::::::::i } ヽ、           ヽ/            / l :|      /  /  |.       稼 い    |
 |:::::::::::::::ゞ=i   ':、                ,, )    /「 | l      〈  _/   |.      動 脳    |
  ̄ ̄ ̄  ヾ、 iヘ、        、_ ,- ― ' ´     ,イ  |l__|  |       ̄ヾ、_/.l.       し  を   |
         i .| !、                 //  |:::::l  .|_, .         ∠      く  て      |
         |  '、ヽ、              / /  .l:::::|  |:::::::ヽ、       |               |
          l  |./l ̄`ヽr- 、       /   /   |  |  {::::::::::::\       \             /
        /::i  l;::::::}   ヾ、 ` ー- ‐―' ´   /     /  ,ゞ;::::::::::::::ヽ、.      \ __ ___ /
     ー'´::::::::|  i  /    \         /     /  |::::::::::::::::::::::::ヾ、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   焚書の目的は書物の私蔵と民間の学問を禁じ、
   書物と学問とを国家が独占し、
   世上にひろまる不満の声を一掃することにあった

   都では依然として『詩』『書』は所蔵され、
   博士たちによって整理編纂されていたのである

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



123 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:40:14 ID:AIDpet1k

         /__,  /   // l| 〈    \  \ヽ、__》  \
       /  |l ハ    | l 从 \_  \_ \  ̄
     御 〈 _,リ l∧  l l乂 ヽ    ̄≧==<、\    勿 何
    言   `l ̄ ヽ|  ∨//   \ \ 〃 , == 、  \    体 と
    葉  │   /| _,∠==、    `ヽ乂  |竺竺|l  ′   な  :
      :    l、   ノイ ,__、 ヽ        ヾ三ノ_/ //   い  :
      :   l \/ l| |竺ハ   ∠///// ヽ⊆二⊃////     !!
   ! !   l /丶从 ヾニノ 〈 ̄´    /////| |/// / /
        ノ / 人ll⊆二⊃ ヘ `        O | |// / / /|
         < / Oll//| |///  厂 ー- 、_,.   | | ′/イ / |人人
          / /   八 / /// ∠ _,. イ    | | / |/ >─ヘ、_
        /   l 儿///    __彡′   し'⌒/   〇  /´ ̄
            ∨  ⌒≧ 、          / /       /
              ○ ∧  >‐--‐=≦ /   ◯ /
                   /  ∨  厂\ `/      /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   坑儒の目的は都の学者の不満を封殺することにあり、
   べつに儒者のみをねらいうちにしたものではない
   生埋めにされた学者のなかには方士もふくまれていた

   坑儒ということばはかなり偏向した表現なのである

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



124 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:41:54 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   それはさておき、
   挾書律の発布によって民間の書籍はうしなわれたが、
   家の壁に塗りこめられてかくされたり口伝でつたえられたりして
   ほそぼそと生きのこった

   その百年のち、
   漢の武帝によって写書の官がおかれ、
   諸子や伝説の書にいたるまで
   みな秘府におさめられた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                        ,ィ  _,.. ィ
                    ,ィイ/イr '´ ,/-─イ,
                  /レ'  / /  /    ,/  '7
                  |  / ,i /   ,  ,/  / ,/
                    |ヾ  l { !  / /  ,/ ,.イ
                    { ヽ、ヽ ヾ、 { // ,.-イ / |    軍政楊僕よ
                  | 、|``丶-、',.r '"   !/ /ノ     遺漏した書を
                   |, |           _, ヽ_,!      ことごとくあつめよ
                  rヽ!Tt-..、   rヒ.:フノ fヽ
                   ヾヽ ヾ ='`   ´  ̄   ノソ       この世の価値あるモノは
                   ゝヽ    |!     /Z        すべて我のもの
                   [__|`\  ‐=‐   /l__|
        _ -─‐--<`\    ,rェ─'l 丶 __,. ' |`ー‐ッ、   ,. -‐ 、 ____
     ,r' ´      `ヾ、   \/ ヽ,rェ|   __  |¬,/  | ,/   ,r ",. -' ´ ``丶、
    ,! ` 、       \   \ ヽ;;;;フ´_rュ、 `く;;;;/   /   /,.         `丶
    |::.    ,         、   ヽ、∨  `i::「   ∨ /   , '            ,. -'´|
    |:::.                i, l,  |:|  / /             ,.  '..:::::::::::|
    ,l::、                   l  l   ||  /  l           ,.    ..::::::::::::::::|
    /_ `                  l   l  | /   |              .:::::::::::::::::::/
  ∠__` 丶 、            /`'=、ゝ._,.ィ.;=''"|             ...:::::::::::::::::::イ
  /        `丶、       ノ_,.. -‐';:::::::;'- 、 l            _____,!
/     `ヽ、ヾフ ∠::;丶、   ,. '"    !::::::!   `\      _,.r':::::>、    :::::|
────‐---` 、/   {/`ー'       l^Y^l     ` ----イ  ̄ ̄  `丶、 ::::l、
::::::::::::::::::::::::::::;r'´     |:::.         /    l        :::| ヾ`>     .:::::| ̄ ´
:::::::::::::::::::::::::ノ       l::::        / /lヽ l         .:::/ヽ、     .::::::::\
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      劉徹

      漢の武帝
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



125 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:43:25 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   さらにそののち、
   このものがたりがはじまる四年まえの河平三年(B.C.26)に、
   成帝の勅命によって書籍の校訂がおこなわれることになった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

          , -=ニ=-、        _ , /.: `ー-. .
          ,.:'´; : : ; : ; : ; :{、ノ!     /. : : :/ : : : :.ヽ: : :\
      {、,': :   . . , . : :;, :.' ,  , ′: : : :.{: : : : : : : : : : .:.\
.       V: :   .:;:;:;:. : ; : ; : {. /: /:/: :.,ィ: : : :',: : :.\: : : : 、ヽ
       {: ; : ; ;:;:;:;:;: : ; : ;  ;;/ /: /:/: :/  ',: : :.:i: : :.、: ヽ: : : :ヽ.`=‐'    謁者陳農は
     _ヾ、; : ; : ; : ; : ; : ; : ;,:' |:.:.i:/: :/_`ヽ{: :i: :ト、: : ',: :.i: : }: ハ       天下のうしなわれた書物をさがしなさい
.    `r‐r-、ゞ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ'  /,イ|i: : i乍;メ、',: l: :}.」、:-:-ミ: : i: : : }
      ヽ', }\ヽ''=/ 「´    {:ハ ヽ:.{!  ̄  ヽ: :i乍;7メ: /:.:.|:|: /!
         \ヽ-´ ヽ V. ',    ` Vハヾ    ,′ `¨ |: //:.:/:|//       光禄大夫劉向は
           ヽ   {`ー ヽ     イ:.ヘ  、. _ ′   /; /:.:/i:/         経伝・諸子・詩賦の三部門の校訂を、
         ',    、    ',     / |ヘ ` _‐ ' . ィ: イ;'/ /
          ヽ   `ヽ /    , '  ヽヽ . <} V´ ,〃            歩兵校尉任宏は
              〉   //-─ 〈     /.=く   }_               兵書の校訂を、
           」     /    ',   /.:.:.:.:.:.}、 i ` 、
         //     /       i ./ヽ.:.:.:.:ハ |    ` ー-         大史令尹咸は
          //    /      V   /.:.:.:.{  V        `ヽ       数術(占卜)の校訂を、
          〃    .′  {        i.:.:.:.:.:|          {
       /       i  ヽ. i         |.:.:.:.:.:|        ', ./  }       侍医の李柱国は
      , ′      /  i } /,       |.:.:.:.:.:|  ____ V   ',       方技(医術および神仙)の校訂を
    /        i  レ' /         |.:.:.:.:.:|  |      |}  }  ヽ      おこないなさい
     {!         .′ }./,         |.:.:.:.:.:|  i      {' /
.    ',/     イ   }'/        |.:.:.:.:.:|         } /



126 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:44:08 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   プロジェクトリーダーの劉向は
   秘府内外の本を校合し、
   さらに民間における伝本の有無までもしらべたうえで定本をつくった

   ひとつの書の校訂がおわるごとにその編目を列挙記録し、
   これに解題をつけて上奏した

   ちなみに『戦国策』は
   このとき劉向によって編纂された書である

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           |\
           |  〉──‐ 、
          /`ー'´     \          えーと、
         /            ヽ         『鎧の錬金術師』全二十七巻、
        /  o   o       ヽ
        / ,,     ,,          i        強くてやさしくてモテモテの
         |                 |         スゲェイカす錬金術師が
         | V^^^^^^^´  __  ---┴‐ 、       赤くて小さい豆のニーサンといっしょに
     __|      厂| ̄         \/     大活躍する痛快娯楽大作、と
`、  / |   |     /  |        , -‐/
 ヽ  l |   |‐rrrrrrrrl   |       // /
  ∟| |   |」」」」」」」l   |---|``ー</  `ー
イ/⊆⊇ ̄ ̄ ̄ ̄三三彡´ ̄|     \



128 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 20:47:06 ID:LaAfwrWQ
ヨロレンw



127 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:47:00 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   また書が上奏されるたびに
   班斿はえらばれて進講し、
   その才能を主上に嘉されて
   図書の副本を下賜された

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                 _.  -─-   _
               . : :´: : : : : : : : : : : : : : : . 、
.         /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          , '. : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::...... : : : : ヽ
       /. : : : : : : : : : : : :_.  --  ._::::::::::::::.. : : :.'.
       ,′: : : : : : : : : , '´        `ヽ、:::::::. : :.| _
        | : : : : : : : : : : {          _」ミヽ\::::: : :ノ'└,
       、: : : : : : : : : :.'.        ̄> ゙‐…=ニ. イ
          \: : : : : : : : :,       /. : : .:.. : : : : `丶、
.         .  -iヽ: : : : : : : }    |V. : ..::::: : : : : : : : : : : ヽ    ,:!
.      /    |.ノ : : : : : : リ     N '!.:::::: : : : : : : : : : : : : : `ー.:::/
   /    |: : : : :_ イ     | x|:::::::_. -ャ. ::/. : : : : ー-‐'′
.   /     , '´ |ニ¨ ̄        '《 |:::frぃ∠ - 'ヽ:::. .: : : : |         Dancing in the night どんなMixも
  |____/\            ソ.::代ツ    ニ.'.::::::: ::::::|          リズムに乗れぬなら ハラキリ御免
.   / /  ./   \         /.:_ノ 、 ,.、 イ_ツ}:::::::/ .:;′
   i  ′  ′      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   />--r<ノ.:/|/          Dancing all the night この時代に
   | |  |                 /  | lヘ ´ ∨:\           嵐を巻き起こせ
.   l.|   |              /、 /    |. l.∧   ∨::::\
   ',.|  |          /、 `′   |_j. ∧  ヽ. ::::::ヽ        ダンシング☆サムライ(ヘア!)
    '{   ,        ,.イ  ,(\ 「`¨¨´}ヘ   `ー─',::::::::::}
          ',      /: :| / >`¨ニくヾ<     ,  }:::::::/|
         、    , ' !: :∨      /∧\ 、`ヽ 、/ \,'.::/|
         \ /    、 /     |└ |` ー' 〈__r'x' ´l |
            `′   /        `¨¨´', ,. '´ ̄:::::::`i.、_,ノ_/
                ,′            /.:::_, ::::::::::::ノ   ,′
                ,′            / '´/, -‐ ´  /
                              ′     _ノ
              |                , -‐、¨¨ヽ、
              └…‐,-  ,._     /    \  \
                   /   / ` ー ´      \  \
                    /   /              \_)
               /   /
               〈__/



