大阪 美容外科 脂肪吸引 ふくらはぎ やる夫がフランス革命を生き抜きます 第6話「封建的権力の衰退」 - 私撰やる夫まとめブログ

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第6話「封建的権力の衰退」

20170416

66 :1 :2009/07/22(水) 20:08:03.65 ID:vwDS.6oo



かしら、かしら、ご存知かしら~?
世界を革命する物語が始まるわよ~
かしら、かしら、ご存知かしら~?




第6話「封建的権力の衰退」




――1789年7月15日
国民議会にも報告が入る。

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i   とんでもない事態だ……
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l     民衆は法を無視し、
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   パリ市内を暴力で支配した!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ    
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     確かに、民衆の苦しみを考えれば、
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::I      蜂起に至ったことも理解出来るが……
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'
        マクシミリアン・ロベスピエール





          /  ̄   ̄ \
         /、          ヽ
         |・ |―-、   U   |   ボクもこの無法に憤りを感じるけど、
        q -´ 二 ヽ       |   今は民衆に逆らうのは得策じゃない。
        ノ_ ー  |     |
         \. ̄`  |     /    国民議会は、この蜂起を支持すると
         O===== |     表明しておこう!
        /           |
         /    /      |
         ミラボー

国民議会の指導者たちは、それぞれの理由で蜂起を歓迎はしていなかったが、
事態の深刻さを考え、民衆の動きに迎合することを選び、
「正義の栄光に満ちた民衆の勝利」と宣言をする。








68 :1 :2009/07/22(水) 20:09:53.19 ID:vwDS.6oo

      *             ┼
        ,~-,~-,~-,
   十    |_ヴェルサイユ|    + + +
       _|_~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|       +

そして、前日の民衆蜂起の深刻さから、事態を見守っていた政府も、その対処の変換を迫られていた。

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    ……率直に聞く。
   |  ・|・  |─ |___/    パリ市内の蜂起を
   |` - c`─ ′U 6 l     早急に鎮圧させることは可能かな?
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 
     ルイ16世

69 :1 :2009/07/22(水) 20:10:45.12 ID:vwDS.6oo

        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /  マリーたんハァハァ!!
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <    残念ながら、兵士の中にも市民に呼応する者がおります。
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)  \    いざという時に裏切られては大変です。
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..   \  軍隊を使った鎮圧は不可能と思われた方がよろしいでしょう。
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /      \_________
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄
            リアンクール





                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l     ……そうですか。
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      では、メツへ一時避難はどうかしら?
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 東部国境のなら、軍隊も駐屯しているし、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ いざとなったら、私の母国オーストリア
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´    へ亡命できるわ。
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |
            マリー・アントワネット


70 :1 :2009/07/22(水) 20:11:58.48 ID:vwDS.6oo


        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /  マリーたんハァハァ!!
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <    逃げることは難しくありませんが、
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)  \   途中の安全は保障できません。
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..   \ それにメツに着いてからどうなさるおつもりですか?
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /      \_________
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄







                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      そ、それは……
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´  
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |


71 :1 :2009/07/22(水) 20:12:49.86 ID:vwDS.6oo


        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /  マリーたんハァハァ!!
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <    もはやこの蜂起を収めるには、軍を撤退させ、
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)  \    民衆の要求を飲むほかありません!
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..   \  陛下、ご決断を!
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /      \_________
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄


72 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/22(水) 20:13:37.77 ID:r.FeVZko



お、始まってる
さすがのミラボーやロベスピエールも、ここまで過激な運動は望んでいなかったのか




73 :1 :2009/07/22(水) 20:13:51.30 ID:vwDS.6oo

     _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ        
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|   .  
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \ .   この非国民が!
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',    ボクは贅沢したいニダ!
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i    ここは戦略的撤退ニダ!
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l 
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: ! 
      '、:ヽ:| ヽ|   (__人__) .ノ l. 
        ヽ lト、   . ´ー-'´/ /  
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/  
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
         アルトワ伯








