大阪 美容外科 脂肪吸引 ふくらはぎ やる夫がフランス革命を生き抜きます 第5話「バスティーユ」 - 私撰やる夫まとめブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第5話「バスティーユ」

20170416

439 :1:2009/07/13(月) 23:02:35.13 ID:19wBNG9G0


かしら、かしら、ご存知かしら~?
世界を革命する物語が始まるわよ~
かしら、かしら、ご存知かしら~?





第5話「バスティーユ」



――7月14日AM6:00

運命の日の朝。
天候は暗い雲で覆われた曇り。
南西の風が吹き、気温はさほど高くはなかった。

   / ̄ ̄\
 /   \  /
 | U  ( ●)(●)
. |     (__人__)              ここが廃兵院か……
  |     ` ⌒´ノ           /l    
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //    
   ヽ     ノ         //
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/











440 :1:2009/07/13(月) 23:03:30.77 ID:19wBNG9G0
                  _____
                  | 廃兵院  |
      ざわ・・         | ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∧
                <⌒> ざわ・・
                 /⌒\
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

軍隊が廃兵院を警戒する中、
8千人程の民衆が廃兵院を前に集まっていた。



441 :1:2009/07/13(月) 23:04:11.55 ID:19wBNG9G0


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                ヽ
    l:::::::::     \,, ,,/       .|  院長ソンブレイユ殿!
    |::::::::::   (●)     (●)   |  我々は、パリ市民の代表として
   |:::::::::::::::::   \___/     |  ここにある武器の引渡しを要求する!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
          選挙人代表



この要求に対し、パリ司令ブザンヴァルの命を受け、
時間稼ぎの準備をしていた廃兵院の院長ソンブレイユは、
引き伸ばしを図ろうとする。




442 :1:2009/07/13(月) 23:05:06.97 ID:19wBNG9G0


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                ヽ
    l:::::::::     \,, ,,/       .|  この廃兵院には3万丁の銃と12門の大砲があるはず。
    |::::::::::   (●)     (●)   |  パリ市民を守る「市民軍」の武装を整えるため、
   |:::::::::::::::::   \___/     |  是非とも提供していただきたい!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


ソンブレイユは、市内の治安の悪化には懸念を示しつつも、
銃は預かり物であり、廃兵院を管理する者として、
命令がなければ引渡しも許可は出来ないと回答した。



443 :1:2009/07/13(月) 23:06:00.76 ID:19wBNG9G0

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
         /              ヽ 
   / ̄\ l      \,, ,,/      |   事態は一刻も争うのです!
  ,┤    ト |    (●)     (●)   |  命令を待たずに、あなたの判断で
 |  \_/  ヽ     \___/     |   武器を提供してください!
 |   __( ̄ |    \/     ノ   
 ヽ___) ノ


時間稼ぎだけでは不安であったソンブレイユは、昨晩のうちに、銃の内金を抜くように兵士に指示をしていた。
もし万が一、銃を略奪されても、武器が使えないのであればどうということはない。
そう思っていたが――
廃兵院の兵士もまた、民衆に同調しており、6時間かかって20丁しか内金を抜いていなかった。



444 :1:2009/07/13(月) 23:06:48.17 ID:19wBNG9G0


   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)              バスティーユにいるヤルオとオプーナ先生が心配だ……
. |     (__人__)              早く武器を調達して武装しないと!
  |     ` ⌒´ノ            /l  みんな、廃兵院に突入するぞ!
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //    
   ヽ     ノ         //
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/



         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  武器を出すんだゴルァ!
       i      / |      i
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ
            市民軍


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   負傷兵のみなさん! 退いてくださ~い!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 


取り囲んでいた民衆が廃兵院に殺到した。
廃兵院の兵士たちは手も出さず、略奪者を見守っていた。




445 :1:2009/07/13(月) 23:07:51.68 ID:19wBNG9G0


           , -―――-、     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /        `i    |  おい、お前ら!
         /      ヽ   |    |  動け! あの暴徒どもをとっ捕まえろ!!
         | U  , へ、 ii ,.、|   ∠ 
ー--、    ,べヽ  ⌒(_`_。ル。イ|    \________
 / /⌒/| 6; `i、  ,____;='」,ー、〉i⌒i´ ̄i ̄i ̄
/ |  i´i i  `ー'i  l iF≡=≡テi/ |  |   |   |
|  |  |   i  !、  i |二二コi/ |  |  |  |
|   |  |ー-、__ | |\  `ー―'/ |  |  |  |
|   |  |   `| |  \__/ |  |  |  |
         ランベスク候



また、それは警戒に当たっていた軍隊の兵士たちも同様で、騒ぎが大きくなろうと手出しをしなかった。

もはや、軍隊の内部にも命令に対する不服従が蔓延していた。
正常な指揮が取れないブザンヴァルは出動命令も出せず、廃兵院の略奪を見逃すしかなかった。



446 :1:2009/07/13(月) 23:08:56.85 ID:19wBNG9G0

一方その頃、バスティーユでは……


――7月14日AM10:00


        ,~-,~-,~-,~-,~
        |_バスティーユ監獄|     
       _|_~~~~~~~~~~~~~~~~
      __i .i-.、 __  
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|




バスティーユ監獄



パリの中心北東部にあった。囚人の収容所。
これから起こることの負の部分を隠すため、左派的な学者からは
王制にとって危険な思想犯が収容されていたとされ、
その救出のために民衆が動いたとされたが、
収容されていた数名の囚人は、些細な罪で収容されていただけにすぎなかった。
しかし、バスティーユは、民衆にとってはパリを見下ろす圧制の象徴として
その目に映っており、武器のあるなしに関わらず、その怒りの矛先が向けられていた。




447 :1:2009/07/13(月) 23:09:37.84 ID:19wBNG9G0


  ./  ̄/〃__〃   /  ̄/       /
    ―/  __ _/   ./ ―― / /
    _/   /   /   _/    _/ /_/
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |    ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
    選挙人代表



国民軍を交えたパリ市民が外から見守る中、選挙人から送られた代表者たちが
バスティーユの司令官ド・ローネと交渉をを開始していた。




448 :1:2009/07/13(月) 23:11:24.88 ID:19wBNG9G0


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、     /, |  |  まあまあ、
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   ここは食事でもとりながら話を進めましょう。
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |



ド・ローネ公ベルナール・ルネ・ジョルダン(1740年 - 1789年)



ブルボン朝の貴族。バスティーユの司令官を務める家に生まれ、36歳の時に、その職を受け継いだ。




449 :1:2009/07/13(月) 23:12:13.73 ID:19wBNG9G0


               。    _|\ _
            。 O   / 。  u `ー、___
          ゚  。 \ヽ / u ⌒'ヽ゛  u /   ゚
          -  ・。 / ; ゚(●)  u⌒ヽ i   @ 。
        ,  ゚ 0 ─ { U u r-(、_, )(●) .| / 。  ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u //トェェェ、 ) 。゚ / o    ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\   ∠  ハ ッ j
          ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。 ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ    ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,-=-, ∠ヾゞゝヽ ,-≡-,l  l-=二=-, 
  ^⌒~^⌒^~⌒^└==┘   ̄ ̄ ̄ ヽ==ノヽ=ノ\__/



交渉が開始される頃には昼食の時間になっており、交渉は食卓を交えた友好的なものとして進み、
民衆が騒いでいた大砲を引っ込めることをド・ローネは承諾した。



450 :1:2009/07/13(月) 23:13:21.16 ID:19wBNG9G0

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l     代表たちの帰りが遅いお……
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    もしや、人質に取られたんじゃないかお!?
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   ア、アレを見るんだゴラァ!
    /   :'  ○  | .|  ○ U i 
    i   i     / |     i
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ


一時間経っても戻ってこない代表たちの安否を心配した群衆は、
バスティーユの塔の大砲が移動していることに気が付いた。



451 :1:2009/07/13(月) 23:14:31.63 ID:19wBNG9G0

これはド・ローネが交渉どおりに大砲を引っ込める作業をしていただけだったが、
不安を抱いていた者の目からは、砲弾の装填作業が行われているようにしか見えなかった。
――この勘違いが、歴史を動かす!