130 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:49:01 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   のちのことになるが劉向は校訂の仕事をやり終えずに卒し、
   その仕事は劉向の子のやらない夫にひきつがれた

   やらない夫は群書を総括し、
   『七略』という図書目録をつくって奏上した

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           ,-=;,
          {__7!
          〔_ラレ          ,、_,-‐y;/ ̄ ̄\
           `y"l       rヲレへシ/ ー  ー \
           iト-ヘ、      (_;フイ | (●) (●) |    r;_/iレソ     俺たち親子の仕事は
            l  'ヽ      ル || | (__人__)   |     し ン′      デューイの十進分類法よりも
              ヽ   ヽ     レ' ||! |  `i  i´   |   人_フ         千八百年以上古いだろ、
             V  ヽ,    |   |.| |   .`⌒    }  _/ /           歴史的に考えて
              ヽ   ヽ,  ト = }{iヽ       }/ /
               `i 、,  ヽ, }- ルハjヽ     ノ  シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                V丶  |   リ >,    ( <../ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<.rn ゞミヽ
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   支那の図書分類は
   マルクス・レーニン主義が儒教にとってかわるまで、
   劉向・やらない夫親子の仕事を基礎としつづけた

   まさに支那文献史上特筆大書されるべき
   偉業であった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



131 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:50:21 ID:AIDpet1k

 ┌────────────────────────────────┐
 │                                                    │
 │                                                    │
 │      ┌────────────────────────┐      │
 │      │                                    │      │
 └───┼────────────────────────┼───┘
         │                                    │
         │      ┌────────────────┐      │
         └───┼────────────────┼───┘
                 │                          │
                 └────────────────┘

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)          とまあ、そういうわけだ
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄      しかし好学で知られた班兄弟と
.      ン         } ゙| ̄'|          それだけ親しいつきあいをしてるって、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫        ボンクラぞろいの王氏のなかにも
| |  /   /    r_____ ∬          おまえみたいなやつはいるんだな
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



132 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:51:36 ID:AIDpet1k

           ____   _____
          /      \/        \       ‐-、
    、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、    淳于のにーちゃんどこだお?
  、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
  !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |           おなじ黄門郎になったから
       \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /            ひとことあいさつしておきたいお
        /                       ヽ


                   ト、
                  } ヽ }ヽ
            x=ニノ  y ム=ミ
          / /´          ` フ
            / / /     ヽ 、   く
          ⌒ { ,′ iVハ   }ハi }i トヽ
       /     |/  j :レ=ミ   ' じ} ノN       あ、そのひとだったら
     ´ ̄フノ^厶ィノ|人Jリ ∨ ,´Ⅳ        もうここにはいないよ
           {} } ト '''  r ヽノ
               `ー厶ム≧_┬ヘ〈ヽ)        大将軍の看病をしたことがきっかけで
              〃:::::::x===xハ〉 マュ、      昇進したんだって
            /::::::::〃/  ̄ `ヽx===ュ
              /::::::::〃/    __ `)::::「l:::`
          /===彳/  }  / x==}::::::l」::::ト== 、
           7 ̄ ̄   L_/〃/⌒\::::::::|≫==ゝ
           /       ∨厶   ヾ∨ ポ /
            〈        / |\/\  _ノ テ {
            /        〈 |、 { __〃__チ__ノ
           L_         _厶ノく⌒:、::ヽ     `ヽ
         { 二ニ=-=≦ツ:ハ:::}}:ニニ::::::}     ノ
           [ilマムマム}}〆::::::::}:::::|::|:::::|   x≦‐-ュ
        (マ圦::::k:::::::::::::::::::::::ノ::::::|::|::::匕  _____ン
        `¨¨` ー-=ニ=一'ー=ニ¨ ̄ ̄



133 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:52:06 ID:AIDpet1k

       /  ̄ ̄ \
      /ノ  ヽ__   \       あー、
    /(―)  (― )   \      言われてみればそのとおりだお
    |.  (_人_)   u |
      \   `⌒ ´     ,/      あの件でやる夫だけが
     /         ヽ        いい目を見たんじゃ、
    ./ l   ,/  /   i         片手落ちもいいところだお
    (_)   (__ ノ     l
    /  /   ___ ,ノ        でもいっぺんくらい
    !、___!、_____つ         顔をあわせたかったお


                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/    (俺は無視かい……)
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j



134 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:52:59 ID:AIDpet1k

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ    あんまり故人のことを
       |         ::::::::::::::  ヽ    わるく言わないでほしいお
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /    やらない夫にとっては恨みかさなる相手でも
         `ー,、_         /      やる夫にとっては大事なおじさんなんだお
         /  `''ー─‐─''"´\


             / ̄ ̄\
             / ヽ、_   \
            (●)(● )    .|
           (__人__)      .|      ……いや、俺もわるかったよ
            (,`⌒ ´       |
            {        |       すんだことをグチグチ言って、
            {        ..:/        おまえにあたりちらして、
              ` ー     \        みっともないったらなかっただろ
             /    _    l
            /  ̄`Y´   ヾ;/  |
        __,|    |    |´  ハ
            |    |    |-‐'i′l.
            |__ |   _|   7'′
           (   (  ̄ノ `ー-'′\



135 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:53:45 ID:AIDpet1k

   / ̄ ̄\            ___
 /   _ノ  \         /⌒  ⌒\
 |    ( ●)(●)  プニ  /(● ) (● ) \     おっおっ!
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \    それじゃ仲なおりだお!
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
.  |         }    \ \   `ー'´      /
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


          / ̄ ̄ ̄\
        /   (●)  ヽヽ
       /   (⌒  (●)/    まずはひととしての
      /       ̄ヽ__) /      常識をわきまえよう、な?
      /     ____/
      /   /(○)三(○) ;
    /   /  (__人__)  ヽ ;
  /     |            i ;     い、イエッサーだお……
  i    |            | ;
  ヽ   \    n⌒)  / ;
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i ;
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |



136 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:54:20 ID:AIDpet1k

      / ` ー―=ニ¨ / i        \ ___
   ー=彡/       〃  ∧  ト、  、    ハ⌒\
      /    -‐ ´/  'フ ̄「¨ハ\ \   :}i  i}`
        /´/⌒  /  /   レ  、 `丁¨`  从 八
     |/イ i    厶 ゜  x==ミ、',   \//}
         Ⅵ{ x==ミ       ,, ,,  } /、 〃X
      厶f^Y"" 〈          レ'⌒ヽ ァ‐-ヽ     初対面なのに
        Ⅵ              仄} }′        仲いいね、ふたりとも
          {   -一__¨_ヽ    r‐彡く
          八   `ヽ ____ノ   イ Τ=‐-ヽ
          \       _,   {∨__
                \  _ -=ニ  /::/⌒>'⌒`
        ____ ___` ̄∨  /::/  /
   -=7⌒/:://::/⌒>xY´j /::/   /
 /   ,′〈:://::/ ^):  `/::/    /


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|    傍目にもそう見える?
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     なんか知らないけど
      \\\ヽ}   ヽ     /      気が置けないんだコイツ
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


               _______
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|       それはやる夫も
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :      おなじだお!
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/ :  /            \   ハァハァ....



137 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:54:58 ID:AIDpet1k

         /             ` 、
       /                 ヽ
      ,'                   ヽ
       i                 ト-- ミ
       {                    {\   `丶、___/ニニニ
      j_       '`ー-- 、    .{  \    \ニニニニニニニ        感謝するだろ……
        {   ,_ノ    ィ´● )'     |. ハ::::::.    \ニニニニニニ
      ヽ. (. ●)     'ー "     /く   ::::::i     \ニニニニニニ       おまえと出会えた
        ',  ̄´        、     ノ|`ヽ ヽ l:::::|       \ニニニニニ       これまでのすべてに!
         ∧   r   ',     }    ノ     !:::::|   ___ノ^ヽニニニニニニ
      /.::::\. '、_ノ=-- '′.-――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニ
     /.::::::::::::::::>、     / -―- 、⌒V::::::/.// j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾヘ   ムイ 、_(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニ二
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´ ー         ニ}      \>''"´
 ニニニニニニニニ/     ∨ /    ノ   (●)      }八               だお!
 ニニニニニニニ./        }ニ{     (●)     )      ノニヽ     ノ
 ニニニニニニニ/       }ニハ      (__ ノ ̄    /⌒ヽヽヽ ___彡
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`丶、     /⌒ヽ  ノ     ノ_____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
     ) 、    /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
 // ⌒ヽ  /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
  {       /    //     /         \__ノ



138 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:55:44 ID:AIDpet1k

 ',  //     /}}     }、      \ __ >
ー=彡 '    ´ ̄`メ |     / \ー=ニ _≧=-
\/   x≦一 ´  |   ′ ⌒ヽ ヾ  ヽ
∠-‐≪ /┌笊テ¨ミメ、 /    j∧  }i   :.
γ⌒メ〃 {{ {i::::`1}   j/   xそ¨ヽ、', |   |
 / う}   弋zシ      {i:::`1 j/∧ l   |
 ゝ (_  "'〃/`7`〟       辷"  /うヘト . {
ヘ ‐-{             〉"〃厶イ     `     あ、そうだ
 レ}` 込      __       ′ `
__,//レく\    (`ー-   ¨ア   ノ             せっかくやるにーちゃんが
ニニニニニ\丶、 `    ´  /               黄門郎になったんだから
ニニニニニニニ', 丶                        記念撮影しない?
ニニニニニニニハ   >=<
ニニニニニニニ/二≧x
.ニニニニニ/∠ア⌒≫x、
ニニニ/∠ア / ̄ ¨¨ヽ
.ニ/∠ア /       ',
/∠ア /          ',


                   _____          ____
               /       `ヽ.    /´      \
             /            \ /      _ノ ヽ      そいつはいい考えだろ、
            /          ヽ、   ∨        ( ●),)      友情的に考えて
         , イ;             ヽ,_ j ,'i        ´(__ノ_)
   _ ___, ィ  j           ( ●) 7イ          `⌒ノ
'"´      i   |!              "´  〈           i'
        |   |           ( __ノ、ノ./ヽ       }       時代考証?
      __」   !             `⌒ノ ',  \    _ノ        そんなもの
  ,r'"´     !   !                 /   '、 /ヽ   ハー- 、       犬に食わせちまえお!
 /        |   !          __ノ     V  `ヾ/ j!  \
,/        l / ヽ    , イ / 厂!  ``ヽ      \j!//    ト、
            i  ,r'´ヽ!/ / ,ハ     \      j 1   `,  ト、
             y′  / / /  ト、     ヾ|!    jリ    i| ノ j\
           /   / / /  j! |      ヽ    |! 「yara!,r,nt、 \
  i           / _ _ /イスフ  /  !       \ニニヽ!    リ/ //   \
 〈      / /yaruo7/   _/   !        ヽ  !ー ─ 、''"´  ̄ ̄``ヽ!
  !     /      ̄``7         |         L_」.:.:.:.:.:.:;;/ニニフ^ヽ、  |
  | ー--‐'/ ,r== _ /          |:::.:.:.        \;:;;:;:/        j
  //_/ /    / i           !:::::::::.:.:.        ト、``ヽ       /
ヽ/  , イ    /    | ゝ---‐ イ ニ二 ,|::::::::::::::::.:.:... .        ト、ー---‐'′
  \ /ノ  /     |    `二ニニニ ' ̄|\:::::::::::::::::::.:.:. . _ __   / |!