        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    ……いや、無駄なことはやめよう。
   |  >|< |─ |___/    民衆の要求を飲むことにする。
   |` - c`─ ′U 6 l     こうなった以上、貴族たちも妥協してくれるはずだ。
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 


74 :1 :2009/07/22(水) 20:14:46.16 ID:vwDS.6oo


7月16日、ルイ16世はパリ市内に呼び寄せた軍隊の撤退及び
蜂起の際に市民に協力した兵士を罰せず、原隊への復帰を認めた。

                                、ヽ l / ,
               ミミ ヽヽヽヽリリノノノ      = ネ  =
                   ミ ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡    ニ=  ッ そ -=
                  |│       │|     ニ= ケ れ =ニ
                 | } __ 、._ `}f'〉n_   =- ル. で -=
  、、 l | /, ,         ,ヘ} <・>  <・> |ノ:::|.|  ヽ ニ .な. も ニ
 .ヽ     ´´,      ,ゝ|  ノ(、, )ヽ  l| :ヽヽ  } ´r ら   ヽ`
.ヽ し き ネ ニ.    /|{/ 、ノ -=-  /|.|:::::| |  |  ´/小ヽ`
=  て っ ッ  =ニ /:.:.::ヽ、 丶__ ノ |.|:::::| |  /
ニ  く. と ケ  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /|
=  れ.何 ル  -=   ヽ、:::::::::\、__/::..::じ::| |' :|
ニ  る と な  =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ゅ:iY′ト、
/,  : か ら ヽ、    | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ね:::|  '゙, .\
 /     ヽ、     | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::え::.ト、    \
  / / 小 \    r¬|ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ぶ::| \
そして、民衆蜂起のきっかけとなったネッケルの財務長官再任を宣言した。

75 :1 :2009/07/22(水) 20:15:37.70 ID:vwDS.6oo

     _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ        
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|   .  
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \ .   このクソ市民ども!
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',    ボクは必ず戻るニダ!
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i    覚えていろニダ!
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j |!|!|!|!|!| l::::j {!
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|    (__人__) ノ
      ヽ lト、;;;;;,,,    (_( /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´





 .,,_:::::-、    \   :   ;   !     
   l!゙ 、\    ヽ ,:'   '    |       __ 
   ゙i, ヽ::\          _,,r'li      r'〔__ i
    ヽ  ゙''{ ・, 、ヽリ/  , r:::'i" /ヽ     |:: :  |     FAUK YOU……
_     ゙゙ ̄" `''"j,r'r"_'-'_/,r'  ,'     i` ー }     ぶち[ピーーー]ぞお前ら……
 ゙:,      ...: : jl゙゙'l゙ "⌒ i'  ,'     }': :  !     
  l     ,,;..: : : :j |     ! /     _i:: :  i     
  i   ,r==゙ 、、 j j   :,r' /     ,r'': {':` ー '|
  ,"  .|l゙(゙\  `ー,'  ,イ/    _l:  |:::   |,.........,  
     l! `ー:==-i|  / r'    ,ー'、:: ゙i,..j:::、  |,   i 
    l!       i!   /    i::  i:  `、::::;、 ゙i,   | 
    :|   ' ⌒ ` i'   ./    |:::.  ゙i,   ゙、       ,} 
    j       j'  /     i:::::.  ゙i,, ゙ 、゙:   ゙ . ゙ , 1
ヽ       ,r'    /      i::::::. ゙,   ,    , ' _,  |
    ランベスク侯



だが、この事態に危機感を覚えたルイ16世の弟アルトワ伯をはじめ、ランベスク侯など
反動的な貴族は既に国外への逃亡を始めていた。
彼らのことをエミグレ(国外逃亡者・亡命貴族)と呼ぶ。


76 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/07/22(水) 20:16:28.53 ID:qXFoM0k0



オーストリアへの亡命はどうかと思うぞ・・・・



77 :1 :2009/07/22(水) 20:16:34.41 ID:vwDS.6oo

――7月17日
市庁舎へと向かうルイ16世の無事を祈るミサが行われた。

           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>  
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.   神のご加護があらんことを……
            | ̄,.レ,..、  )7   
            ! ''===i  /'.    ……エイメン!
            ヽ `! !' ,//\_  
         _,―イ>`'´‐< /  \_    
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |



78 :1 :2009/07/22(水) 20:17:26.47 ID:vwDS.6oo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/      ……プロヴァンス伯。
   |` - c`─ ′U 6 l     もし、自分が生きて帰らなかったら
.   ヽ (____  ,-′    お前が王位を継いでくれ。
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 


    .   _, -' ´___\
  .  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l ! 
    l | l | ┬::cr / / ┬c」 |  兄上……。
   l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
   l | l l⊂⊃‐ (__人__)‐⊂/
   ! | |ヽ|     `‐-'´  リ
   ! | lゝ、      n /|
   ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |



プロヴァンス伯(1755年 - 1824年)



ルイ16世の弟。アルトワ伯の兄。
弟同様に反動的な人物であったが、王位を狙う野心家であり、
王妃の敵対者として振舞っていた。
弟とは違い、王位の後継と世論の反発を予想して亡命せずに兄の元に残った。


79 :1 :2009/07/22(水) 20:18:19.77 ID:vwDS.6oo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/    ……マリー、キミはここにいてくれ。
   |` - c`─ ′U 6 l     万が一の事態の時、子供たちをよろしく頼む。
.   ヽ (____  ,-′    市庁舎にはボク一人でいくよ。
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 






        , -── 、
       /       \
      /          ヽ    
     ( /(  ( /\    |   あなた……!
      `mn mn   ヽ⌒ i      
      l l l l l l l !、∩  _ノ⌒\
      ヽ  jヽ   ノ  ノ \ _ヽ
       u  |ー|  ヽー |//^ヽ
      u |  |7`|   |/  /|
          |  l´|/|     / |
        ヽ__ ノ|. ヽ_ /  |


ルイ16世は護衛も付けず、狩りに使う質素な馬車に乗って市庁舎へと赴いた。
前日の民衆蜂起を考えれば、それは自殺行為といってもおかしくはなかったが――


80 :1 :2009/07/22(水) 20:19:10.47 ID:vwDS.6oo


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 国王陛下万歳!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 




ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  ルイちゃーん! る、るーっ、ルアアーッ!! ルアーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ルアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ル、ルォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

パリ市民は歓声を持って国王を迎えた。
まだ、国王は民衆にとって敬愛すべき対象であり、全ての元凶は、
国王の周りを取り巻く反動的な貴族たちという思いが民衆にはあった。


81 :1 :2009/07/22(水) 20:20:06.99 ID:vwDS.6oo


    .,Å、
.r-‐i'''''''''i''''‐-、
o| o! .o i o !o
.|\_|`‐´`‐/|_/|
|_, ─'''''''''─ ,、 / _
/_______  ヽ
|ノ-、 , ─ \  |  |
/⌒)|    |_|___/   ……そうか。そうだよな。
| ⊂ノ | └  |  6 |    ボクはこんなにも愛されているんだ。
|_/-c`─) )  - ′  貴族や国民議会の奴らは嫌いだけど、民衆は大好きだ!
|  |'┬─(、( /    彼らのために頑張らなきゃ……。
|  |`-`─- ´ノ^\
ヽ__|ヽ./\/ l  |
|/ |       |  |


これまでもルイ16世は、軍隊を使って、民衆の動きを弾圧しようとしていたこともあったが、
彼の基本方針は、ほぼ威圧に限定されており、これ以降も最小限に留められる。
それは、暴発を恐れたという面もあるが、やはり、このような状況の中でも
民衆を愛し、そして民衆にも愛されているということが、彼の中で大きな部分を占めていたと思われる。