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  た、大変だゴルァ!
       i      / |      I  バスティーユの連中は、
        ':     /ー┤     ' |  俺たちを大砲で狙い撃ちするつもりだ!
        `:、            ノ






         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(○)三(○):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l      な、なんだって――!?
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    やっぱり、中に入っていった人たちは人質にされたんだお!
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       こうなったら、ヤルオたちがバスティーユを攻撃して、
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://         この横暴を止めなきゃならないお!
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|




452 :1:2009/07/13(月) 23:15:13.07 ID:19wBNG9G0


       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     .|:::.   ''''''   ''''''  |
      |::::.,(一),   、(一)|
     .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
      \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´
     /  | |   / |
    /   | |  / | |
    /   l | /  | |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}              \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ               \
    `ー、、___/`"''-‐"                \
                                   \

代表が人質に取られたのだと誤解する中、群衆の間にバスティーユの占拠という考えが出始め、
その声は次第に大きなモノとなっていく。



453 :1:2009/07/13(月) 23:16:11.82 ID:19wBNG9G0


              ,,、-─- 、
            ノ       ヽ
            ,rイ´`¨`^''ー''ヾ、 \
         レ'′       i   ヽ
            {    ,  ``_, ,!    |
           i _ ,,. j,,ィ<,ィで> ゙,    |
         ',´,ィでj  ``ー  ノ,イ、 !   バスティーユを占拠するだと!?
            1  ノ  、   イ ルノ j′
           ヾ ,!ー ''゙ ヽ    レ'^I    馬鹿なことを言うな!
          l  ir==‐i   ,! .|    ド・ローネと親しいチュリオを派遣しろ!
            ゙、 ヽ二.´ ヽ  ノ _,」、
            ヽ __ ,  _/´  ハ
             ,> _/    /  ト、
            ,レ^ヽ    /   / \
             / /ヽ /    /     \
            ,イ^「  ,/     /      ,
          // | /      ,/      /
            フレッセル




454 :1:2009/07/13(月) 23:16:53.88 ID:19wBNG9G0


              ,,,、-ー- 、
            ,ィ´      `ヽ
              //^ー‐'''"´``ヾ;:;:.\
           リ′ ー‐  _ ,,. i;;:;::::!
           j,,,,,__ j,r、__,,,,,,  |;:;:;:::|
              !~ー゚'j ,'´ー゚‐''  !;:;:;:::!
           !,   ! ;::.:. `` , リハ/
           |゙, ,L_;::.:.:.  / ,'jラ!    ええい……!
               l  ! _ __,, 、 ! jレ'1     めんどくさいな!!
            ヾ ー‐   , イ  |
              `i、_  , イ /  ,」、
             ト、 ニ´ , ィ''"´  |
             |」`T"´|「 「二!,ト、_
         _,、-‐''´ヽ!j」!_,」L__,/  ``''ー- 、_
     ,ィ77"´     /7              `777ュ、
    //"´      ,//               厂´ `ヽ
  / ,/        ,//  ,r──rrrr-rュ     /     ,j
            

              チュリオ



弁護士。ド・ローネと親しい仲であった。



455 :1:2009/07/13(月) 23:17:59.62 ID:19wBNG9G0


         ,...-―-、,.-,‐‐--、
.      ,..-'" __,..-‐'-'‐‐-- 、 ヽ
.    /. ,.'"~         `、ヽ、
    /  /            i  |
.   | /〈             i j
.   |/ !        ,-‐‐、  l,ノ
    !  j  ,.-‐- '"       .|~i
.   r'"~;         _   | | _
 --‐l ゝ、  ,..--‐≡  ;  三' : |ノ   ̄ ̄;`
  ,:个:、j.  '゚   ,.  lヽ     .|    ̄ ̄l
 y .| l〈      / ゛ー┬'~\   |        チュリオ殿か。
.   l !.ヽ.   r'  __,.-┘  l        見ての通り、我々は市民に危害を加える意思はない。
   ヽ. ゝ \. ,.、 ̄ ̄  ̄´,.   /l        何も問題のないことを市民に伝えてくれないか?
     \へ ヽ K__,...-‐ニ^> イ ノ     i
      `ー`7 '   ,..-'"~; .l_l/      |
        ̄i ´~  ̄,..)7-'~_,.-‐‐'7   .|
.        l  ~` ̄,.-┤/_,..-‐'    .|
        j   ~ ̄,..イ          |彡
.        j    /  lヽ、      /





456 :1:2009/07/13(月) 23:19:03.82 ID:19wBNG9G0


              ,,,、-ー- 、
            ,ィ´      `ヽ
              //^ー‐'''"´``ヾ;:;:.\
           リ′ ー‐  _ ,,. i;;:;::::!
           j,,,,,__ j,r、__,,,,,,  |;:;:;:::|
              !~ー゚'j ,'´ー゚‐''  !;:;:;:::!
           !,   ! ;::.:. `` , リハ/   確かに、大砲は奥の方に引っ込めてあって装填もしていない。
           |゙, ,L_;::.:.:.  / ,'jラ!    だが、一度火が付いた民衆は、大砲があるというだけで、
               l  ! _ __,, 、 ! jレ'1    容易に信じようとしないだろう。
            ヾ ー‐   , イ  |
              `i、_  , イ /  ,」、   ここは大人しく、バスティーユを市民軍に明け渡してはいかがかな?
             ト、 ニ´ , ィ''"´  |
             |」`T"´|「 「二!,ト、_
         _,、-‐''´ヽ!j」!_,」L__,/  ``''ー- 、_
     ,ィ77"´     /7              `777ュ、
    //"´      ,//               厂´ `ヽ
  / ,/        ,//  ,r──rrrr-rュ     /     ,j


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、     /, |  |  それでは私の責務を全うしたことにならない。
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   私はこのバスティーユの責任者だ。
  |  ( ̄    ̄  '       丿l    降伏などありえない。
  .|    こ             |  |
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |




457 :1:2009/07/13(月) 23:20:06.60 ID:19wBNG9G0

              ,,,、-ー- 、
            ,ィ´      `ヽ
              //^ー‐'''"´``ヾ;:;:.\
           リ′ ー‐  _ ,,. i;;:;::::!
           j,,,,,__ j,r、__,,,,,,  |;:;:;:::|
              !~ー゚'j ,'´ー゚‐''  !;:;:;:::!
           !,   ! ;::.:. `` , リハ/
           |゙, ,L_;::.:.:.  / ,'jラ!    ですが、このままだと身の危険を感じた
               l  ! _ __,, 、 ! jレ'1     民衆が暴発する可能性も……
            ヾ ー‐   , イ  |
              `i、_  , イ /  ,」、
             ト、 ニ´ , ィ''"´  |
             |」`T"´|「 「二!,ト、_
         _,、-‐''´ヽ!j」!_,」L__,/  ``''ー- 、_
     ,ィ77"´     /7              `777ュ、
    //"´      ,//               厂´ `ヽ
  / ,/        ,//  ,r──rrrr-rュ     /     ,j







         ,...-―-、,.-,‐‐--、
.      ,..-'" __,..-‐'-'‐‐-- 、 ヽ
.    /. ,.'"~         `、ヽ、
    /  /            i  |
.   | /〈             i j
.   |/ !        ,-‐‐、  l,ノ
    !  j  ,.-‐- '"       .|~i
.   r'"~;         _   | | _
 --‐l ゝ、  ,..--‐≡  ;  三' : |ノ   ̄ ̄;`  では、攻撃をしかけられない限り、
  ,:个:、j.  '゚   ,.  lヽ     .|    ̄ ̄l   こちらからも決して攻撃はしない。
 y .| l〈      / ゛ー┬'~\   |
.   l !.ヽ.   r'  __,.-┘  l        民衆にもそう言って安心させてくれたまえ。
   ヽ. ゝ \. ,.、 ̄ ̄  ̄´,.   /l
     \へ ヽ K__,...-‐ニ^> イ ノ     i
      `ー`7 '   ,..-'"~; .l_l/      |
        ̄i ´~  ̄,..)7-'~_,.-‐‐'7   .|
.        l  ~` ̄,.-┤/_,..-‐'    .|
        j   ~ ̄,..イ          |彡
.        j    /  lヽ、      /





458 :1:2009/07/13(月) 23:20:47.63 ID:19wBNG9G0


              ,,,、-ー- 、
            ,ィ´      `ヽ
              //^ー‐'''"´``ヾ;:;:.\
           リ′ ー‐  _ ,,. i;;:;::::!
           j,,,,,__ j,r、__,,,,,,  |;:;:;:::|
              !~ー゚'j ,'´ー゚‐''  !;:;:;:::!
           !,   ! ;::.:. `` , リハ/
           |゙, ,L_;::.:.:.  / ,'jラ!
               l  ! _ __,, 、 ! jレ'1
            ヾ ー‐   , イ  |
              `i、_  , イ /  ,」、
             ト、 ニ´ , ィ''"´  |
             |」`T"´|「 「二!,ト、_
         _,、-‐''´ヽ!j」!_,」L__,/  ``''ー- 、_
     ,ィ77"´     /7              `777ュ、
    //"´      ,//               厂´ `ヽ
  / ,/        ,//  ,r──rrrr-rュ     /     ,j




チュリオはド・ローネの説得に失敗し、バスティーユを離れた。
しかしこの時、ド・ローネとの不戦の約束を外にいた群衆に話さないで市庁舎に帰ってしまう。
興奮した群衆に説明しても無駄だと思ったのか、それとも常設委員会への報告で十分だと思ったのか。
この判断が、激化する民衆と市民軍の行動の火を消す最後のチャンスをふいにする。



459 :1:2009/07/13(月) 23:21:28.26 ID:19wBNG9G0


――7月14日PM12:30

舞台は再び廃兵院……


   / ̄ ̄\
 /   ―  ―
 | U  ( ●)(●)
. |     (__人__)               あらかたの武器は回収し終わったが、
  |     ` ⌒´ノ          /l   火薬と薬莢はほとんどなかったな。
.  |         }           //    このままじゃ、宝の持ち腐れだ。
.  ヽ        }         //     常識的に考えて……
   ヽ     ノ        //
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/






         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   ……しかも、銃の半分は市民軍じゃなく、
    /   :'  ○  | .|  ○ U i   民衆が持ち去ったから、全然足りてないぞゴラァ……
    i   i     / |     i
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ     ……仕方がない。
    l:::::::::.    ノ             |     一部の者には引き続き市民への武器の提供を呼びかけて、
    |::::::::::   (●)     (●)   |    我々もバスティーユへ向かうこととしよう。
   |:::::::::::::::::   \___/     |  
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


こうしてバスティーユにいる市民軍と合流をするため廃兵院を後にするヤラナイオたち。
彼らがバスティーユに到着するまでの3時間。事態は一気に加速していく。



460 :1:2009/07/13(月) 23:22:24.51 ID:19wBNG9G0


――7月14日PM1:00

        ,~-,~-,~-,~-,~
        |_バスティーユ監獄|     
       _|_~~~~~~~~~~~~~~~~
      __i .i-.、 __  
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|