139 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:56:10 ID:AIDpet1k

                       ト
                      | \    〟
                      |   `ヽ. 〃
                 `ヽ、ー― -     ∨{ ___         ィ
                     \    / `ヽ ヽ、 `ヽ、 / |
                  、 _ > ´  /∧. ∨.   V  _丿
                     > 、___,.ィ厶ハ ト、 vヘ  〈
                 /    /`ヽ / ≠⌒、ヽ.`¨¨    .
               ∠   ィ  .卞、   尓Zz、ヽ.ヽ、} ト、 }
                   厶ィ/代リ     v.い// >─v \          それじゃいくよー、
                     [ |  ′   ¨´厶ィ [][] | 「∨n        はいチーズ!
                         {{人  マニフ     人  .ロ」「 v V |
                     こフ> `_ . イ /  / ̄ ri   | h
        ¬ r───…ァ ⌒`<⌒「丁く /  . ⊥ト、._{ r=    ニ コ
       | |     /  ィ  〃 |l   `x ´    `ヽ.  |    ┌┐!
        >┴─‐┬/ / }  /   |l /   ____ >.|    | | |
           └… 、厶ィ   こヲ  ̄ ̄ l /   ヽ、}   | |
                  /  / /       |/   / 〉|    | | ′
                  /  / /       〈    / / l    └┘
.     、 _         / ,.   ´ /    ー … →、   /   |
.     \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /         /  `¨ ヽ.   L  二 ィ
       \______/ ∠ __  /        \ {    /
.          〈             /          \  .′
      / `ヽ、       、__/              `¨´



140 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:56:43 ID:AIDpet1k

パシャ!
          / ̄ ̄\
        /  ヽ_  .\
        ( ●)( ●)  |    ____
        (__人__)      |    /       \
        l` ⌒´    | / ─    ─   \
       . {          | /  (●)  ( ●)  \
         {       / |    (__人__)     |
    ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__
   / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ   ヽ
  /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 ト
     _,,二)     /              〔―ヽ、人,,r、_.
     _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l).)
  __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
              l                   i   ヽl



141 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:57:12 ID:AIDpet1k

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        / ̄ ̄\          陽朔三年某月某日 .┃
┃      /  ヽ_  .\      最高の友人とともに .┃
┃      ( ●)( ●)  |    ____            ...┃
┃      (__人__)      |    /       \         ┃
┃      l` ⌒´    | / ─    ─   \       ...┃
┃     . {          | /  (●)  ( ●)  \      .┃
┃       {       / |    (__人__)     |.    .┃
┃  ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__     ┃
┃ / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ   ヽ   ┃
┃/  L_         ̄  /           _l__( { r-、 ト   ┃
┃   _,,二)     /              〔―ヽ、人,,r、_.  ┃
┃   _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l).).┃
┃__,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |   ┃
┃            l                   i   ヽl   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   ――ふたりは知らない

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



142 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 20:57:44 ID:AIDpet1k

┏━━━━━━━━━━━┯
┃        / ̄ ̄\    く
┃      /  ヽ_  .\  ゝ
┃      ( ●)( ●)  | 〈
┃      (__人__)      |   7
┃      l` ⌒´    |  ノ
┃     . {         |,イ
┃       {       / | \
┃  ,-、   ヽ     ノ、\ `ヘ、
┃ / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  `∟_
┃/  L_         ̄  /         ト、,_
┃   _,,二)     /              〔―ヽ、人,,r、__
┃   >_,フ      /                }二 コ \.  Li\_,
┃__,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |   ┃
┃            l                   i   ヽl   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   ――断金とも思われた友情が、最晩年にいたって破滅することを
   ふたりは知らない

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



143 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 21:00:12 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   そしてこの班穉の孫こそが――

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           \: : : : .    >ミ 彡 ⌒ヽ  イ 、
           ,'./\: : : : . ´ "i ',.    \   >
           ,斗≦´     / l  } . : : . .   ヽ!l´
      ー=彡    ..: : ::_Z,_  |! ,' >、: : : : :. .  \
        ` < _: : : >´___ ` レ "_,≧ュミ : : : : : :. \
          〈 ∧ |ィ て::ハミ     イっハ }!`!¨7 ァ-‐ォ¨`
        !^i r 、V .∧ | ヽ{:::::::j     乂:::ノ  | / ,'77/
     | 〉.|´| | .!  V ∧!  `¨    ,         !,'-ゝー′         はーい!
     |亅|´| |´|  ゝイ ヘ    _ _     ル
     i^i !j リ i    \ヘ  '、,  _ノ  /               つぎは僕と
   /j´l )  "  !      \≧つ     .ィ ∨                やるにーちゃんだよ!
   ,' :{ ノ      i__/ 〉   /   `¨´ ,′
  { {  ヽ〃    // ̄\     {‐-。
   |ヽ\.     /》:::::::::::::::::::ヽ    ミ、:::::\
   |:::::\\ー 7:::://\ヾ、::::::::::::::',´ ̄`ヽ}::::::::::\
   |::::::::::::ヽ>==彳  ≧ュ、ヾ、:::::::::.   ,':::::::::,.彳\



144 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 21:08:11 ID:AIDpet1k

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   やる夫のすべてをほぼ100%悪意に解釈した
   「王莽伝」を書くことになる
   班固である

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           /y/へ__ .. .. __   r‐‐、_
         /ソ/ ´: : .:::. : : : : : `///.: : ::`ヽ.
        //. : : :i:: : : : : : : : : : 〈/∧. : : : : : : :、
       /: :/. : : :: /{:: : : : : : : : : : :`ヽ`ヽ. : : : : : ::\
.      /: :/. : : :: / i:: ::ハ: : : ::}: : : : :.VニニL: : : : : : : :ヽ
     /: : :{ハ:: :/'⌒ V { ヘ‐-、i: : : :: : }|//イト、: : : : : : : :\
.    /. : : :i {:: :{ィ巧y V ィf7zL: : :: :/ レⅡⅡ〕: : : : : : : : :ヽ
    /. : : : : : :i:: :i 弋:j   弋じj 〉.:: ::://〔:::〕/ヽ:: : : : : : : : : : :、        えーやる夫?
.   /.: : : : : : : :V八 , , 、   , , ,ム} /》_/     ∨: : : :. : : : : : : : .
  /.: : : : : : : : : :ト、 ヽ マ フ  .. イ)/人       ∨: : : :: : : : : : : ::',       あんなのにくらべたら
.  ′: : : : : : : : : :{ j/ ` - ィ ´ _ト、          ∨: : :: : : : : : : : : :.       夏桀殷紂のほうが
  }:: : : : : : : : : : : ::ヽr-‐‐イv== ´ /ヽ.        }:: : :: : : : : : : : : :.',       なんぼかマシってもんですよー♪
  i: : : : : : : : : : : :__..イrュ_/ ハ  // ⌒ヽ.       |: : :: : : : : : : : : : ::',
  i: : : : : : :/iir '´ r'/ ィ⌒i 」 //     ヽ     |: : :: : : : : : : : : : : :',
  i:: : : : /| !!   ィ´ /ト イ ∨!!      i    |: : :: : : : : : : : : : : : ',
  i:: : ::///{ iir '´ii  / | |   ∨ ト、 01 i    |: : :: : : : : : : : : : : : :i
  i: : :////  !!  ii  {  } | t==7 ∨  ヽ___ 入    |:: :: : : : : : : : : : : : : :i
  i: :////  ヽy/ 人 / j      ∨ f´ ̄  `ヽ /.: : : : : : : : : : : : : : : i
  V∨_/    /  ./: :/ ::/ ヽ...:::::  `ヽ}     y'..: : : : : : : : : : : : : : : ::}
  ヽ     { /: :/  :::ト、       ヽ   /..:: : : : : : : : : : : : : : : : /
   }     r': : ::〈   ::|__ヽ__      __} ..ィ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   ヽ__ .. ィ. : : :.. ´ ¨  ̄    `ー - ´. . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
     `ヽ: : :/ .. : : : : : : : : : . . .. .. . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
      `y' /. : : : : : : : : :     . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. ′
      / /.. : : : : : : : : : : : .. .. .. . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
      レ1.. : : : .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ..
       {  /: : ..: : : : : : : : __ __ __ .. -‐ ´
       | /  _ ..  ´  ̄
       ∨イ´
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      班固、字は孟堅

      右扶風の安陵のひと
      班穉の孫

      言わずと知れた『漢書』の著者
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



145 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 21:08:56 ID:AIDpet1k

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|   やる夫が王莽になるようです                      |┃
┃|                                            |┃
┃|   第二話 莫逆の友                          おわり |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛
                                 次回へつづく



146 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:11:45 ID:sUcgHjQQ
乙でした。

班家もいろいろとあるんですよね。




147 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:12:41 ID:3bQXGsfk

いい配役だ
しかしできない子はかーちゃんになったのか・・・




148 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 21:13:30 ID:AIDpet1k

本日の投下はこれまでとなります。

おつきあいくださりありがとうございました。



【追記】
        イ77ス __/: : : `ヽ==ー-、
    /7==zノ、 ィ´. : : : : : : : : : : : : : : ヽf7、 rヘヘヘ __z==、
    /.:::::::::::ヾ/. : : : :ハ: : : : :ハ: : : :∧: :∨ヽししし/.:::::::::ヽ
  /.:::::::::::::::/. : : : :/__V : : :| ‐-- 、 ∧: :∨ミ//.::::::::::::::::::::\
 /.::::::::::::::::::/. : : : ::ィ´  V:: ::|    ∨ }: :.:∨ /.::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./.:::::::::::::::::://: : : ::/ __  ヽjV x==z∨: : ::∨|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
|::::::::::::::::::::i /: : : ::{x==z  ,        〉: : : :〉、___:::::::::::::::::::::::::::.
{:::::::::::::::.....{ハ: : : ::ハ , , , ,    __  ' ' ' '∧: : :∥ `ヽ: ::Z===z:::::::::::::}
|:::::::::::::::::::::::..V: : : :{    マ   }   /ハ: : :/   イ:::::::::::::::::::::::::::::/
ト、:::::::::::::::::::::::∨: : :ト=tz:::⊃ __ ノ   ムイj:./ __ムi::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
. 〉、::::::::::::::::://ヽjハ  `ヽ  __  __イ`ヽ./     | i::::::::::::::::::::::::/: : : ::
 {: : :`ヽ:::::://   ヽ/⌒ ><´   /      | i::::::::::::::::::/: : : : : :.:
./. : : : : ::ヽ:{ {__   〈  /::乃    /     /`ー 、__/: : : : : : : : :
: : : : : : : : : /  `ヽ/ハ ム:::::{    /    __イ      ヽ: : : : : : : : : .:
: : : : : : : : /   ノ   /::::::〉 ト、__/{     ,′        、: : : : : : : .:
: : : : : : :.:/   ,′ /::::::/     ∨   /         \: : : : : :.:
: : : : : : :/    {  _/:::::/      ∨  /            ヽ: : : : :
: : : : : :/     Y/::√ }} `ヽ__   ∨/              、: : :
: : : : :/      /::/ ∥        /                \:

こんなにかわいい班固が女の子のはずがない!