82 :1 :2009/07/22(水) 20:20:57.84 ID:vwDS.6oo

         ,
      ,/⌒⌒`-‐ッソ_
      ノ     ソ-y、ヾ、
     (,     ノ)^  (ヽノ
     τ  ノ _ i/_|
      V^((-|_/^|_ノ    ブルボン朝を開いたアンリ4世はパリを屈服させて
      /|ゝiヽ、 ' __| ./     絶対王政の基礎を築きましたが、
     r( | | \ └‐='/_     今度は人民が国王を屈服させましたな。
 ,,r-''⌒| | \ \_/|ヽ\
       / へ\ /へ|  /
       バイイ




        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/      ……キミは?
   |` - c`─ ′U 6 l    
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



84 :1 :2009/07/22(水) 20:21:35.25 ID:vwDS.6oo

         ,
      ,/⌒⌒`-‐ッソ_
      ノ     ソ-y、ヾ、
     (,     ノ)^  (ヽノ
     τ  ノ _ i/_|
      V^((-|_/^|_ノ    この度、亡くなられたフレッセル氏の跡を継いで
      /|ゝiヽ、 ' __| ./     市長となったバイイと申します。
     r( | | \ └‐='/_
 ,,r-''⌒| | \ \_/|ヽ\
       / へ\ /へ|  /






        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/      ……ああ、国民議会の。
   |` - c`─ ′U 6 l     で、ボクは何をしたらいいんだい?
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




86 :1 :2009/07/22(水) 20:22:40.34 ID:vwDS.6oo


         ,
      ,/⌒⌒`-‐ッソ_
      ノ     ソ-y、ヾ、
     (,     ノ)^  (ヽノ
     τ  ノ _ i/_|
      V^((-|_/^|_ノ    まずは私の市長就任を正式に認めていただきたい。
      /|ゝiヽ、 ' __| ./
     r( | | \ └‐='/_
 ,,r-''⌒| | \ \_/|ヽ\
       / へ\ /へ|  /



        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/      わかった……。
   |` - c`─ ′U 6 l      ジャン・シルヴァン・バイイ。
.   ヽ (____  ,-′     キミをパリ市長に任命する。
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



87 :1 :2009/07/22(水) 20:23:33.13 ID:vwDS.6oo

         ,
      ,/⌒⌒`-‐ッソ_
      ノ     ソ-y、ヾ、
     (,     ノ)^  (ヽノ
     τ  ノ _ i/_|
      V^((-|_/^|_ノ    は!
      /|ゝiヽ、 ' __| ./     それでは、次に国民衛兵の設立と
     r( | | \ └‐='/_      その司令官にラファイエット氏
 ,,r-''⌒| | \ \_/|ヽ\     の就任をお認めください。
       / へ\ /へ|  /



        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   |  ─| ・  |─ |___/     ラファイエット――!?
   |` - c`─ ′U 6 l      あの男が国民議会に付いたか……
.   ヽ (____  ,-′     (さて、どちらの味方か……)
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



88 :1 :2009/07/22(水) 20:24:33.36 ID:vwDS.6oo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/      まあ、今は認めるしかないな。
   |` - c`─ ′U 6 l      国民衛兵の設立を認め、
.   ヽ (____  ,-′     ラファイエットを司令官に任命する!
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




         ,
      ,/⌒⌒`-‐ッソ_
      ノ     ソ-y、ヾ、
     (,     ノ)^  (ヽノ
     τ  ノ _ i/_|
      V^((-|_/^|_ノ    では、陛下。
      /|ゝiヽ、 ' __| ./     この市民軍の証である三色の記章を付けた帽子
     r( | | \ └‐='/_      をかぶってバルコニーにお進みください。
 ,,r-''⌒| | \ \_/|ヽ\     市民が陛下のお姿をお待ちになっていますよ。
       / へ\ /へ|  /

その言葉通り、バルコニーに現れたルイ16世を市民は歓声を持って出迎えた。
しかし、この時点で国民議会に屈服したルイ16世は、王権の制限された国王として振舞わなければならなくなった。