以前、ド・ローネと常設委員会の交渉は続いていたが、
外にいる市民軍や民衆の間には決起の意思が高まりつつあった。




461 :1:2009/07/13(月) 23:23:16.44 ID:19wBNG9G0

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l     貴族の犬どもは信じられないし、
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //     市長のやってることも時間の無駄だお!
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      市民を守るためバスティーユに攻め込むお!
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|







         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  よ~し!
       i      / |      I  俺たちの力を見せてやろうぜ!
        ':     /ー┤     ' |  突撃だゴラァ!
        `:、            ノ





462 :1:2009/07/13(月) 23:24:28.21 ID:19wBNG9G0


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \
       |    (__人__)     |  待ちたまえ!
       \    ` ⌒´    /   まだ、話し合いをしているのに、
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  こちらから手出しをしてはいかん!
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'


         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l     ――先生!
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    奴らはヤルオたちの苦しみの上に私腹を肥やしているお!
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      その上、命まで奪われるのは我慢ならないお!
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|





463 :1:2009/07/13(月) 23:25:12.69 ID:19wBNG9G0


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \
       |    (__人__)     |  だが、相手がいかに非道とはいえ、
       \    ` ⌒´    /   我々には法と理性に従う義務がある。
        /,,― -ー  、 , -‐ 、   抗議活動を狂気の騒乱にしてはならん!
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'





465 :1:2009/07/13(月) 23:26:11.60 ID:19wBNG9G0


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   み、見ろ!
    /   :'  ○  | .|  ○ U i   は――跳ね橋が落ちるぞ!
    i   i     / |     i
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<○>::::::<○>  \
       |    (__人__)     |  ――な、なんだと!?
       \    ` ⌒´    /   一体何があったんだ!
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'

これは、血気はやった民衆の一部が、隣接する家の屋根伝いに、
バスティーユの中庭に飛び降りて、閉ざされていた跳ね橋を支える鎖を壊し、門を下ろしたのだが、
この動きを正確に把握した人間は、外部の者にはいなかった。



466 :1:2009/07/13(月) 23:29:03.00 ID:19wBNG9G0


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  
       i      / |      I  と、ととと突入だゴラァ!
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   バスティーユに突入だ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 





468 :1:2009/07/13(月) 23:31:50.60 ID:19wBNG9G0


            /
          //  
        ///          (⌒\
       ///         ___ \  ヽ 
       (  (        /⌒.三.⌒\ \\ \ 
       \ \    /( ⑪)三(⑪)\ ト\ヽ
         \ \ /::::::⌒(__人__)⌒::: |  \ヽ   お、遅れていられないお!
          \ \.     |r┬-|    ノ  ノ  \  ヤ、ヤルオも突入だお!!!!
            \  ヽ   `ー'´   / /    
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /




              / ̄\
              |    |
  ,r'ニニニヾヽ、     .\_/    //ニニニヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))     ___|___   ((/ ̄ ̄`゙`)
 |   、ィ_ノと)'   / :::\,::、/:::\  (つ(_,,ア  |
  |   ` イ_/  / <● >:::::::< ●>\. \_Y   |   待て、ヤルオくん!
 .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /   どうしてもここを通りたいのなら、
   \  \l     i|    |!     l/  /    私を倒してから行くんだ!
     \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  /
      \  ヾ   `ー一'´  ィ    /
         ヾ、    ``"´      /
         Y           ィ
         /               ヽ




469 :1:2009/07/13(月) 23:33:02.32 ID:19wBNG9G0


         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l     どうしてですか、先生!
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    ヤルオは、ヤルオは――
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      フランス国民のために戦っているんだお!
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|





470 :1:2009/07/13(月) 23:34:06.49 ID:19wBNG9G0


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \
       |    (__人__)     |  一度タガがはずれると、行き着く先は
       \    ` ⌒´    /   理性無き感情の暴走だ!
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  私の教え子に、そのようなことはさせられないよ。
       (   , -‐ '"      )  目の前にしてな……
        `;ー" ` ー-ー -ー'





471 :1:2009/07/13(月) 23:35:22.27 ID:19wBNG9G0


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<ー>::::::<ー>  \
       |    (__人__)     |  今は熱気にあてられているだけだ。
       \    ` ⌒´    /   皆もそれを理解させて――
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'





         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  わ、罠だー!
       i      / |      I  奴ら、俺たちを袋の鼠にして殺すつもりだったゴラァ!
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ




      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   俺たちが消毒だ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 





472 :1:2009/07/13(月) 23:36:03.43 ID:19wBNG9G0


         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(○)三(○):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l     ――――!?
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///     
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<○>::::::<○>  \
       |    (__人__)     |  なん……だと……!
       \    ` ⌒´    /  
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'


一斉になだれ込んだ民衆に向けて、守備兵による発砲が開始され、多数の死傷者が出た。
民衆は味方が鎖を切断したことを知らなかったため、ド・ローネがわざと門を開き、
中庭に閉じ込めて虐殺するものだと考えてしまう。

しかし、これは突然の出来事に慌てた守備兵による自己防衛であり、
そもそも、民衆側で跳ね橋を落とさなければ起こらなかった事態だった。
だが、この誤解は市民はもとより、命令系統の利かない市民軍を巻き込んでの大騒乱に発展し、
後世、「バスティーユ襲撃」と呼ばれる民衆蜂起の口火となった。




473 :1:2009/07/13(月) 23:36:44.20 ID:19wBNG9G0


――7月14日PM2:30


              ,,、-─- 、
            ノ       ヽ
            ,rイ´`¨`^''ー''ヾ、 \
         レ'′       i   ヽ
            {    ,  ``_, ,!    |
           i _ ,,. j,,ィ<,ィで> ゙,    |
         ',´,ィでj  ``ー  ノ,イ、 !   バスティーユで守備隊と市民軍の間に衝突が起きただと!?
            1  ノ  、   イ ルノ j′
           ヾ ,!ー ''゙ ヽ    レ'^I    ふざけるな!
          l  ir==‐i   ,! .|    早く守備兵に発砲をやめるように使者を送れ!
            ゙、 ヽ二.´ ヽ  ノ _,」、
            ヽ __ ,  _/´  ハ
             ,> _/    /  ト、
            ,レ^ヽ    /   / \
             / /ヽ /    /     \
            ,イ^「  ,/     /      ,
          // | /      ,/      /
             フレッセル




  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ぜ~んぜん。収まんないよ。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

始めるのは簡単だが、終わらせるのは容易ではない。
状況は悪化するだけではなく、民衆側の怒りの矛先は、
不信を持たれていたフレッセルにも向けられ始めていた。




474 :1:2009/07/13(月) 23:37:49.08 ID:19wBNG9G0


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  市長はどっちの味方だゴラァ!
       i      / |      I  人が死んでんねんで!
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ


              ,,、-─- 、
            ノ       ヽ
            ,rイ´`¨`^''ー''ヾ、 \
         レ'′       i   ヽ
            {    ,  ``_, ,!    |
           i _ ,,. j,,ィ<,ィで> ゙,    |
         ',´,ィでj  ``ー  ノ,イ、 !   もちろん、私は民衆の味方だ!
            1  ノ  、   イ ルノ j′
           ヾ ,!ー ''゙ ヽ    レ'^I    今もバスティーユ側に戦闘停止と
          l  ir==‐i   ,! .|    開城を勧告した使者を派遣したばかりだ。
            ゙、 ヽ二.´ ヽ  ノ _,」、
            ヽ __ ,  _/´  ハ   必ず交渉はまとまるから、気を落ち着かせるんだ。
             ,> _/    /  ト、
            ,レ^ヽ    /   / \
             / /ヽ /    /     \
            ,イ^「  ,/     /      ,
          // | /      ,/      /








475 :1:2009/07/13(月) 23:38:30.89 ID:19wBNG9G0


  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < もう。銃を収めてくれよ。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\




        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  ふざけるな!
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   先に手を出してきたのはそっちじゃないか!
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |   もう、上手い話には乗らない。
  ゝ  (           ノ   |   撃て! 奴らは偽の代表だ!
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |





  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま~た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

怒り狂っていたのは民衆たちだけではなかった。
ド・ローネも怒りのあまり、常設委員会の代表団に向けて発砲。死傷者を出してしまう。



476 :1:2009/07/13(月) 23:39:46.11 ID:19wBNG9G0

       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     .|:::.   ''''''   ''''''  |
      |::::.,(一),   、(一)|
     .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
      \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´
     /  | |   / |
    /   | |  / | |
    /   l | /  | |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}              \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ               \
    `ー、、___/`"''-‐"                \
                                   \

結局、代表団の説得は失敗に終わる。
そもそも、興奮した双方が停戦に応じるわけもなく、
フレッセルの行動は、ただ無為に時間を浪費しただけであった。




477 :1:2009/07/13(月) 23:40:27.14 ID:19wBNG9G0


――7月14日PM3:30

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(○)三(○):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l     市長は裏切り者だお!
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      市長はヤルオたちを確実に殺すため、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       ド・ローネと図って中庭に入れさせたんだお!
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|








         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\        馬鹿を言うな。
      /:::::::::\ 三. /\      停戦のために派遣された代表だぞ!
    /:::::::::: <●>::::::<●> \
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   君たちと同じ場所、同じ側にいて、同じ銃撃に晒されたんだ。
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/   市長が裏切り者のハズがない!
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       くだらない「貴族の陰謀」など信じるな!!
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │





478 :1:2009/07/13(月) 23:41:09.54 ID:19wBNG9G0


         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(○)三(○):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l     だけど、みんな言っているお!
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      もう、偉い人たちの言うことは
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       何も信じられないお!
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|




479 :1:2009/07/13(月) 23:41:55.14 ID:19wBNG9G0


   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)                どうしたヤルオ!
  |     ` ⌒´ノ          /l    オプーナ先生と何を言い争っているんだ!?
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //    
   ヽ     ノ        //
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/




         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l     ヤ、ヤラナイオ!
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    ヤラナイオは、ヤルオたちの味方だお!?
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///     
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           

  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/

   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|




480 :1:2009/07/13(月) 23:43:17.14 ID:19wBNG9G0


   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)              何言っているんだ?
  |     ` ⌒´ノ          /l  廃兵院で武器を調達してきたぜ。
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //    それに、途中で近衛兵も仲間に入ってくれた。
   ヽ     ノ        //     戦闘のプロなら、上手くやってくれるぞ。
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/






            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \
       | U  (__人__)     |  近衛兵までもが、この蜂起に参加するのか!?
       \    ` ⌒´    /   もはや、何が正常な行為なのかわからなくなってきたな……
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'




481 :1:2009/07/13(月) 23:44:17.38 ID:19wBNG9G0

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /:::::U:::::::: (__人__) ::::::::\  /l     ヤラナイオ!
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //     ヤルオたちもバスティーユの中に突入するお!
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///     
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://           
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|


   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)                ああ!
  |     ` ⌒´ノ          /l    大砲も用意してある。
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //      一気にカタを付けるぜ!
   ヽ     ノ        //      
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/




482 :1:2009/07/13(月) 23:44:57.08 ID:19wBNG9G0


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<ー>::::::<ー>  \  …………。
       | U  (__人__)     |  もう、私には止められぬ。
       \    ` ⌒´    /   民衆の怒りが、このような形になるとは
        /,,― -ー  、 , -‐ 、   見誤っていたわ……
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'





483 :1:2009/07/13(月) 23:45:56.33 ID:19wBNG9G0



     -―――--- _
   /::::::::::::::::::::::::::::::::: :::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::ヽ
. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::ヽ
|::::::::::::::::::::::::::;==ニリリノル:リニ==;;)
|:::::::::::::::::::::::::::::( ● );:::::::〈::( ●)::ノ
.|:::::::::::::::::::::::::::` ̄´ ::::::: 、´ ̄`::::ヽ
f ̄ヽ:::::::::::::::::::::   i:::::::::. ヽ::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|::|~::::::::::::::::::::::   ,(::::..●:::●:)ゝ:::::| < ワンモアセッ!
ヽ::::::::::::::::::::  /:::::::::__、, _;;:::::ヽ:::ノ  | さあ、みんな!
 i::::::::::::::::::::::`ー-=========‐-'::::ノ  | バスティーユを陥落させるぞ!
...::|:`::::ヽ:::::::::::ヽ::ゞ:、___ ノ::::ノ   \_______
...:::|::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;;;;:::::::::::/:::/



      ジャコブ・エリー



ブルボン朝の貴族。王妃付の近衛兵として歩兵部隊の旗手であったが、市民軍に呼応した。



484 :1:2009/07/13(月) 23:46:51.26 ID:19wBNG9G0


: : /            . : : :〃人
/                . : } }}{  `ー=彡  / {     \
    . : ::     ハ . : \ノノ从  . : / : :{ {\__,ノ : :ヽ
   . : : :    . : }  ー=彡へ.._ `ーくヽヽ : :}:::} ー=彡 : : :
   : : :/  . : : ノ   キf'㌫ァ‐-ミ  } } } 、_ノノ^ ーァく :{: :
 . : : /  . : : /   . ::ノ Xー′   ノノノ. :/_ `=彡  . :}:
. : : : {   : : :{   〃´    `~^   ー=彡イ㌫>/_,ノ . : :ノ |
: : : : ハ  : : : :\ {(_ノ            |¬' ァ′ ー=彡乂    大砲の照準を悪の巣窟に合わせるんだ!
: :__ノノ}   : : : : ヽ`=彡          | /^'ー=彡イ{
: : /丿   : : : : ||ニ、           _」 '人, ィ . : ;ハ
: : /     . : : } : :}} : :ヽ ¬f≠x. __ '´ /(キ }f^¬く: : }
. :′   . : : _ノ: :ノヘ: : :}  `辷ーァ⌒¬ァ{^ ーf)Y⌒7てノ
: :   . : //{_,{⌒}:} : :l、     ̄   //ヘ vく,_^ーヘ丿
:}{   : :/: :(: :{\__ア : :|:\      {^'く {キハ V ⌒^´ ノ
八  :{: : : ヽ; ー=彡}: /ー个ー-イ{\ ヽ{ ∧ Vー=彡イ
: : \ \ : : :` ー‐くノ:/::::::::ノ: :/:} :{: :\ヽ. \ハ. } . : : 丿



ピエール=オーギュスタン・ユラン(1758年 - 1841年)



ブルボン朝の貴族。王妃付の近衛兵の伍長。
「ベルサイユのバラ」のオスカルのモデルとなる人物である。



485 :1:2009/07/13(月) 23:47:33.35 ID:19wBNG9G0


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  命知らずの勇者は大砲を運べ!
       i      / |      I  一気に決着をつけるぞゴラァ!
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ





486 :1:2009/07/13(月) 23:48:15.34 ID:19wBNG9G0

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::\三三/\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    命知らずの勇者とはヤルオのことだお!
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      自由と平等のために、ヤルオは――
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       ヤルオは命を捨てるお!
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|



   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)               ヤルオだけを危険な目にあわせるか!
  |     ` ⌒´ノ          /l   友人として、俺も命を捨てるだろ!
.  |         }           //    常識的に考えて!!!
.  ヽ        }         //
   ヽ     ノ        //
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/





487 :1:2009/07/13(月) 23:48:56.01 ID:19wBNG9G0


       _
     /:::::::::`丶
.   ,'::::::::::::::::::::::',
   ,!:.、_:‐:-:__,:.:.,l、   その心意気だ!
    {i:.riッ:i:i:.tiぅ:.:{f!    次は荷車に乗せた大砲を中庭に運び入れろ!
   ゙'、:.:.r{:lュ、:.:.:,K-;- 、
    ヾ:、―ッ:'/:.:.:/; ;  ̄了二>-、
  ,.-rュ_ヽ二:ノ:.:.:/; ; ',  {:.:.:.:`丶:.:.>―-、__,. '⌒丶、
 {  ``<)`::y::/ ;' ;  '、 '、:.:.:.:.ノ:.:.:.:::::::::::::::/_,.イ::T:>、)
. ',   「` ̄´  ; '、 丶  ヽf´、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y_iうししし'
 /|    !:'     ;.       ヽニl ̄ ̄`` ー`´―一'′
 ',j    |:     ,'、        l
  l、__,!     ; ',        ',
  ,!:::.:i:.:.'、   ,'  '、       ',
 /:::.:.l!:.:.:iゝ、                 ',
 !::::.:.l|:.:.:.:〉 ヽ             ,l、
 `、:.:ノ、:./   ',           ,.ィl}}
  ヽ、:ノ    、_____,,..ィfl{|jレ<'ヽ
          ハti{{lIIエ王l彡手'´,ヽ l: :',
        /: :ヾ: {:.{ ̄: ,': : /: :ノ: ||: :',
          /: : : ',:ヽ、ト、: : : :/: /: : t '、: :',
       /: : : :_:_:ノヾ{: : : (: /: : : : ヽヽ: :',
       /-‐ '´  ;_  'i,: : : :ヘ:ノ: : : : :.ヽヽ:!
      ノ  ,. - '´:.:.', 、:',: /`メ、: : : : : : ゝ-'、
      `7´:.:.:.:.:.:.:.:.:l ト、从‐-,、丶--‐ ' 人l
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ⌒´ ヽ: {ヽ、  _,. -{
     ,':.:.:.:.:.:.:.:.:/    丶! ト-‐':.:.:.:.:.|
      {:::::...:.:.:.:/




488 :1:2009/07/13(月) 23:49:48.12 ID:19wBNG9G0


                                    , -───-= 、
                   ___           /         ノ.し
ヤルお!        ノ.し ̄ ̄ ̄ ̄ ' ‐ 、     /            "⌒\
            /"⌒          \   /               ヽ ヤラナイでか!
           /   ;          、  \ /                ヽ 
         /  ,,、 ∪           )(_   ヽ             )(_      丶      
        /    `\、ノ       ⌒ `    ヽ   、      ⌒ `      l
        l     ( ● )"  (、_ニ-‐ ̄"´  ,    i _`\、ノ       ⌒ `   |
       |    "⌒゙      ( ● )  _ノ(    | ● )    (、_ニ-‐ ̄"´  /
        \    (__人   )"⌒゙`  ⌒ヽ   l         (● )     /
           ,>、   ヽ  `"ソ′  ;       /     j            /
        /   \   )r‐r‐/    ∪  /´⌒`゙ヽ-‐'"ヽ.    )     /
      /      ヽ `ー-'′     '       i` ー-`ー-一'′     /、
     /          `゙ー-- 〝             l               /ノ.:.\
   /    、   ``ー- 、, -一 "   、       |!           ,//.:.:.:.:.:.:.\