149 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:14:26 ID:WHBkvBJA




150 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:15:19 ID:nT5ifTUo
乙!



151 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:15:39 ID:ED8uh/.E
乙。

ただ班固っつーより、オヤジの班彪がそういうスタンスで書いてたから
息子も引き継いで、そうなったと記憶してたけど。

そもそも後漢に仕える官僚が、前政権を讃えたら主君に睨まれるし。




152 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:19:33 ID:AMpbpwRM

まあ、班固の立場じゃねえ
ただ弁護論が他からまるで出てないってのも




153 :名無しのやる夫だお:2012/01/07(土) 21:32:24 ID:xhz8L4ms
乙! これは面白い



154 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/07(土) 21:45:47 ID:AIDpet1k

みなさまレスありがとうございます。
班固の立場もわからんでもないのですが、
歴史の敗者に対して、もう少し、こう、何というか手心というか……

ところで稲葉一郎氏の論文「『漢書』の成立」によれば、
班彪はむしろ王莽を認めていた部分もあるそうです。?方進伝の賛とか。
班彪がものごころついてから成人するまで、
ちょうど新の十五年の治世とかぶるから、
王莽のことを否定しきれないのも無理はないのかも知れません。

ぶっちゃけ『漢書』のどこからどこまでが班彪の仕事で、
どこからどこまでが班固の仕事なのかよくわからないから、
あんまりはっきりしたことは言えないんですけどね!




155 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 09:52:47 ID:SgRxLlJ2

始皇帝と李斯をDISったことに関して
語りたいことがあるので
本日の21:00あたりに二十レスくらい投下します




156 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 10:19:55 ID:IPhOfEFE
乙です
『枕草子』でも有名な于定国の息子が(若い頃とはいえ)駄目な話で紹介される様になるとは
父親も酒好きだったというけど




158 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 19:46:20 ID:SgRxLlJ2

大河ドラマがあるのを忘れてました
投下は21:30くらいに変更します




162 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:30:34 ID:SgRxLlJ2

おまたせしました
それではそろそろ投下をはじめます




163 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:31:18 ID:SgRxLlJ2

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   『史記』の戦国期の年代はめちゃくちゃだと第二話で書いた
   そのことについてすこし語ろうと思う

   まずは◆Q5qunp2DuUの体験談をもって起筆とする

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

―――======ニニニニニニニ二二二二二ニニニニニニニ======―――

            ――===ニニニニ二ニニニニ===――

                  ―==ニニ==―

                      _,,.‐'''''""''‐,,
                    〃 ,,〃,,,/  `ヽ
                 //,-、ヽ    ハ
                 // 弋..ノ .}      ハ     呉起かっけぇ
                  //    //       ハ      マジでCOOLだわ
              //ヽ、/ /         ハ
               // ,,/, ' ´       i ´   ハ    もっとくわしく知りたいから
           /// , '  /       i     /     手はじめに呉起年表を自作しよう
           V. /   /     r、、ヽi   /
           / ___,,,=-‐=,,,/V///  /
            / -<              /l
          /     \          / l′
          \________/ ̄ ̄\__/  l′

         ↑ 若かりしころの◆Q5qunp2DuU



164 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:31:55 ID:SgRxLlJ2

                      ... -――-.....
                   .. ..:´.:.:.:..:..:...:....:...:..:.:.:.ミ:....
                 / ..:.:.:.:..:...:..:.. ..:...:..:..:...:...:...:..:. \
                / .. ..:.:/:...:...:.:.::.. .. . .:i:...:.:..:..... ..:..:... ヽ
               ′.. ..:/′..:.../.::.. ....:.::|::..:.:.::..:.:... ...:.:.:.. '.
                 i  .. .: i′.i:....:|..:::.. .. ..:.l!:..i:...:l:..:.:... ..:.ヽ:. i
               /| ../ ..:.i{ .. |..:._|:.i ::... ..:.:}:...}:.:..|::.:. i:.. :.. i:. 「ミ 、
             /..:.::|..:|..:.:.:.:|..:.,|.:厂:.{..:.:..:.:..i:..バ:下.:...|:i:.:.. |:..|:::.:..\
            /..:/..::|..:|..:.:.:.:|:/ムL 、ハ...:.:.:.}/ ,}:ムヽハ}:.:...}:..l:::::.:.:. 丶
.           /..:/..:.::,l ..!:!:..:..〃 笊ミ、 ヽ. ./ イ笊ミヾV:.. ,'. ハ:::::::.:.:.. ヽ
          /..:/..:.:::ハ.从::.:.ト{. ト':: i}   V   ド'::..i} ノ':../:..{ ';::::::.:.:..... '.
         .′'..:.::/  r!..:.\{  V.ツ         V.ツ }ィイ:::..|} V::::::.:.:.... '.
         |/..:.::/   {|..:.::ハ` xxx.   ,    xxx  小:..|  V::::::.:.:... l
         /..:.:::/    |..:.:.:::::.             /:.:.... !   ';:::::::.:.:.. l
        .: .:.::::′   l...:.:.:.:入     r‐、     /}::.:.:.....′  '::::::::.:.:. |
        .′.::::i    |..:.:.:.{;:}> .   ー'     イ ノイ:...}/    }:::::::.:.: |
       j ..:.::::::|      ..:. .:. V  ,r|> __ . iチ、   }リ:../′     :::::::::.:.:|
       i..:.:.:::: {     ヽ ..:.. {,ィ´/ \_  __ノ }\/:.ノ        i:::::::.:. !
       |..:.:.:::::|   __ ..ィヽト乂 {   んムx  j イ´ー---  、   }:::::::.: |
       |..:.:.::: {  /      /  |   /,元i ヽ i  |       l |:::::.:..|
       |.:.:.:::: |  }         l  | // }|| ト、∨  {       ∧ }::::::::.:.|
       }.:.:.:::: {  |ヽ   i   L _  V { /小.ヽ}. 〉  j        | |::::::.:.:.|
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      呉起

      衛の左氏のひと

      孫子と並び称せられる兵法家
      だが男だ
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



165 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 21:33:13 ID:wbvu.SYM
この呉起に膿を吸ってもらえるんですね。



166 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:34:06 ID:SgRxLlJ2

            _, -'´ミミ=-
          _, ┴ ニ-_ Zミミ
.          /γ´ `) ミミ  ミ ミミ='_,
      /  `ー ′ ミ_  ミ ''ミ、、         正確な年表をつくるには、
.      /ミ       __,,,ミミ、_  ,、,  ミミミ、、       『史記』を読まねば
     /     , '´ ヾミミミミ ミミ、',', ミミミ、       話にならんな
.    i  , '´     ヾ巛ミミミ',   ミミミミ
     i_/        i|巛ミミ      ミヾ      呉起の生歿年について
               ノ彡′'  /,,    ミ、     おしえて太史公!
              /彡ノ   彡′ 〝,,'ミミ、
  〈>、   ,-_     /′    《/    》彡ミ、
._,、 ∨>、 〉-)    ,/,'   ミミ/《/,,   《彡ミミ,'
.V>__>''''`⌒ミ、  ,/彡  ,,'',,''//》/   》彡ミ,'
 `ーミミ〟,,,"_  ´ミ、/〟  ,,巛,,",,,/   ,,//ミミ
,-,_,,,〉ミミ〟,,",,,   ´ミー―''ー'´´  ノミ//ミ
\」ニ_ミミ〝'',,,              〝彡/ミ
  tニ彡,ミ-''->、,, , ミミ   -==   彡/
     ̄    /ミミ ̄`ーミミミミ、,,__,,,  彡',/
       /彡ミ   `"'ミミー''―''´l!i|〈、
      /彡ミミ,,     /////|li!li!lili!ヾ



168 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:34:38 ID:SgRxLlJ2

 ̄ ‐- 、 /ソ y... __ ゙'、`, /丶 /゙、_ ヽ \ 丶..‐__ノ `i i    丶
 ..__ ,  `L, ,' i´6i ゙! _ Y `'''''/'"゙゛= ゙、   ̄ く  ̄ ̄ 7-、
\    ゝ', \__`,'-' 丿、  /____ ''゙! \ ..____,___ ノ   ゙
 >    丶゙ 、_入....ィ  ゙, 、 , :、:ヾ`;゙;‐;、-、i: /一 i i ,' `ヽ、ヽ\
´..__    \   /ー|   i: i!:ノi:!ii:i!i:i:iii::!ii、:゙:i、i:i"‐ ニ!_', ',   、
. 、 ! `  .._  \/_ Y ∥:i/:∥∥==、,i  ∥ '〃三:,:     i
  l   !ヘ ̄ /ヘ‐-..,,__、,i:i:ii!:iY-=ヾ 〃   //-=ニ二、  y 、 i
/ i   ゞ>ー/..__ミ/:r‐`:-、:i:!ii∥" i! i!    "´/-ミ三   '゙ヘ 7
 ヽ    |..___ ミ ミ、ヘ:!:.fr,!ii:i   `゙ `゙  /〃__/-、<   !..._ィ、      よかろう!
 i   ,  lミ !、r=-..ミヘ:ヘ:ヘ!、iミニ=,     /"_彡彡"ノノ/ /、_i.丶ヘ /
 ゙、   、_!、゙、゙: ー-、  \\\   !    /くヾ) ∥三!:、!iミ、`ニ 7. /
  , i  lミ iミ:__: : :.`   ゙ ー=ニニ、`  /ゝ:_彡 /_ ,.:彡 、ミ、、\ //     呉起の生年については不明だ!
 l l゙、 , ハ フ ト-三: : :.:.       ヾ_ /!.___... <  `´lミ:i \─ ──
\/-rハヾ:彡:ヾ===≧==------.、  '         ハミ;i .i∧/ ゙、      歿年については、
. /\ヾハ、ー 彡ノヽ彡''´ゞ 彡' ,,' ,:丶          !ミ∧゙ /∧゙、       楚の悼王が死んだときに
  ', `  ヘ  ゙ ミ:ミ: ":゙,ー--r‐''"  :.:丶 .:   ;   /i 、!:ノ厶 ゙ハ1 ゙、      楚の宗室大臣によって殺されたわけだから、
、  、   l丶  `t"ニ':\':.:.:.    :.:!.:ヽ_..'_..r:"  / l i:,,''ーヘ ゙.∧ ゙、
.`、 `、  l 丶 :l_丶゙、i ゙;丶.    -..._..r=彡'   /  l i{ヾ  ヘ 1      楚の悼王の二十一年、
..--゙--- '---__、   V.!i、\、゙:゙;:ー-.._      _,,".:  !  ゙、_ i l \i       B.C.381だな!
 ) ⊂ , :-=': : : :`゙'''i- !i ', ',''"゙、彡ヘ `゙ー--‐'': : :  ,'    ゙''‐--..__
,r ',>/ i: : : : : : : : i: : ヾ ', ', ̄ ̄:゙-i: : :   : :    i   : : : . i. . .