89 :1 :2009/07/22(水) 20:25:25.42 ID:vwDS.6oo


      +  ___
        /⌒  ⌒\   +
 + .   /( ●)  (●)\      +
     / ::::::⌒(__人__)⌒::::: \     王様だお! 王様が市民軍を認めてくれたお!
    |      |r┬-|     |
     \       `ー'´     /  +
    ノ            \
  /´               ヽ               
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.      
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)    さすがは王様だ!
  |     ` ⌒´ノ    常識的に考えて……
.  |         }     いい判断をしてくれたよ……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



90 :1 :2009/07/22(水) 20:26:20.04 ID:vwDS.6oo


            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)| そうだな…常識的に考えて……
     ____. .|   (__人__) |
   /      \   ` ⌒´  ノ
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \ だけど、王様が弱々しく見えるお……
|       (__人__)    |    ノ.ヽ
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ "  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /



91 :1 :2009/07/22(水) 20:27:12.02 ID:vwDS.6oo


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    王様もこれで王権が制限されて、
|       (__人__)    |     大幅な軍隊の動員も難しくなるお。
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |  
  \ /___ /



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ─   ─__\) ;;;;) 
/    (●)  (● /;;/  
|       (__人__) l;;,´|    だけど、保守的な貴族たちは国外へ
/      ∩ ノ)━・'/    逃げだしているって聞くし、国外から
(  \ / _ノ´.|  |     攻められたら大変だお……
.\  "  /__|  |     
  \ /___ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   物価高はまだまだ続くし、国民議会は
|       (__人__) l;;,´|   どうやって打開していくのかお……
/      ∩ ノ)━・'/   
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


92 :1 :2009/07/22(水) 20:28:10.90 ID:vwDS.6oo


 ..  .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
.:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
.....  ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'`  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',: '"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
':: ',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;.., "'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::':: ',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',: '':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'': ';:;..,":,.,i|!、
'''.''' '''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.'''  "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'': '`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':

その後、バスティーユ襲撃の余波は地方にも拡散した。
地方の都市でも、地方三部会の選挙人が市政を握り、国王の委任を受けていた知事らは免職された。
また、治安維持の名目で市民軍も編成され、自治権を回復した諸都市の間に連盟が作られ、
やがて全国的なつながりを持つようになっていく。


93 :1 :2009/07/22(水) 20:29:03.78 ID:vwDS.6oo


だが、そのような変化の中で亡命貴族の問題と物価高騰が社会不安を誘発させる。


                 ,;'"             ` 、
                ./                `y
                7 ,,       l         .l
                l  .l      ,!       ! !    
              ,_  !  j  ,..._   ,;       ! .l ,.._
             / ,._`.! .l,, .,_   、,, ;   ,.'" __,, .ゝr'"y`;. 
             l '/"`l  ,;;;'__`;,、     '" ,:‐"_,..`;,"l./  i   
             l ! /'^ll  i `ヽ、ヽ、.l! !,;:'.;‐",.j  !k;'" j  
             l,. l.Yユj  ヽ_____゙'_>;,!、,ヘ`",.:::'"  ! j`"..' 
              .\ ヾ .`i,, ;--‐‐‐" `" `--‐‐",;イ (;;",.'  
              ,l`,_ , l ゙!   _,,,.ヘ'"/` ...,,,  l-‐'"
 ̄`7' ‐- . ,__  ,.r-‐フ'´,;| `'"l   ',,,,,,,!´、l,.`j_;y^j;;  l `;,          ,.. -
  /  ./  /´/ ,, r" ,,,..!  l l  l ;'ヘ三三二ニ-'',;  l   i;,` ;,,__k二,`、‐二'"
/  /  / .r゙  r"''"~y´  ;, y \ !;;   .,;;,.   ; .j',; ヾ、.i    ´` ヾ .l  l
/  /  / .!  l      ;; i,  \    l!    / ,;;  ヾ     l  !  l
  r'  r' ;.l  l      ;;;;  i   .\..,____"_,...// ,;;    _ ,,..   ! .!   l

旧体制(アンシャン・レジーム)の復活を望む亡命貴族。


94 :1 :2009/07/22(水) 20:30:04.25 ID:vwDS.6oo

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   お腹ペコペコだ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 