2 :1 :2009/07/14(火) 00:01:23.52 ID:08mRI1o0


     -―――--- _
   /::::::::::::::::::::::::::::::::: :::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::ヽ
. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::ヽ
|::::::::::::::::::::::::::;==ニリリノル:リニ==;;)
|:::::::::::::::::::::::::::::( ● );:::::::〈::( ●)::ノ
.|:::::::::::::::::::::::::::` ̄´ ::::::: 、´ ̄`::::ヽ
f ̄ヽ:::::::::::::::::::::   i:::::::::. ヽ::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|::|~::::::::::::::::::::::   ,(::::..●:::●:)ゝ:::::| <
ヽ::::::::::::::::::::  /:::::::::__、, _;;:::::ヽ:::ノ  | VICTORY!!
 i::::::::::::::::::::::`ー-=========‐-'::::ノ  | 
...::|:`::::ヽ:::::::::::ヽ::ゞ:、___ ノ::::ノ   \_______
...:::|::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;;;;:::::::::::/:::/


: : /            . : : :〃人
/                . : } }}{  `ー=彡  / {     \
    . : ::     ハ . : \ノノ从  . : / : :{ {\__,ノ : :ヽ
   . : : :    . : }  ー=彡へ.._ `ーくヽヽ : :}:::} ー=彡 : : :
   : : :/  . : : ノ   キf'㌫ァ‐-ミ  } } } 、_ノノ^ ーァく :{: :
 . : : /  . : : /   . ::ノ Xー′   ノノノ. :/_ `=彡  . :}:
. : : : {   : : :{   〃´    `~^   ー=彡イ㌫>/_,ノ . : :ノ |   見事だ!
: : : : ハ  : : : :\ {(_ノ            |¬' ァ′ ー=彡乂   彼らの危険を顧みない行動によって、
: :__ノノ}   : : : : ヽ`=彡          | /^'ー=彡イ{    大砲が主門に合わされた!
: : /丿   : : : : ||ニ、           _」 '人, ィ . : ;ハ   こちらの勝ちだ!
: : /     . : : } : :}} : :ヽ ¬f≠x. __ '´ /(キ }f^¬く: : }
. :′   . : : _ノ: :ノヘ: : :}  `辷ーァ⌒¬ァ{^ ーf)Y⌒7てノ
: :   . : //{_,{⌒}:} : :l、     ̄   //ヘ vく,_^ーヘ丿
:}{   : :/: :(: :{\__ア : :|:\      {^'く {キハ V ⌒^´ ノ
八  :{: : : ヽ; ー=彡}: /ー个ー-イ{\ ヽ{ ∧ Vー=彡イ
: : \ \ : : :` ー‐くノ:/::::::::ノ: :/:} :{: :\ヽ. \ハ. } . : : 丿


7 :1 :2009/07/14(火) 00:14:33.05 ID:08mRI1oo


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  主門に大砲が――!?
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   な、何ということだ……
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |



          //_____
      /| /:::::::::::::::::::::::::∠_____
      /::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |:::::::::::::::::::/ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/ヽ:::::/      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |   V       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ   l  ___ <, ---、::::::::::::::::::::| 降伏してください!
   ヾ=。'l`| cロ ュ   T   : 日|:::::::::::::::::::| 奴らは、我々から撃たれて気が立っています!
  ∠,「 ラ ヽ__√ ̄| : 日|:::::::::::::::< 
  /::::|く、  _,、     `ー、‐'::::::::::::::::::::| 俺たちは、こんなことで死にたくありません!
∠-::::::::l、  ̄       //   \:::::::::::::::::::| 
 /__ ,\    //     `ー--二\________
 / / / / ヽ-‐ /   __      // |  |  |
 | |  | l、  ̄ー' ̄ ̄ ̄____//  |  |  |
 | |, ‐ゝ- 二二二二二--――――<\  |  |  |
 | /::::::::::::::::::| |::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::\\|  |  |
      バスティーユ守備兵


8 :1 :2009/07/14(火) 00:15:25.97 ID:08mRI1oo


――7月14日PM5:00

        ,~-,~-,~-,~-,~
        |_バスティーユ監獄|     
       _|_~~~~~~~~~~~~~~~~
      __i .i-.、 __  
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|

この事態にド・ローネだけではなく、兵士たちも敗北を悟った。
だが、多数の死傷者を出している民衆・市民軍がやすやすと降伏を認めるとは思えなかった。


9 :1 :2009/07/14(火) 00:16:54.64 ID:08mRI1oo

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   ド・ローネからこちらに通達が来たぞ……
    /   :'  ○  | .|  ○ U i   
    i   i     / |     i
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ


         ,...-―-、,.-,‐‐--、
.      ,..-'" __,..-‐'-'‐‐-- 、 ヽ
.    /. ,.'"~         `、ヽ、
    /  /            i  |
.   | /〈             i j      我々には20トンの火薬がある。
.   |/ !        ,-‐‐、  l,ノ      もし君たちが我々の降伏を認めなければ、
    !  j  ,.-‐- '"       .|~I      我々は守備兵もろとも、この地域全体を爆破するだろう。
.   r'"~;         _   | | _
 --‐l ゝ、  ,..--‐≡  ;  三' : |ノ   ̄ ̄;`                  午後5時。ド・ローネ。
  ,:个:、j.  '゚   ,.  lヽ     .|    ̄ ̄l
 y .| l〈      / ゛ー┬'~\   |
.   l !.ヽ.   r'  __,.-┘  l
   ヽ. ゝ \. ,.、 ̄ ̄  ̄´,.   /l
     \へ ヽ K__,...-‐ニ^> イ ノ     i
      `ー`7 '   ,..-'"~; .l_l/      |
        ̄i ´~  ̄,..)7-'~_,.-‐‐'7   .|
.        l  ~` ̄,.-┤/_,..-‐'    .|
        j   ~ ̄,..イ          |彡
.        j    /  lヽ、      /

このままでは虐殺されると考え、守備隊全員の身の保障を図るために
爆破を行うつもりがあると脅迫するが――

10 :1 :2009/07/14(火) 00:17:53.00 ID:08mRI1oo


              ,. -─────────‐- .、:::::::::::.::::..:::::::::.:..::::::::::::::::::::::::::ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\.::.::::::..::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::l! l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::
           /                     \.:.::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \::.::::::::::::::::::::::::__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \::::::::::::::r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \::::::::: ヽ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \:::::::.: \ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \::.::::::::.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ:::::: :: l! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
  |               |      |      |              |..::::::::l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
  |               \__/\__/               |..:::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
  |                |       |               |: .:::::l! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  / -
  |                |r─‐┬──、|                |::..::::::l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
  ヽ                |/   |    |              / ..::::::!_ /::| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
    \              \      /             / : .::::::::::::;:::::::| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             / ..:..:.::.:.:::::;,;::.:::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i:: :.〈__/:::::::


11 :1 :2009/07/14(火) 00:18:51.14 ID:08mRI1oo


       ノ L_____        
       ⌒:::\:::::/::\   これは死ぬ死ぬ詐欺だお!
      / <●>::::<●>\ ,自分から死ぬといって、死ぬ奴はいないお!!!
     /    (__人__)   \,                     ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、    
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '   
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !


   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)               俺もヤルオの言葉に同意見だ。
  |     ` ⌒´ノ          /l    降伏は認めるが、不用意な妥協は
.  |         }           //    許すつもりはないぜ、常識的に考えて……
.  ヽ        }         //
   ヽ     ノ        //
   /    く        //
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/


12 :1 :2009/07/14(火) 00:20:05.43 ID:08mRI1oo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   妥協は敵だ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 



          //_____
      /| /:::::::::::::::::::::::::∠_____
      /::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |:::::::::::::::::::/ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/ヽ:::::/      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |   V       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ   l  ___ <, ---、::::::::::::::::::::| 民衆の怒りは収まりません!
   ヾ=。'l`| cロ ュ   T   : 日|:::::::::::::::::::| 
  ∠,「 ラ ヽ__√ ̄| : 日|:::::::::::::::< こうなったら打って出て、
  /::::|く、  _,、     `ー、‐'::::::::::::::::::::| 火中に期を見出しましょう!
∠-::::::::l、  ̄       //   \:::::::::::::::::::| 
 /__ ,\    //     `ー--二\________
 / / / / ヽ-‐ /   __      // |  |  |
 | |  | l、  ̄ー' ̄ ̄ ̄____//  |  |  |
 | |, ‐ゝ- 二二二二二--――――<\  |  |  |
 | /::::::::::::::::::| |::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::\\|  |  |



13 :1 :2009/07/14(火) 00:21:07.41 ID:08mRI1oo


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  いや、これで終わりだ!
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   ワシらは嬲り殺しにされるんだ!
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |   こうなったら爆破だ!
  ゝ  (           ノ   |   爆破!
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |



          //_____
      /| /:::::::::::::::::::::::::∠_____
      /::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |:::::::::::::::::::/ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/ヽ:::::/      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |   V       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ   l  ___ <, ---、::::::::::::::::::::| お、お止めください!
   ヾ=。'l`| cロ ュ   T   : 日|:::::::::::::::::::| 
  ∠,「 ラ ヽ__√ ̄| : 日|:::::::::::::::< バスティーユを爆破したとなると、
  /::::|く、  _,、     `ー、‐'::::::::::::::::::::| 我々の死は当然として、被害を受けた
∠-::::::::l、  ̄       //   \:::::::::::::::::::| 民衆は、ますます過激な蜂起に走るでしょう……
 /__ ,\    //     `ー--二\________
 / / / / ヽ-‐ /   __      // |  |  |
 | |  | l、  ̄ー' ̄ ̄ ̄____//  |  |  |
 | |, ‐ゝ- 二二二二二--――――<\  |  |  |
 | /::::::::::::::::::| |::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::\\|  |  |