169 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:35:14 ID:SgRxLlJ2

      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      司馬遷、字は子長

      左馮翊の夏陽県のひと(のち右扶風の茂陵にうつった)
      大史令

      言わずと知れた『史記』の著者
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



170 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:37:20 ID:SgRxLlJ2

                      ,,イ'"彡ミY,
                      从从从从 Y
                     _,,,,ノ从从从从,从
                ,ー '"   ノ从ト、 |  ィ从从           なるほど
                乂       从|ノ | { |从从乂,,          メモメモと
           Y´       ,从从  |  从从从从乂
            从       ,从从∧. | ./从从从    乂      てーか呉起って
           从         从从∧|/从从イ       从      楚に行くまえは魏にいたよね
          ノ   从      从从从イ  i      乂
          ,ノ   从{              从从        乂    そのころ呉起の名前が出てくるような
          /   人从          从从从      从     記事ない?
        Y´   ,从从从         从从从人     从
     乂     ,从从イ          从イイ 从     从
     Y´     从从/从          从从  从     从


                ヘ-―…ァ= 、
                /  トヽ /   \
            r<∧ヘ  乂Yソ   ト/ヘ`¨¨l
            ヽrfァ)Y ,. ィf刋川}ト.{YrfァY}、!
              厶ソf升={ァ''^ハ}'^""}戈乂/ ∧          ひとつあるぞ!
.           //イ ルリ_     〉   了ヽ{ノ  '
        <    レ从{ 代ぅx   ィラj !ミ少   ',
.            )    }ヘハ`   :l    ´ ルミ'             魏世家の
            (__    乂x  、_'_ ,  /ミY´              「(武侯)九年、翟敗我于澮。使呉起伐斉、至霊丘」
           / ` ー l)介:     イ川{  }   }   ' ,        というくだりだ!
       -―<   /   / jノ}}}j    {{{{リ /      \
/          -―z=ニ⊥ ノ      ヽ ∠z‐===<   \     魏の武侯の九年だから、
⌒ヽ      /)⌒ /               ノ ノ⌒'く`ヽ ヽ.  \    B.C.378だな!
   ∨ / ./ y'  (⌒ヽ          / )⌒)'^)  l  l  /⌒
\_乂  i∨     (\)       (/ /  イ   ハ |   {
        |/ Y_ ノ´ /  ヽハノ /  )イムィ(    ノ、 _)イ ( |  ノ
     /  〉 ノ,   { }_ ,ノ∧ { / ,ノ / ノ ヽ   /⌒ヽ リイ
.    {   |く⌒ヽ ∨ヽ ヽ, ∨ /⌒)'⌒Y´ ハ    、 }^{ |
     ノ   | /´   ハ   ノ、j, 、/   ノ / .乂    ⌒Y| !
.   /    N   ヽ{ V´ ヽ リ ノニ¬=イ /   }     | |



171 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:37:50 ID:SgRxLlJ2

            _,,.‐'''''""''‐,,
        〃 ,,〃,,,/  `ヽ
       //,-、ヽ    ハ           そっかー、
      // 弋..ノ .}      ハ           すくなくともB.C.378までは
      .//    /        ハ-、          呉起は魏にいたのかー
    //ヽ、/           /`'''‐'!
    // ,,/                ´
   ///                  `
   V                     


 ̄ ‐- 、 /ソ y... __ ゙'、`, /丶 /゙、_ ヽ \ 丶..‐__ノ `i i    丶
 ..__ ,  `L, ,' i´6i ゙! _ Y `'''''/'"゙゛= ゙、   ̄ く  ̄ ̄ 7-、
\    ゝ', \__`,'-' 丿、  /____ ''゙! \ ..____,___ ノ   ゙
 >    丶゙ 、_入....ィ  ゙, 、 , :、:ヾ`;゙;‐;、-、i: /一 i i ,' `ヽ、ヽ\
´..__    \   /ー|   i: i!:ノi:!ii:i!i:i:iii::!ii、:゙:i、i:i"‐ ニ!_', ',   、
. 、 ! `  .._  \/_ Y ∥:i/:∥∥==、,i  ∥ '〃三:,:     i
  l   !ヘ ̄ /ヘ‐-..,,__、,i:i:ii!:iY-=ヾ 〃   //-=ニ二、  y 、 i
/ i   ゞ>ー/..__ミ/:r‐`:-、:i:!ii∥" i! i!    "´/-ミ三   '゙ヘ 7
 ヽ    |..___ ミ ミ、ヘ:!:.fr,!ii:i   `゙ `゙  /〃__/-、<   !..._ィ、
 i   ,  lミ !、r=-..ミヘ:ヘ:ヘ!、iミニ=,     /"_彡彡"ノノ/ /、_i.丶ヘ /     そうだ!
 ゙、   、_!、゙、゙: ー-、  \\\   !    /くヾ) ∥三!:、!iミ、`ニ 7. /
  , i  lミ iミ:__: : :.`   ゙ ー=ニニ、`  /ゝ:_彡 /_ ,.:彡 、ミ、、\ //
 l l゙、 , ハ フ ト-三: : :.:.       ヾ_ /!.___... <  `´lミ:i \─ ──
\/-rハヾ:彡:ヾ===≧==------.、  '         ハミ;i .i∧/ ゙、
. /\ヾハ、ー 彡ノヽ彡''´ゞ 彡' ,,' ,:丶          !ミ∧゙ /∧゙、
  ', `  ヘ  ゙ ミ:ミ: ":゙,ー--r‐''"  :.:丶 .:   ;   /i 、!:ノ厶 ゙ハ1 ゙、
、  、   l丶  `t"ニ':\':.:.:.    :.:!.:ヽ_..'_..r:"  / l i:,,''ーヘ ゙.∧ ゙、
.`、 `、  l 丶 :l_丶゙、i ゙;丶.    -..._..r=彡'   /  l i{ヾ  ヘ 1
..--゙--- '---__、   V.!i、\、゙:゙;:ー-.._      _,,".:  !  ゙、_ i l \i
 ) ⊂ , :-=': : : :`゙'''i- !i ', ',''"゙、彡ヘ `゙ー--‐'': : :  ,'    ゙''‐--..__
,r ',>/ i: : : : : : : : i: : ヾ ', ', ̄ ̄:゙-i: : :   : :    i   : : : . i. . .



172 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:38:21 ID:SgRxLlJ2

                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
  〈`ヽ        レ''"´
  `f⌒ヽ        /)  r‐_'_´彡' _,. -- 、__,,.. -‐:'ヾィ、_:::::-―、::::::::::!
   !:.:.:.:`丶、   ,.ィ-' ,ニZィ:.:.:.ヽ_/:::そ(ンヘ-ヘ:::::::::::ゞミ{Yfr≧彡z_:ヾ:::::::|
   `ヽ:.:.:.:.:.:.> '´ ,..、 r_‐'ヾ/:::|::rェ=ェュ::::/::::ヾ::_彡ミ`'"'ー=三ミ三_ヾ::::!
     _> '´  ,.イ   ` ̄/::/!:l//::::::::/::::::::::三チ'__:.:,.:.:.:__,:.:`三三z_:::::'、
__,. '´   /:.:.:.:.\ /::/::::/:r'ニニヾi::::::::::::::'ハィoュ:リz:ィoュッ':.三彡そ:::::>    「そうだ!」じゃねーよ
   `ヽ  / ヾ:.:.:.:.:.:./::/::::/:::r'―:、:ヾヽi:::::::::::lリ:.フ^``:"¨´:.:.:.:`ミシ´::::::::::::::     このホラ吹き太史公!
三ニ=、」/   ヾ:.:.:.:〈:.:.〈::::/r―'ー:、:.:!:.:|:.:|l::::::::::l|:.iゞ-'`=、、:.:.:.:.:.:f}リ:::::::::::::::::
   ヾ」      >´ヾ::::>':::::` ̄フヾ:ヽ:':.:.:.:}l::::::::::!l:|「 ̄`~l|l.:.:.:.:.:.://:::::::::::::::::
  ヾ ヽ    /::::::∠Zフ::::::::::::/::::l|:.:.':.:.:.:.:.|l:::::::::ハ!|:::::/^'リi:.:.:.:./´::::::::::::::::::
   ヾj}.  /:::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::l|:.:.:.:.:.:.:.:ゞ、:/ ̄',:fZ,_,.ィi|!:.:/::::::::::::::::::::::
   ,ィミ{./::_::_::_:∠::_::_::_::_::_::/::::::::::::、:.:.:.:.:/:::::::``:‐:ゞ:三彡イ:::::::::::::::::::::::::::
 / /, {::::::::::::::::::::l|l::::::::::::::::::::l:::::::::::::::`""/::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄``':::::::::::::::::::::
 _/,! |, l::::::::::::::::::: l|l::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,//, l::::::::::::::::::: l|l::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::
  //   l::::::::::::::::::: l|l::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::丶::ト、::::::::::::::::::::::::::',.::::::::::::::::::::
、,' |    l::::::::::::::::::: l|l::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/=
丶、! //イ l::::::::::::::::::::l|l::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::/_     ↑ ◆Q5qunp2DuU
  У/////'l::::::::::::::::::::l|l::::::::::::::::::::l:::::::::::::/
 /////////l:::::::::::::::::::l|l::::::::::::::::::::l:::::::::/
 |////////∧:::::::::::::::::l|l::::::::::::::::::::l::::::/,イ
 |//rー'"`ー'、 \:::::::::::::l|l::::::::::::::::::::l::://,!
 {j/iト、 二ニ、丶ミミ≫、:::::l|l::::::::::::::::::::l//{{
. Y |!ヾ'、  ```ー--≧竺zz、、:_:_少、∧ ← 司馬遷
  l! ゞニ)i、  丶、二ニニニ二三≧イ,.ィ'、 ∧、
  ヽ `^`ミ≧、、―---―_三彡イ´て>、i||i∧
   ゙^ヽ   `~"ー=ニ>,<}\`」 |:::ヒ!::>、 ∧
     ∨/ ,;//,  r‐<ヽ-'  ヽ_ノヒ!^ソ-,ヘ ヽ
     ∨/  /ハ、,ゝ、〉       ヒ!ココ〈__ノ
      ∨/ //`´ ゝ、
      ヾ'ムシ′  ヽ_)