14 :1 :2009/07/14(火) 00:21:59.06 ID:08mRI1oo


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  ……わかった。それでは降伏をする。
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   一縷の望みを彼らの良心に託すとするか……
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |



15 :1 :2009/07/14(火) 00:22:52.51 ID:08mRI1oo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   み、見ろ!
    /   :'  ○  | .|  ○ U i   監獄の内部に入る門が、
    i   i     / |     I   開いていくぞ……
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ





         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::ー三三ー\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l     と、いうことは――
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    ヤルオたちが勝ったのかお……?
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|





   / ̄ ̄\
 /   ―  ―
 | U  ( ●)(●)
. |     (__人__)               ああ……降伏したんだ。
  |     ` ⌒´ノ          /l   遂にバスティーユを陥落させたぞ!
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //     常識的に考えて……
   ヽ     ノ        //      常識的に考えて……
   /    く        //        常識的に考えられない勝利だ!!!
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/


16 :1 :2009/07/14(火) 00:24:01.60 ID:08mRI1oo

――7月14日、時間にして4時間余。午後から始まった襲撃は終わりを告げた。
民衆側の死者は98名。負傷者は73名。
守備側の死者1名。負傷者3名。
多大な犠牲を払いながらも、市民による王政への反抗となる大きな一歩がここに記された。


        ,~-,~-,~-,~-,~
        |_バスティーユ監獄|     
       _|_~~~~~~~~~~~~~~~~
      __i .i-.、 __  
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|


かつて、この襲撃を王政に反抗した重要な囚人を救出するため、
義憤に駆られた襲撃とする説が左翼的な史観では見受けられたが、
当時、バスティーユにいたのは4人の手形偽造犯。
シーザーと名乗る変人でスパイ容疑のあるアイルランド人。
ルイ15世の暗殺計画者の関係者。
家族の要望で逮捕された殺人容疑の伯爵。
といった具合で、さほど重要な政治犯がいたわけではなかった。
また、ド・ローネは虐待なども行わない監守であり、
これは陥落後の蛮行を正当化するためのプロパガンダもしくは、
革命を貶めようとする悪意の作り話と考えられている。




17 :1 :2009/07/14(火) 00:25:31.64 ID:08mRI1oo



――7月14日PM6:00


       _
     /:::::::::`丶
.   ,'::::::::::::::::::::::',   バスティーユ司令ド・ローネ殿。
   ,!:.、_:‐:-:__,:.:.,l、   貴殿の身の保障は私たちが約束します。
    {i:.riッ:i:i:.tiぅ:.:{f!   市庁舎へ同行を願います。
   ゙'、:.:.r{:lュ、:.:.:,K-;- 、
    ヾ:、―ッ:'/:.:.:/; ;  ̄了二>-、
  ,.-rュ_ヽ二:ノ:.:.:/; ; ',  {:.:.:.:`丶:.:.>―-、__,. '⌒丶、
 {  ``<)`::y::/ ;' ;  '、 '、:.:.:.:.ノ:.:.:.:::::::::::::::/_,.イ::T:>、)
. ',   「` ̄´  ; '、 丶  ヽf´、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y_iうししし'
 /|    !:'     ;.       ヽニl ̄ ̄`` ー`´―一'′
 ',j    |:     ,'、        l
  l、__,!     ; ',        ',
  ,!:::.:i:.:.'、   ,'  '、       ',
 /:::.:.l!:.:.:iゝ、                 ',
 !::::.:.l|:.:.:.:〉 ヽ             ,l、
 `、:.:ノ、:./   ',           ,.ィl}}
  ヽ、:ノ    、_____,,..ィfl{|jレ<'ヽ
          ハti{{lIIエ王l彡手'´,ヽ l: :',
        /: :ヾ: {:.{ ̄: ,': : /: :ノ: ||: :',
          /: : : ',:ヽ、ト、: : : :/: /: : t '、: :',
       /: : : :_:_:ノヾ{: : : (: /: : : : ヽヽ: :',
       /-‐ '´  ;_  'i,: : : :ヘ:ノ: : : : :.ヽヽ:!
      ノ  ,. - '´:.:.', 、:',: /`メ、: : : : : : ゝ-'、
      `7´:.:.:.:.:.:.:.:.:l ト、从‐-,、丶--‐ ' 人l
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ⌒´ ヽ: {ヽ、  _,. -{
     ,':.:.:.:.:.:.:.:.:/    丶! ト-‐':.:.:.:.:.|
      {:::::...:.:.:.:/


: : /            . : : :〃人
/                . : } }}{  `ー=彡  / {     \
    . : ::     ハ . : \ノノ从  . : / : :{ {\__,ノ : :ヽ
   . : : :    . : }  ー=彡へ.._ `ーくヽヽ : :}:::} ー=彡 : : :
   : : :/  . : : ノ   キf'㌫ァ‐-ミ  } } } 、_ノノ^ ーァく :{: :
 . : : /  . : : /   . ::ノ Xー′   ノノノ. :/_ `=彡  . :}:
. : : : {   : : :{   〃´    `~^   ー=彡イ㌫>/_,ノ . : :ノ |   いいか!
: : : : ハ  : : : :\ {(_ノ            |¬' ァ′ ー=彡乂   我らは暴徒じゃない!
: :__ノノ}   : : : : ヽ`=彡          | /^'ー=彡イ{    自由のために戦った高潔な戦士だ。
: : /丿   : : : : ||ニ、           _」 '人, ィ . : ;ハ   市庁舎まで冷静に行動するんだぞ!
: : /     . : : } : :}} : :ヽ ¬f≠x. __ '´ /(キ }f^¬く: : }
. :′   . : : _ノ: :ノヘ: : :}  `辷ーァ⌒¬ァ{^ ーf)Y⌒7てノ
: :   . : //{_,{⌒}:} : :l、     ̄   //ヘ vく,_^ーヘ丿
:}{   : :/: :(: :{\__ア : :|:\      {^'く {キハ V ⌒^´ ノ
八  :{: : : ヽ; ー=彡}: /ー个ー-イ{\ ヽ{ ∧ Vー=彡イ
: : \ \ : : :` ー‐くノ:/::::::::ノ: :/:} :{: :\ヽ. \ハ. } . : : 丿

18 :1 :2009/07/14(火) 00:26:39.28 ID:08mRI1oo

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::ー三三ー\   
    /:::::::::(●)三(●):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l    ヤルオたちの仲間があんなに殺されたのに、
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //    なんでこんな奴の命を救うお?
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///      
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://       こいつは、市民の敵だお!
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|


   / ̄ ̄\
 /   ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)               いや、待て。
  |     ` ⌒´ノ           /l  俺も興奮しすぎていたが、冷静さを取り戻したぜ。
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //     ド・ローネだって、この監獄の責任者だったんだ。
   ヽ     ノ        //      懸命に守ったのも職務なんだから仕方ないだろ。
   /    く        //       常識的に考えて……
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/


19 :1 :2009/07/14(火) 00:27:53.36 ID:08mRI1oo


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。   でも……でも、人がたくさん死んだお!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   ……その人たちの無念は誰が償うんだお!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。   ヤルオは、許せないお!
   / ,_ \ \/\ \    …………う、ううう……うあああ……
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.   ううおおおあああ……!


20 :1 :2009/07/14(火) 00:28:50.98 ID:08mRI1oo


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<ー>::::::<ー>  \
       |    (__人__)     |  ……ヤルオくん。
       \    ` ⌒´    /   大人になって、キミは成長したな。
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'



      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \    え……
   /  (●)  (●)  \.  オプーナ先生……?
   |    (__人__)    | 
   \    ` ⌒´    /
   /              \


21 :1 :2009/07/14(火) 00:29:58.78 ID:08mRI1oo


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<ー>::::::<●>  \
       |    (__人__)     |  キミはどちらかといえば自分勝手で、
       \    ` ⌒´    /   他人の気持ちに無頓着な子供だった。
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  だが、キミは自らの危険を顧みずに
       (   , -‐ '"      )  民衆と共に戦った。
        `;ー" ` ー-ー -ー'


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)               そうだ。
  |     ` ⌒´ノ           /l  俺なんかよりもすごい活躍だったぜ、ヤルオ。
.  |         }           //   
.  ヽ        }         //     だから、何でも背負い込むな。
   ヽ     ノ        //      後は、国民議会の人たちが上手くやってくれる!
   /    く        //       
   |     \     //
    |    |ヽ、二⌒)/


22 :1 :2009/07/14(火) 00:31:01.50 ID:08mRI1oo


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \     ヤラナイオ…………。
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;:::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ:::::::::::::/ /        '、 ヽ:::::::::::::/ /      \
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            |  
     \          人        ヽ   ´    `  '             /  
       \           ( し.)                                 /   
        \       `¨                           /     


23 :1 :2009/07/14(火) 00:32:22.17 ID:08mRI1oo


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<ー>::::::<ー>  \  改めてキミたちに言おう!
       |    (__人__)     |  冷静な行動を取れ!
       \    ` ⌒´    /   熱狂は、悲劇を惨劇に変える、
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  唯一の劇薬だ……
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'