173 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:40:22 ID:SgRxLlJ2

                                 『呉起の生歿年』……ってよォ~~
                                  『生年は不明』ってのは、わかる……スゲーよくわかる
                       _ -―- __       古代のひとのうまれた年なんてわからないのがフツーだ……
                    r/ (@-、) _´ヽ''ー、
                  ,./yη≫-:(_(9_) ,}、_,j   だが「歿年はB.C.381」って部分はどういう事だああ~~~っ!?
                 /_ }ー,r==ゞ;, ヽ,___ノ(_)ノ
                ( 〈7  /'i!〈.・.);j! @ノ(⌒ノ   呉起が死んでから三年後のB.C.378の魏の記事に
   _,. - ー ―- ,. -┐ 一'^ 7 u / u ''==''ヾ;;r=-:、'ー'    呉起の名前が出てくるじゃねーかっつーのよ―――――ッ!
  ,. ´ ⌒ヽ;: .  ,/ー''ノ__「o/| ,/u     :,_ノ|!、・):》       ナメやがってこの食いちがいィ 超イラつくぜぇ~~~ッ!!
/       iヽ, / ,r<└,ソ/ |u.    <ミョ   'ヶ=''
'〉       j / /、  ,r''=┐__Li_, u   7' `/-''  ー-、    死んでから三年後っつったら腐乱死体じゃあねーか!
ノ     r'': r/ /´  /,r‐'' ´,」└‐ソ、_, ,/ rへrへ_
     i:::r'7 /- />.- _,.-‐'' `''-‐ r一〈  i {  i〈:::::::`     呉起の正体はゾンビかキョンシーかってんだ!
__  _,:::ノ/ .     ′  /_    ,r‐|  l __ ヽrt」;;_:::       チクショ――ッ
>> ン         ,/ ̄  ,i ̄{__},)  ヽ┌ 〉┴′   `
,.-‐'' i         、_,.r一'' 7'' ::::ヾ,_r_}‐′  .|      どういう事だ! どういう事だよッ! クソッ!
    ヽ        ノ     ,/::::::/  \      |
    _}丶  ,__, -‐′   ,/:::::::/      \  _|_     歿年はB.C.381ってどういう事だッ!
_,,..,/    r:/        l:::::::::,!____У/ ̄
      ,::::/        |::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄L/>       ナメやがって クソッ! クソッ!

        ↑ ◆Q5qunp2DuU



174 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:42:07 ID:SgRxLlJ2

                  ―==ニニ==―

            ――===ニニニニ二ニニニニ===――

―――======ニニニニニニニ二二二二二ニニニニニニニ======―――

                      _,,.‐'''''""''‐,,
                    〃 ,,〃,,,/  `ヽ
                 //,-、ヽ    ハ
                 // 弋..ノ .}      ハ      ……とまあ、
                  //    //       ハ      『史記』の戦国期の年代について
              //ヽ、/ /         ハ      まともにしらべるとなると
               // ,,/, ' ´       i ´   ハ       一事が万事こんな調子だ
           /// , '  /       i     /
           V. /   /     r、、ヽi   /      秦と趙の記録は
           / ___,,,=-‐=,,,/V///  /        いくらか信用できるが、
            / -<              /l         ほかの国については矛盾がワンサとある
          /     \          / l′
          \________/ ̄ ̄\__/  l′

        ↑ もはや若くもない◆Q5qunp2DuU


                      ,,イ'"彡ミY,
                      从从从从 Y           だからといって
                     _,,,,ノ从从从从,从            司馬遷の責任では決してない
                ,ー '"   ノ从ト、 |  ィ从从
                乂       从|ノ | { |从从乂,,         焚書のせいで司馬遷のもとに
           Y´       ,从从  |  从从从从乂        ろくな史料がなかったのがわるいのだ
            从       ,从从∧. | ./从从从    乂
           从         从从∧|/从从イ       从      『史記』の戦国期の年代がめちゃくちゃなのは
          ノ   从      从从从イ  i      乂      始皇帝と李斯のせいだと書いた理由が
          ,ノ   从{              从从        乂      わかってもらえたと思う
          /   人从          从从从      从
        Y´   ,从从从         从从从人     从     つけくわえるなら
     乂     ,从从イ          从イイ 从     从     咸陽を焼いた項羽のせいでもあるな
     Y´     从从/从          从从  从     从



175 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:43:44 ID:SgRxLlJ2

            _, -'´ミミ=-
          _, ┴ ニ-_ Zミミ
.          /γ´ `) ミミ  ミ ミミ='_,         ついでだから
      /  `ー ′ ミ_  ミ ''ミ、、         戦国時代の年代の復元のこころみについて
.      /ミ       __,,,ミミ、_  ,、,  ミミミ、、       ざっと語っておこう
     /     , '´ ヾミミミミ ミミ、',', ミミミ、
.    i  , '´     ヾ巛ミミミ',   ミミミミ
     i_/        i|巛ミミ      ミヾ      咸寧五年(A.D.279)十月、
               ノ彡′'  /,,    ミ、     三国志で有名な呉が滅亡する前年に
              /彡ノ   彡′ 〝,,'ミミ、     戦国時代の魏の襄王の墓が盗掘された
  〈>、   ,-_     /′    《/    》彡ミ、
._,、 ∨>、 〉-)    ,/,'   ミミ/《/,,   《彡ミミ,'    そのとき発見された竹簡を整理して
.V>__>''''`⌒ミ、  ,/彡  ,,'',,''//》/   》彡ミ,'     ひとつの歴史書が得られた
 `ーミミ〟,,,"_  ´ミ、/〟  ,,巛,,",,,/   ,,//ミミ
,-,_,,,〉ミミ〟,,",,,   ´ミー―''ー'´´  ノミ//ミ       いわゆる『竹書紀年』だ
\」ニ_ミミ〝'',,,              〝彡/ミ
  tニ彡,ミ-''->、,, , ミミ   -==   彡/
     ̄    /ミミ ̄`ーミミミミ、,,__,,,  彡',/          このへんの経緯については
       /彡ミ   `"'ミミー''―''´l!i|〈、          杜預が書きのこしているな
      /彡ミミ,,     /////|li!li!lili!ヾ



176 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:44:08 ID:SgRxLlJ2

               _,,,-ー、_,,..                  り 発 あ
              ,," _、、..._   ヲ、_                 近 射 り  オ
             イttv'-‐-、弋   ゙`、_,,._            づ す  丶 チ
             i(.)(.)ノ  ト  ヾミ、 う             き  る そ ン
             | レ'、レ'レ'  { 、_    ゙~=、_       た  丶 .こ チ
        _,,     |       i゙ ー三~__,,,....,,,r-、、     く  .と .か ン
       ,->_,(((、 ̄'ー.| {{・}} _,,." ,r"~ ̄  _(((_ ァ''"ー- 、 な  い ら が
     / / i \~゙ー-、ト'' ヽ" _,,.、,'' イ r-''"~ /  i ヽ   _,ゝい う  火 3
    /  ノ  t   ,,..  〉゙`'"~  . 丿 ノ _/ /  ノ   て~  妖 あ 炎 つ
   /     `t  (  ,`{  ⌒ヽ    {   ノ    /^ー'     怪 ま を  も
   ⌒ヽ    rr( i !、ノー-、 `      )   _/⌒ー'        。
      し'⌒ー`{ ( ヾ}  ( ( ( ノ-‐   i'_/
           `i_j~´,r'ソ'ソソ'ヽ    }_,、_,-、
             r"ソ/ r"ソ  `ヽ  ' _}}} .{
            , ''"r"ソ,'"    `-'" {  j
           r"ソ ,''"rソ         ''`゙'
        : .、 ''" rソ '" , ''
       \从、仆从,'// , '
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      杜預、字は元凱

      京兆尹の杜陵のひと

      『春秋経伝集解』の著者にして呉をほろぼした名将
      文武両道の最たる見本
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



177 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:46:02 ID:SgRxLlJ2

                      _,,.‐'''''""''‐,,
                    〃 ,,〃,,,/  `ヽ
                 //,-、ヽ    ハ
                 // 弋..ノ .}      ハ     『竹書紀年』は『史記』よりも
                  //    //       ハ      二百年くらいふるい歴史書だ
              //ヽ、/ /         ハ
               // ,,/, ' ´       i ´   ハ     焚書以前の書だから、
           /// , '  /       i     /     『史記』よりも信頼性はずっと高い
           V. /   /     r、、ヽi   /
           / ___,,,=-‐=,,,/V///  /      戦国時代の年代を復元しようとするなら
            / -<              /l       『竹書紀年』をまず読む必要がある
          /     \          / l′
          \________/ ̄ ̄\__/  l′


                      ,,イ'"彡ミY,
                      从从从从 Y
                     _,,,,ノ从从从从,从
                ,ー '"   ノ从ト、 |  ィ从从           ちなみに『竹書紀年』によると
                乂       从|ノ | { |从从乂,,          魏の武侯の九年は
           Y´       ,从从  |  从从从从乂         B.C.387にあたる
            从       ,从从∧. | ./从从从    乂
           从         从从∧|/从从イ       从      これならB.C.381の六年まえになるから
          ノ   从      从从从イ  i      乂      呉起がゾンビにならなくてもすむ
          ,ノ   从{              从从        乂
          /   人从          从从从      从
        Y´   ,从从从         从从从人     从
     乂     ,从从イ          从イイ 从     从
     Y´     从从/从          从从  从     从



178 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:47:03 ID:SgRxLlJ2

      ,.r‐ヽ 、                          _,,.‐'''''""''‐,,
      〈     ヽ、                  〃 ,,〃,,,/  `ヽ
      ヽ、     \    ,,..- .,          //,-、ヽ    ハ        それほど貴重な『竹書紀年』だが、
        \    `'''''' ´   `''''''"ヽ    // 弋..ノ .}      ハ        北宋のころにうしなわれてしまった
    __,,,,..---'´ヽ            ./   ,r//    /        ハ-、
  /        ,.  .::    l ̄`''''´  /`´//ヽ、/           /`'''‐'!     もったいないったら
 <   _,. -、__,,.r'´  ::     /`'l   ./   // ,,/                ´!、    ありゃしない
  `''‐‐'  /  :  ::  ..::,. r‐''´  `''‐''"   ///                  `ヽ、
     /   | ::.:..::  /           V                      `'>
    /   /     /         ,. - -、                       /
   |   .l´|  ヽ‐-‐‐'        ,r '´    ' ,                        }
   |   j .|   .l 、      ,,... r '        '.,                      l
   └‐イ .ヽ   l `''‐‐ ''´            ヽ、                    ',
        .l  l、                   .ヽ             ,. ‐--、    ',
        ヽ  ヽ                   ヽ         /´    ヽ   '.,
         ヽ__,.j                   /         .}       ヽ   ヽ、
                              ./          l        l     rヽ、
                              l           ',       l     .l  ヽ.,
                              ヽ_,.... -‐ '''.,    /       .l      ヽ、 `'',
                                     l,   /       l        .l   .l
                                     .ヽ  /       l      /´   〈
                                      | .l´       |     /      /
                                      |/         |    .l  _,.    ',
                                                .{//   / `'ヽ‐  l
                                             ,..., __', .,.ヘ、 ヽ、  /
                                            l  ',l ヽ'.,  `''   ヽ<
                                            l  .l   ヽ   _,,.../
                                              ヽ__,. ___,,. -‐ ''´