24 :1 :2009/07/14(火) 00:33:13.60 ID:08mRI1oo


だが、熱狂に浮かされた民衆の憎悪は、この死傷者の不均衡も相まって頂点に達していた。


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   汚物は消毒だ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 






         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  この人殺しが!
       i      / |      I  俺の友達の友達の、そのまた友達を返せ!
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ


25 :1 :2009/07/14(火) 00:34:12.69 ID:08mRI1oo


     -―――--- _
   /::::::::::::::::::::::::::::::::: :::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::ヽ
. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::ヽ
|::::::::::::::::::::::::::;==ニリリノル:リニ==;;)
|:::::::::::::::::::::::::::::( ● );:::::::〈::( ●)::ノ
.|:::::::::::::::::::::::::::` ̄´ ::::::: 、´ ̄`::::ヽ
f ̄ヽ:::::::::::::::::::::   i:::::::::. ヽ::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|::|~::::::::::::::::::::::   ,(::::..●:::●:)ゝ:::::| < やめるんだ!
ヽ::::::::::::::::::::  /:::::::::__、, _;;:::::ヽ:::ノ  | この悲劇は彼だけのせいじゃない!
 i::::::::::::::::::::::`ー-=========‐-'::::ノ  | 
...::|:`::::ヽ:::::::::::ヽ::ゞ:、___ ノ::::ノ   \_______
...:::|::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;;;;:::::::::::/:::/






: : /            . : : :〃人
/                . : } }}{  `ー=彡  / {     \
    . : ::     ハ . : \ノノ从  . : / : :{ {\__,ノ : :ヽ
   . : : :    . : }  ー=彡へ.._ `ーくヽヽ : :}:::} ー=彡 : : :
   : : :/  . : : ノ   キf'㌫ァ‐-ミ  } } } 、_ノノ^ ーァく :{: :
 . : : /  . : : /   . ::ノ Xー′   ノノノ. :/_ `=彡  . :}:
. : : : {   : : :{   〃´    `~^   ー=彡イ㌫>/_,ノ . : :ノ |   お前たちの怒りはわかる!
: : : : ハ  : : : :\ {(_ノ            |¬' ァ′ ー=彡乂   だが、彼を非難したところで、何も変わらないぞ!
: :__ノノ}   : : : : ヽ`=彡          | /^'ー=彡イ{    
: : /丿   : : : : ||ニ、           _」 '人, ィ . : ;ハ   
: : /     . : : } : :}} : :ヽ ¬f≠x. __ '´ /(キ }f^¬く: : }
. :′   . : : _ノ: :ノヘ: : :}  `辷ーァ⌒¬ァ{^ ーf)Y⌒7てノ
: :   . : //{_,{⌒}:} : :l、     ̄   //ヘ vく,_^ーヘ丿
:}{   : :/: :(: :{\__ア : :|:\      {^'く {キハ V ⌒^´ ノ
八  :{: : : ヽ; ー=彡}: /ー个ー-イ{\ ヽ{ ∧ Vー=彡イ
: : \ \ : : :` ー‐くノ:/::::::::ノ: :/:} :{: :\ヽ. \ハ. } . : : 丿


26 :1 :2009/07/14(火) 00:35:14.04 ID:08mRI1oo


ド・ローネは罵詈雑言を浴びせられ、何度も暴行を受ける寸前までいった。
だが、そのような状況の中でもジャコブ・エリーとユランは必死で彼を守ったのだ。


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   おいおい! この貴族さまも敵じゃないのか!?
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 






        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  (く……このままでは、私だけではなく、
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   彼らまでもが殺されてしまう!)
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |



27 :1 :2009/07/14(火) 00:36:14.45 ID:08mRI1oo


          //_____
      /| /:::::::::::::::::::::::::∠_____
      /::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |:::::::::::::::::::/ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/ヽ:::::/      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |   V       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ   l  ___ <, ---、::::::::::::::::::::| くそっ……。
   ヾ=。'l`| cロ ュ   T   : 日|:::::::::::::::::::| 
  ∠,「 ラ ヽ__√ ̄| : 日|:::::::::::::::< これも、貴方が判断を誤ったせいで
  /::::|く、  _,、     `ー、‐'::::::::::::::::::::| こうなってしまったんだ!
∠-::::::::l、  ̄       //   \:::::::::::::::::::| どうするつもりだ!
 /__ ,\    //     `ー--二\________
 / / / / ヽ-‐ /   __      // |  |  |
 | |  | l、  ̄ー' ̄ ̄ ̄____//  |  |  |
 | |, ‐ゝ- 二二二二二--――――<\  |  |  |
 | /::::::::::::::::::| |::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::\\|  |  |


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  (わかっている……。
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   私が全ての責を取ろう……!)
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |


28 :1 :2009/07/14(火) 00:37:11.32 ID:08mRI1oo


         ,...-―-、,.-,‐‐--、
.      ,..-'" __,..-‐'-'‐‐-- 、 ヽ
.    /. ,.'"~         `、ヽ、
    /  /            i  |
.   | /〈             i j
.   |/ !        ,-‐‐、  l,ノ
    !  j  ,.-‐- '"       .|~i
.   r'"~;         _   | | _
 --‐l ゝ、  ,..--‐≡  ;  三' : |ノ   ̄ ̄;`  おい、貴様!
  ,:个:、j.  '゚   ,.  lヽ     .|    ̄ ̄l   そこのお前だ!
 y .| l〈      / ゛ー┬'~\   |
.   l !.ヽ.   r'  __,.-┘  l
   ヽ. ゝ \. ,.、 ̄ ̄  ̄´,.   /l
     \へ ヽ K__,...-‐ニ^> イ ノ     i
      `ー`7 '   ,..-'"~; .l_l/      |
        ̄i ´~  ̄,..)7-'~_,.-‐‐'7   .|
.        l  ~` ̄,.-┤/_,..-‐'    .|
        j   ~ ̄,..イ          |彡
.        j    /  lヽ、      /


29 :1 :2009/07/14(火) 00:38:03.73 ID:08mRI1oo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   何だ! 偉そうな口をききやがって!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 







         ,...-―-、,.-,‐‐--、
.      ,..-'" __,..-‐'-'‐‐-- 、 ヽ
.    /. ,.'"~         `、ヽ、
    /  /            i  |
.   | /〈             i j
.   |/ !        ,-‐‐、  l,ノ
    !  j  ,.-‐- '"       .|~i
.   r'"~;         _   | | _
 --‐l ゝ、  ,..--‐≡  ;  三' : |ノ   ̄ ̄;`  貴様のような下賤の者は、私を[ピーーー]勇気もないようだな?
  ,:个:、j.  '゚   ,.  lヽ     .|    ̄ ̄l   さっさと殺したらどうだ!?
 y .| l〈      / ゛ー┬'~\   |
.   l !.ヽ.   r'  __,.-┘  l
   ヽ. ゝ \. ,.、 ̄ ̄  ̄´,.   /l
     \へ ヽ K__,...-‐ニ^> イ ノ     i
      `ー`7 '   ,..-'"~; .l_l/      |
        ̄i ´~  ̄,..)7-'~_,.-‐‐'7   .|
.        l  ~` ̄,.-┤/_,..-‐'    .|
        j   ~ ̄,..イ          |彡
.        j    /  lヽ、      /


30 :1 :2009/07/14(火) 00:39:35.84 ID:08mRI1oo


: : /            . : : :〃人
/                . : } }}{  `ー=彡  / {     \
    . : ::     ハ . : \ノノ从  . : / : :{ {\__,ノ : :ヽ
   . : : :    . : }  ー=彡へ.._ `ーくヽヽ : :}:::} ー=彡 : : :
   : : :/  . : : ノ   キf'㌫ァ‐-ミ  } } } 、_ノノ^ ーァく :{: :
 . : : /  . : : /   . ::ノ Xー′   ノノノ. :/_ `=彡  . :}:
. : : : {   : : :{   〃´    `~^   ー=彡イ㌫>/_,ノ . : :ノ |   ド・ローネ殿!?
: : : : ハ  : : : :\ {(_ノ            |¬' ァ′ ー=彡乂
: :__ノノ}   : : : : ヽ`=彡          | /^'ー=彡イ{    何を言うのです!!
: : /丿   : : : : ||ニ、           _」 '人, ィ . : ;ハ
: : /     . : : } : :}} : :ヽ ¬f≠x. __ '´ /(キ }f^¬く: : }
. :′   . : : _ノ: :ノヘ: : :}  `辷ーァ⌒¬ァ{^ ーf)Y⌒7てノ
: :   . : //{_,{⌒}:} : :l、     ̄   //ヘ vく,_^ーヘ丿
:}{   : :/: :(: :{\__ア : :|:\      {^'く {キハ V ⌒^´ ノ
八  :{: : : ヽ; ー=彡}: /ー个ー-イ{\ ヽ{ ∧ Vー=彡イ
: : \ \ : : :` ー‐くノ:/::::::::ノ: :/:} :{: :\ヽ. \ハ. } . : : 丿



31 :1 :2009/07/14(火) 00:40:33.54 ID:08mRI1oo


        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |  私は貴族だ!
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   死ぬことなど恐れはしない!
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  |   さあ、殺してみろ!!!
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |




      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   てめえ! ぶっ殺してやるぜ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 



33 :1 :2009/07/14(火) 00:41:33.18 ID:08mRI1oo


: : /            . : : :〃人
/                . : } }}{  `ー=彡  / {     \
    . : ::     ハ . : \ノノ从  . : / : :{ {\__,ノ : :ヽ
   . : : :    . : }  ー=彡へ.._ `ーくヽヽ : :}:::} ー=彡 : : :
   : : :/  . : : ノ   キf'㌫ァ‐-ミ  } } } 、_ノノ^ ーァく :{: :
 . : : /  . : : /   . ::ノ Xー′   ノノノ. :/_ `=彡  . :}:
. : : : {   : : :{   〃´    `~^   ー=彡イ㌫>/_,ノ . : :ノ |   や、やめろ――!
: : : : ハ  : : : :\ {(_ノ            |¬' ァ′ ー=彡乂
: :__ノノ}   : : : : ヽ`=彡          | /^'ー=彡イ{
: : /丿   : : : : ||ニ、           _」 '人, ィ . : ;ハ
: : /     . : : } : :}} : :ヽ ¬f≠x. __ '´ /(キ }f^¬く: : }
. :′   . : : _ノ: :ノヘ: : :}  `辷ーァ⌒¬ァ{^ ーf)Y⌒7てノ
: :   . : //{_,{⌒}:} : :l、     ̄   //ヘ vく,_^ーヘ丿
:}{   : :/: :(: :{\__ア : :|:\      {^'く {キハ V ⌒^´ ノ
八  :{: : : ヽ; ー=彡}: /ー个ー-イ{\ ヽ{ ∧ Vー=彡イ
: : \ \ : : :` ー‐くノ:/::::::::ノ: :/:} :{: :\ヽ. \ハ. } . : : 丿






        _,, -――- 、、
      ,,-'' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ヽ、
    /         ヽ、  ヽ
    /,-=   ' ̄ ̄`   ノ    ヽ
   .| ,ty    iテヽ  `i ヾ 、 .|
   i '  ,i     ̄ `  l,ー、ヽ |
   ,i'  、 _,   、  U  /, |  |
  / 、  ,,_   ,ヽ.     ip, |_ノ   ぐ……ぐふっ!!
  |  ( ̄    ̄  '       丿l
  .|    こ             |  | 
  ゝ  (           ノ   |
   ヽ ` -ー' ″ ,_____ノ
    |' |==ー┌====|   =_=コ  |
    | .|::::::::| | |::::::::::|  ロニロ」  |

ド・ローネは、市庁舎の前に来たところで菓子職人の男といさかいを起こして剣で指されてしまう。
更には体中を剣で刺されたあげく、最後は銃によって処刑された。

34 :1 :2009/07/14(火) 00:42:26.12 ID:08mRI1oo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   汚物の首を取ってやったぜ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 

ド・ローネの首は切り落とされ、その菓子職人の槍の先に突き刺されて晒された。


35 :1 :2009/07/14(火) 00:43:17.57 ID:08mRI1oo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   お前らの首も取ってやるぜ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 






          //_____
      /| /:::::::::::::::::::::::::∠_____
      /::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |:::::::::::::::::::/ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |/ヽ:::::/      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |   V       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ   l  ___ <, ---、::::::::::::::::::::| ヒッ――!!
   ヾ=。'l`| cロ ュ   T   : 日|:::::::::::::::::::| 
  ∠,「 ラ ヽ__√ ̄| : 日|:::::::::::::::< た、助けてくれ~!
  /::::|く、  _,、     `ー、‐'::::::::::::::::::::| 
∠-::::::::l、  ̄       //   \:::::::::::::::::::| 
 /__ ,\    //     `ー--二\________
 / / / / ヽ-‐ /   __      // |  |  |
 | |  | l、  ̄ー' ̄ ̄ ̄____//  |  |  |
 | |, ‐ゝ- 二二二二二--――――<\  |  |  |
 | /::::::::::::::::::| |::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::\\|  |  |

狂気の矛先は、同じく引き立てられていた3人の士官と3人の守備兵にも向けられ、
処刑された後、同じ末路をたどった。

36 :1 :2009/07/14(火) 00:44:10.34 ID:08mRI1oo


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヾ
   //        U    \ヾ  ガクガク
   /  U               ヽゞ
    l:::::::::     \,, ,,/       .| 
   《|::::::::::  |||(~)     (~)   |  た、たたた大変だ!
   |::::U::::::::::   \___/     |ゞ  ド・ローネ殿が虐殺された!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ







              ,,、-─- 、
            ノ       ヽ

            ,rイ´`¨`^''ー''ヾ、 \
         レ'′       i   ヽ
            {    ,  ``_, ,!    |
           i _ ,,. j,,ィ<,ィで> ゙,    |
         ',´,ィでj  ``ー  ノ,イ、 !
            1  ノ  、   イ ルノ j′   わ、私は悪くはないぞ!
           ヾ ,!ー ''゙ ヽ  U レ'^I     アレは勝手に民衆が暴走しただけだ!
          l  ir==‐i   ,! .|
            ゙、 ヽ二.´ ヽ  ノ _,」、     私はこれから、パレ・ロワイヤルに行って、
            ヽ __ ,  _/´  ハ    混乱を収拾してもらえるようにオルレアン公に頼んでくる!
             ,> _/    /  ト、
            ,レ^ヽ    /   / \
             / /ヽ /    /     \
            ,イ^「  ,/     /      ,
          // | /      ,/      /


37 :1 :2009/07/14(火) 00:45:01.95 ID:08mRI1oo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   裏切り者の市長だ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 







              ,,、-─- 、
            ノ       ヽ
            ,rイ´`¨`^''ー''ヾ、 \
         レ'′       i   ヽ
            {    ,  ``_, ,!    |
           i _ ,,. j,,ィ<,ィで> ゙,    |
         ',´,ィでj  ``ー  ノ,イ、 !
            1  ノ  、   イ ルノ j′
           ヾ ,!ー ''゙ ヽ  U レ'^I    な――!?
          l  ir==‐i   ,! .|
            ゙、 ヽ二.´ ヽ  ノ _,」、
            ヽ __ ,  _/´  ハ
             ,> _/    /  ト、
            ,レ^ヽ    /   / \
             / /ヽ /    /     \
            ,イ^「  ,/     /      ,
          // | /      ,/      /

フレッセルは市庁舎を出たところで射殺された。
彼もまた首を切り落とされ、槍の先に突き刺されて晒された。 


38 :1 :2009/07/14(火) 00:45:52.08 ID:08mRI1oo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((○)) ((○))゚o \  ひ、ひひひ酷いお!
  |     (__人__)    |   どうしてそこまで惨いマネが出来るお!?
  \     ` ⌒´     /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | u  ( ○)(○)    こ、これが民衆の狂気か!?
. | U   (__人__)    先生……。先生の言っていたことは
  |     ` ⌒´ノ    間違っていなかったです……。
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



40 :1 :2009/07/14(火) 00:46:36.89 ID:08mRI1oo


            / ̄\
            |    |
            \_/
              |
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<ー>::::::<ー>  \
       |    (__人__)     |  ……二人とも。
       \    ` ⌒´    /   この光景を決して忘れるな。
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  戒めとしてな。
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   ひゃっは~!  第三身分万歳!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 

ド・ローネたちを虐殺した民衆は行列を作り、興奮状態でパリ市内を練り歩いた。
日頃、生活苦に喘いでいた市民は、祭りでも見物しているかのように歓声を上げ、彼らを見送った。


41 :1 :2009/07/14(火) 00:47:32.92 ID:08mRI1oo


そして、この惨劇を見ていた別の人物は、ヤルオたちとは違う感想を抱いた。


                  ____
                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    戒め?
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      ふん……。
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |      これは教訓さ。民衆の姿が如何なるものかというな。
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|      「規律なき行動」を取り、
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N      自らの欲望に忠実なのが「無知なる民衆」だ!
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ


夕方から振ってきた激しい雨の後、民衆はそれぞれ帰宅の徒につく。
彼らは、今しがた自分たちが取った行動をどのように家族に報告したのか。
正当な行為か?
それとも、後ろめたさを感じているのか?

恐らくは、この男の言葉が、全てを物語っていた……。


42 :1 :2009/07/14(火) 00:48:28.93 ID:08mRI1oo


――夜半、ルイ16世の寝室。


        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /  マリーたんハァハァ!!
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <    陛下、起きてください。
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)  \   大変な報告があります……。
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..   \ 
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /      \_________
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄
            リアンクール


43 :1 :2009/07/14(火) 00:49:20.47 ID:08mRI1oo

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   |        ヽ |  |  ……なんだい?
   |  3 3    |___/  パリ市内の混乱が
   |    c      6 l   ようやく収拾したの?
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 

ルイ16世は宮廷内の会議でパリ市内の状況は知らされていた。

44 :1 :2009/07/14(火) 00:50:15.01 ID:08mRI1oo


        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /  いえ……。
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <    市民が蜂起し、バスティーユは陥落。
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)  \    司令官ド・ローネらを虐殺し、
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..   \  市内を練り歩いております……
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /      \_________
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄






        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    ……な、なんていうことだ。
   |  ・|・  |─ |___/    それじゃ、暴動じゃないか……。
   |` - c`─ ′U 6 l    
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 


45 :1 :2009/07/14(火) 00:51:07.66 ID:08mRI1oo


        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /  いえ……。
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <    陛下、これは暴動ではありません。
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)  \    革命です……
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..   \ 
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /      \_________
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄





















――ルイ16世、7月14日の記述
「      リアン(何もなし)」



第5話「バスティーユ」終わり
第6話「封建権力の衰退」へと続く

コメント

非公開コメント
プロフィール

IKZIHS

Author:IKZIHS

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon人気DVD
Amazon人気フィギュア
Amazon人気コミック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。