179 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:47:33 ID:SgRxLlJ2

                       ,,イ'"彡ミY,
                       从从从从 Y
                      _,,,,ノ从从从从,从
                 ,ー '"   ノ从ト、 |  ィ从从           しかたがないので
                  乂      从|ノ | { |从从乂,,          『史記』の注釈書の『索隠』などに引用された
            Y´       ,从从  |  从从从从乂         『竹書紀年』の文章のきれっぱしをあつめて
             从       ,从从∧. | ./从从从    乂        『古本竹書紀年』が編まれた
            从         从从∧|/从从イ       从
           ノ   从      从从从イ  i      乂
           ,ノ   从{              从从        乂     古本とわざわざことわるのは
           /   人从          从从从      从      今本があるからだ
         Y´   ,从从从         从从从人     从
      乂     ,从从イ          从イイ 从     从     『今本竹書紀年』はあたらしい資料をまぜて
      Y´     从从/从          从从  从     从      明代に出された歴史書だ
      从从从从从彡'_ノ            从从从  Y       从       こっちは正直あんまり信用できない
      Y'从从从イイ ノ              从从从 从    从
.      |┬i┬i‐iノ  イ               从从ノ乂     从
     八.!_|_|/ノ  ノ从       i        从从_Y从从从从
      ゝ!┘  Y从       从!         从ノ |_| |_| }_|ノ
           从      从从       从从. }_| }_|ゝ'
              ,从     从从ノ.j          从 ゝ' ゝ'
               从    从从 人         从
               从从  从从从 从       从
            从从从从从从 Y从         从
               从从从从从从/            从
               从从从从从从            人
           `ヽ 从从人从从/           从
               ー――‐‐ ´/                 从
                    从               从
                 `ヽ  从               从   /ノ
                     )/              从  //
           /(    )人__人            从__// )ヽ
              人  \    __二二ニ==========='_‐'/_ノ
               ー―― 人__ ――――― _____>
                   ヽ―― 二二二二 ―z
                     ー―――――― ´



180 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:48:14 ID:SgRxLlJ2

            _, -'´ミミ=-
          _, ┴ ニ-_ Zミミ
.          /γ´ `) ミミ  ミ ミミ='_,          とにかく『古本竹書紀年』を縦糸に、
      /  `ー ′ ミ_  ミ ''ミ、、          『史記』をはじめとした諸書の記事を横糸にして
.      /ミ       __,,,ミミ、_  ,、,  ミミミ、、        空白をうめてゆくのが
     /     , '´ ヾミミミミ ミミ、',', ミミミ、       戦国期の年代の復元方法のスタンダードといえる
.    i  , '´     ヾ巛ミミミ',   ミミミミ
     i_/        i|巛ミミ      ミヾ      睡虎地秦簡や包山楚簡といった
               ノ彡′'  /,,    ミ、     出土史料も利用できるぞ
              /彡ノ   彡′ 〝,,'ミミ、
  〈>、   ,-_     /′    《/    》彡ミ、
._,、 ∨>、 〉-)    ,/,'   ミミ/《/,,   《彡ミミ,'    なお戦国期の年代の研究の成果で
.V>__>''''`⌒ミ、  ,/彡  ,,'',,''//》/   》彡ミ,'     現時点においてもっとも権威のあるものは
 `ーミミ〟,,,"_  ´ミ、/〟  ,,巛,,",,,/   ,,//ミミ      おそらく楊寛氏の『戦国史料編年輯証』だろうな
,-,_,,,〉ミミ〟,,",,,   ´ミー―''ー'´´  ノミ//ミ
\」ニ_ミミ〝'',,,              〝彡/ミ       もっとも戦国期の年代の研究結果は
  tニ彡,ミ-''->、,, , ミミ   -==   彡/        それこそ研究者の数だけあるといってもいいくらいだから
     ̄    /ミミ ̄`ーミミミミ、,,__,,,  彡',/          いくら権威であってもなかなか鵜のみにはできん
       /彡ミ   `"'ミミー''―''´l!i|〈、
      /彡ミミ,,     /////|li!li!lili!ヾ



181 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:48:39 ID:SgRxLlJ2

                      _,,.‐'''''""''‐,,
                    〃 ,,〃,,,/  `ヽ
                 //,-、ヽ    ハ
                 // 弋..ノ .}      ハ     最後にひとつつけくわえることがある
                  //    //       ハ
              //ヽ、/ /         ハ
               // ,,/, ' ´       i ´   ハ     2009年4月25日、清華大学が入手した竹簡のなかから
           /// , '  /       i     /     『竹書紀年』に類似した編年体史書が
           V. /   /     r、、ヽi   /       発見されたという
           / ___,,,=-‐=,,,/V///  /
            / -<              /l       ttp://www.recordchina.co.jp/group/g30856.html
          /     \          / l′
          \________/ ̄ ̄\__/  l′


                      ,,イ'"彡ミY,
                      从从从从 Y
                     _,,,,ノ从从从从,从
                ,ー '"   ノ从ト、 |  ィ从从         西周初期から戦国時代前期の事柄が
                乂       从|ノ | { |从从乂,,        記載されているというから、
           Y´       ,从从  |  从从从从乂       戦国期の年代を復元するための
            从       ,从从∧. | ./从从从    乂      強力無比な新史料になるだろう
           从         从从∧|/从从イ       从
          ノ   从      从从从イ  i      乂
          ,ノ   从{              从从        乂    機会があったら
          /   人从          从从从      从    いつか読んでみたいものだ
        Y´   ,从从从         从从从人     从
     乂     ,从从イ          从イイ 从     从
     Y´     从从/从          从从  从     从



182 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 21:49:21 ID:SgRxLlJ2

本日の投下はこれまでとなります。

おつきあいくださりありがとうございました。




183 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 21:53:05 ID:C9OxV4L2

ためになるな
新はいろいろ問題はあるが、その時代にまとめ・決められた貴重なものもあっるのだな




184 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 21:53:16 ID:wbvu.SYM
乙でした。



185 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 21:53:30 ID:UmeF6xew
乙ー
史記の年次の混乱には歴法の変化もあると聞いたがどんなもんなんでしょ?




188 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/08(日) 22:11:29 ID:SgRxLlJ2

レスありがとうございます。

東漢の礼制とかは王莽のものをひきついでいたりします。
そのへんについてくわしく語ろうとするとネタバレになるのでご容赦を。

『史記』の暦法うんぬんについては平勢隆郎(セの字が出ない)氏の研究ですね。
あのひとの『新編史記東周年表』を読んだら、衛の滅亡の年とか、
納得のいくところも多いのだけれど、ほかの学者の研究方法とはちがいすぎるから
どうやって受容批判していいものかわかりかねるんです。
魅力的だけれど危険な説ですね。




189 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 23:38:56 ID:Z./zlOOM
素朴な疑問なのですが、前漢・後漢でなく西漢・東漢と呼ぶのは何故ですか?

東周や南宋は、旧領土が占領された後、他の土地で再興されたため、国土が
旧領と移動していますが、後漢は前漢の領土をほぼ回復して再興されているので
首都こそ変わっていますが版図は動いていません。後漢が前漢より東にあるわけ
ではないのに、東漢と呼ぶことには違和感を感じます。




190 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 23:48:01 ID:IPhOfEFE
乙でした。

>文武両道の最たる見本
しかし、当人の武芸はからっきしだったという、陳慶之と並んで妙な名将。

>平清盛
『平家物語』冒頭で、「秦の趙高、漢の王莽、梁の朱イ、唐の禄山」それに
「承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼」を挙げて「最近では
六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公がそんな感じだった」と言われている。




191 :名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 23:52:31 ID:Z./zlOOM
周は商を滅ぼして最初に王朝を建てたときが西周で、衰退して春秋時代に
なってからが東周、というのは春秋戦国に詳しい人であれば常識でしょうが
そうではない人にとって、西周と東周の区別はつきにくいものです。

最初にあったのが前漢・滅亡後に再興されたのが後漢、と呼んだ方が
大勢の読者にとっては圧倒的に分かりやすい呼び名だと思うのです。




192 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 00:09:00 ID:EWbpxAa.
>文武両道の最たる見本

むしろ文(知)で押し切ってる印象。




193 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 00:44:04 ID:4IPi01xk
>>189
首都の位置ですね東西は前漢が長安を首都にしたのに大して、後漢は東の洛陽
あとまあ、五代の後漢(こうかん)との区別とかもある

最大の理由は、中国では前漢後漢を西漢東漢と呼ぶ方が主流になっていることかな?




194 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 11:24:56 ID:/B8LjueU

面白いな




195 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 12:16:31 ID:a6/ZynBQ
呉起(ゴキ)のAAは、ひょっとして梓の綽名がゴキにゃんだからか



196 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:32:05 ID:ww5DJl1g

>>156氏

『枕草子』の于定国のエピソードって、
アレ実は父親の于公の話なんですよね。

清少納言ほどの才女が『漢書』を読んでないはずがないから、
勘違いしたんでしょうか。

あるいは当時、日本の漢籍は
『史記』ならナントカ列伝だけ、というふうに不完全なもので、
全部そろって読めたわけではないとどっかで聞いたおぼえがあるから、
清少納言は『漢書』の該当部分を読んだことがなかったのかも。




197 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:33:05 ID:ww5DJl1g

>>189氏

>>193氏の書いてあるとおりです。

「わが国では前漢・後漢と言うことが多いようだ。
 しかし一般には、一つの連続した王朝を前後区分するばあい、
 西周と東周、西晋と東晋、北宋と南宋、というように
 都の位置で言いわけるのがふつうなのだから、
 西漢と東漢のほうがほかのと折りあいがいいようにも思える」
(高島俊夫氏『三国志 きらめく群像』)


あとは自分のアホさ加減をわすれないようにするためです。




198 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:33:49 ID:ww5DJl1g
―――======ニニニニニニニ二二二二二ニニニニニニニ======―――

            ――===ニニニニ二ニニニニ===――

                  ―==ニニ==―

                      _,,.‐'''''""''‐,,
                    〃 ,,〃,,,/  `ヽ
                 //,-、ヽ    ハ
                 // 弋..ノ .}      ハ
                  //    //       ハ     あーヒマだ
              //ヽ、/ /         ハ
               // ,,/, ' ´       i ´   ハ    『十二支考』でも読むか
           /// , '  /       i     /
           V. /   /     r、、ヽi   /
           / ___,,,=-‐=,,,/V///  /
            / -<              /l
          /     \          / l′
          \________/ ̄ ̄\__/  l′

         ↑ 若かりしころの◆Q5qunp2DuU



199 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:35:13 ID:ww5DJl1g

             ,、
           /ハ\
          _/-─-i‐ヘ- ..,,_
      ,..::'"´:└──'─'::::::::::::`'::.、
      /:::::::/::::::::!::::::::::::';::::::::::::`ヽ;:::::ヽ.
    /:::::::::::;'::::/::ハ:::::::::!:::!:::::::::::i:::::::';::::::::',
    !::::::::::::|:::/メ!_|::::::/!/|-‐ァ:;ハ:::::::ト、::;;_!_
    !::::::::::;ハ:7´i'ハ|/ ァテァく!::!::::::/:::::::::| `ヽ
    八:::::/|::::i` ,!_リ    |  ハ〉|:/:::::::::::::! くソ       /)      ぶんぶん!
    ! ヽ;ハ|::7"   '    `ー'/:::!::::::::/:::::;ハ      _/),/、
   ム   /;:>、,  `こフ ";'::::/-‐-'、/!:::|_,,.. -‐''"´  ノ '、__)      東洋では『通鑑』に
     _ノ´:::::_ノ`>ァ-r、イ|::/    7r' ̄    _,,.. -‐ー‐'´        後漢の高祖が毒蛇を集めた水中に罪人を投じ
     ´ ̄/´::::::_ノイ/|__/ レi    } |__,,.. -‐''"´               水獄と名づけたんですよ!
       レ'"´ /´! /ム  /ゝ、.___ン´八ノ
   rっEヨ,ーr、rイ  |/ハ」レ'  ヽ/|:::::/    _ノ´ヽ.
    {,)◎】]::|::|>,!、 〈く八」   ノ `'くゝ-‐''"´:::::::::::ハ
    ヾ─‐‐く/`ー'ヘ. io      / ン、⌒ヽ;:::::/::::::|
      \   `ヽ. /,ハ、  -‐   /:iヽ!  レ'::::::::::::::|
     /ヽ、__,/-く__/\_,,.. イ::::::/:::::', /:::::::::::/::::|
    /::::::r'|::::/´ /:::/::::::::::::::::::!:::::;':::::::::∨:::::::::::;':::::::!
    |::::::/::レ' rく::::/::::::::/:::::::: /::::::i::::::::::::!:::::::/|::::::;'
    |/|:::/   ヽ,ン、:::::::;':::::::::;':::::::::';:::::::::::レ'i::::/|::::/
       レ'    /`ヽ、こヽ、__::::i::::::__'r-‐r'_,r'レ'!::レ'
           ,'   /ヽ、こ.二こンァ'"´   レ'
           ヽ、__,,.. ‐''"/    /
                〈   , イ
                   \__,ノヽ.
                   \_,ノ|`i
                     ト‐':::メ、
                    '、_ノ、__>
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
      南方熊楠

      歩く百科全書
      奇行で有名
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛



200 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:35:46 ID:ww5DJl1g

                      ,,イ'"彡ミY,
                      从从从从 Y
                     _,,,,ノ从从从从,从           後漢の高祖?
                ,ー '"   ノ从ト、 |  ィ从从
                乂       从|ノ | { |从从乂,,         高祖っつったら初代のことだろ
           Y´       ,从从  |  从从从从乂        だったら光武帝のことか?
            从       ,从从∧. | ./从从从    乂
           从         从从∧|/从从イ       从      でも光武帝の廟号って世祖だし……
          ノ   从      从从从イ  i      乂
          ,ノ   从{              从从        乂     つーか漢の高祖ってフツー劉邦のことだろ?
          /   人从          从从从      从     でも劉邦が後漢のはずはない
        Y´   ,从从从         从从从人     从
     乂     ,从从イ          从イイ 从     从     なんだこりゃ
     Y´     从从/从          从从  从     从      わけわからん



201 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:36:20 ID:ww5DJl1g
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   考えて、考えて、考えぬいたすえに
   ◆Q5qunp2DuUがみちびきだした答えは!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

            _, -'´ミミ=-
          _, ┴ ニ-_ Zミミ
.          /γ´ `) ミミ  ミ ミミ='_,
      /  `ー ′ ミ_  ミ ''ミ、、         さっぱりわからんから
.      /ミ       __,,,ミミ、_  ,、,  ミミミ、、       『資治通鑑』の該当部分を読もう!
     /     , '´ ヾミミミミ ミミ、',', ミミミ、
.    i  , '´     ヾ巛ミミミ',   ミミミミ
     i_/        i|巛ミミ      ミヾ
               ノ彡′'  /,,    ミ、
              /彡ノ   彡′ 〝,,'ミミ、



202 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:36:41 ID:ww5DJl1g

            _,,.‐'''''""''‐,,
        〃 ,,〃,,,/  `ヽ
       //,-、ヽ    ハ           フムフム……
      // 弋..ノ .}      ハ           フンフン……
      .//    /        ハ-、          ホーホー……
    //ヽ、/           /`'''‐'!
    // ,,/                ´      オー!
   ///                  `      ナールホード!
   V



203 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:37:11 ID:ww5DJl1g

                       /::"
                           //
                  ,..-──-、∴ミミ /
               ./. : : : : : : : : : ゞ″;;;;ソ;;;
              /.: : : : : : : : : : : : : : ;;彡・:;;;・  ________
               ,!::: : :,-…-…-ミ: : : : ',・:;・  /
               {: : : i '⌒'  '⌒' i: : : : :}    /  後漢は後漢でも
          .  ./ヾ : | ェェ  ェェ |: : : : :}  <    五代十国のほうの後漢じゃねーか!
           //;;>: :|   ,.、   |:: : : :;!    \   バカバカバカバカ俺のバカ!
         /./γヾ.: : :.i r‐-ニ-┐ | : : :ノ     \
         ソ_ソ>'´.-!、,ゞイ.ヽ 二゙ノ イゞ‐´         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       τソ    -!   \ ` ー一'´丿 \

             ↑ ◆Q5qunp2DuU



204 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:37:40 ID:ww5DJl1g

>>195氏

YES! YES! YES! YES!



 ___________________
 |                           \____________________
 | 呉起……中野梓(出典:けいおん!)
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | このAAをえらんだ理由
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  ゴキ
 | 呉起にゃんだから。
 |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                         , -──--─‐-.、
                       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ.
                     , ′:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
                    ,ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,
                  .ノ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
                 ´ 丿:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧∧:i:i:i:i:i:∧:i∧:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、
                /:|:i:,イ:i:i:i:i:i:i/\'  、:i:i:i:/ V ,.ヘ:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:\
               /:i:i:i:レ:〉|:i:i:i:i:/   ヽ.〈:i:i:i〉 ー'´  ヽ:i:i:i:i:il:i:i:i:i:i:ヽ
              ,.':i:i:i:i:i:/ ヽ:i:〈 二二ニ ∨ ニニ二 ∨:i:ij.ヘ:i:i:i:i:i:i:、
             /:i:i:i:i:i:i/    〉:i:1 / l      | 〈  {:i:i:i{  ヽ:i:i:i:i:i:ヽ     ゴキにゃんゆーな!
            /:i:i:i:i:i:, ′   ノ:i:ハ /  |  ___  l  l ,:i:i:i{   .、:i:i:i:i:i:i:、
           /:i:i:i:i:i:i/   /ヽ_イ:i:i:ハ.|  | ト'`'`'`ヘ l  ∨:i:i:iトヘ..  ヽ:i:i:i:i:i:ヽ
          /:i:i:i:i:i:i/   rJ:..:..:.|:i:i:i:iヘ._ .| レ、r、r、,j l .ノ〉:i:iノ:..:..\  、:i:i:i:i:i:、
         ./:i:i:i:i:i:/  _丿:..:..:..:.∨:..li〉:..:フーr-、___,--r'ヘ:..:..∨:..:..:..:..:..:.}.  ヽ:i:i:i:i:'、
        /:i:i:i:i:i:/  /:..:..:..ヽ:..:..:..:..:..:..:/:..:..ハ__,∧___j:..:.,ゝ:..:..:..:..ノ:..:..:..:ヽ  ヽ:i:i:i:ヘ
        /:i:i:i:i:i:/  ノ:..:..:..、:..ヘ.:..:..:..:..:..:.\/ r‐ゥ r‐、ヽ、:..:..:..:..:/:..:..:..:..:..:ヽ  1:i:i:i:i:,
       ./:i:i:i:i:i:/  /:..:..:..:..:..\:ヽ:..:..:..:..:...イ {/∧ ヽ_〉|:..〉:..:..:..レ′:..:..:..:..:\  1:i:i:i::,
      /:i:i:i:i:i:/ ノ:..:..:..:..:..:..:..:/l`:..:..:..:..:.ヽー1/ ゙ヽr‐'ノ:..:..:..:..l゙ヽ:..:..:..:..:..:..:..:\ .l:i:i:i:i:,
      .j:i:i:i:i:i:/ ノ:..:..:..:..:..:..:./  .|:..:..:..:..:..:..:..∨ハ  ハY:..:..:..:..:..:j  \:..:..:..:..:..:..:.\〉:i:i:i:,
      ,:i:i:i:i:i/-':..:..:..:..:..:..:.ノ    |:..:..:..:..:..:..:..:..\∨/:..:..:..:..:..:..|    \:..:..:..:..:..:..:.\:i:i,
     j:i:r‐'":..:..:..:..:..:.., ′    .l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...|      ヽ:..:..:..:..:..:..:.\,
    r--ヘ:..:..:..:..:..:./        .〉:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..{        \:..:..:..:..:..:rー‐ヘ
    / __  ヽ:..:., ´         .∧:..:..:..:..:..:..:..:.○:..:..:..:..:..:..:..:..:.|          ヽ、:..:.〈_ー 〉
    `ー─/`´           /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..|            ー′ハ ̄
    /:i:i:i:i:,′           .j:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|             |:i:i:i:i|

205 : ◆Q5qunp2DuU:2012/01/09(月) 19:44:18 ID:ww5DJl1g
>>196追記

『枕草子』を読みかえしたら、
勘違いしていたのは清少納言ではなくて平生昌のほうでした。




206 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 20:09:12 ID:4KGuUh0Q
中国史は同じ国名がたくさん出てくるから紛らわしいねw



207 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 20:16:09 ID:a6/ZynBQ
>>205
どうもありがとうございました。
平生昌「たまたま私がこの道に入っていたからよかった様なものの、普通なら知りますまい」
清少納言「その御道も、かしこからざめり(貴方のその道も、どうもたいしたものではなさそうですね)。」
清少納言の台詞、普通に聞くと泥だらけの生昌の屋敷の道が悪いという意味ですが。
多分、学問の道も悪いのとかけた皮肉ですね。




208 :名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 20:53:40 ID:3E9JqwPo
面白そうなの発見。乙かれー
このさきどのように描かれるかとても楽しみです



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:IKZIHS

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon人気DVD
Amazon人気フィギュア
Amazon人気コミック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。