凶作による食料不足と社会不安による物価高騰のため、食料を狙って農村に流れ込む浮浪者。

二つの要素が重なり、地方の農民は、浮浪者たちを亡命貴族の先兵と誤解し、
自分たちが襲われるものと恐怖した。この、いわゆる「貴族の陰謀」と呼ばれるデマや、
外国の軍隊による侵略などの実態のない噂が集団ヒステリーを呼び起こし、
農民たちは各地で武装蜂起をし、貴族やブルジョワなどを襲撃した。
これを大恐怖(グラン・プール)と言い、フランス全土に波及した。


95 :1 :2009/07/22(水) 20:31:04.90 ID:vwDS.6oo


               ,..-──- 、
              / : : : : : : : : : : \
             / : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ,!: : : :,-…-…-ミ: : : : : :',   国民議会の先生方、
            {: :: : i.'⌒';;;;;;'ー i: : : : : :}   このまま農民の暴動を許していては、
           . {: : : | ェェ  ェェ  |: : : : : :}   商売になりません。
             { : : |   ,.、   |: : : : :;!    
            .ヾ: : i .r‐-ニ-┐ | : : : :ノ    ドナルドの噂ならまだしも、根も葉もない
              `イ! ヽ 二゙ノ イゞ‐'     噂を信じている愚民どもを
                ノ` ー一'´, ‐'ヽ      どうにかしろよ、コラ!
               / !  _, ‐"   _ !
              .,レ‐''´   _, -'  !、
.             // ,|   . , -'´  __ !
               ブルジョワ


96 :1 :2009/07/22(水) 20:31:57.72 ID:vwDS.6oo

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ ! 
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |   だが、農民を武力で弾圧しては、
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    今度は我々の方に怒りの矛先が向けられる……
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
               シエイエス


97 :1 :2009/07/22(水) 20:33:30.34 ID:vwDS.6oo


               ,..-──- 、
              / : : : : : : : : : : \
             / : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ,!: : : :,-…-…-ミ: : : : : :',   では、我々の財産に対する
            {: :: : i.'⌒';;;;;;'ー i: : : : : :}   侵害を認めるのですか!?
           . {: : : | ェェ  ェェ  |: : : : : :}   
             { : : |   ,.、   |: : : : :;!    名ばかり店長で長時間労働
            .ヾ: : i .r‐-ニ-┐ | : : : :ノ     させるぞ、ゴラァ!
              `イ! ヽ 二゙ノ イゞ‐'    
                ノ` ー一'´, ‐'ヽ     
               / !  _, ‐"   _ !
              .,レ‐''´   _, -'  !、
.             // ,|   . , -'´  __ !




            _,ノ‐''''''^^^¨¨¨⌒ ̄⌒^^''¬-、,_          
        ._v-''¨`   .,,vー─-、    .,,vー─-、 .¨'ーu_       
      _ノ'″     ./′    ¨┐ ./     ゙┐  .゙'┐      
     ,/′      ./ ̄''''-¬,,,,__.ミ .i |,,,,___ ..)   ゙\    
    ,/′     λ  |     ( ・ )| } .¨'ーu,,  |     \   
   ./′      八,、-ミ.ノ‐''''''^^ ̄./¨レ       .人,_     ミ  
  .,ノ′     ._ノU'   \_   ._,rlト冖へy   _/  ¨'‐u   .゙lr  
 .,i′     /ー-v、.,,_   ¨^^¨´〔    〕.¨^^¨′  __.,、 ゙\.  { 
 〕      ./′    .⌒'''''    \,,,,,,ノ′  v-ー'''¨ .λ  ゙┐ }    
 |      ノ  .λ───ー      }      __,,.,、v;(_)ー''  {..] 
 |     :|   | |            .!      `         .}}   (農民たちの要求は、一度認めれば
 }     .|   .U-:;:冖^ ̄       .|      ¨¨¨¨¨ ̄¨¨′ ミ}   際限なく増えていくのは明白だ……。
 .|     .}       _,,,,,vvl''''¨¨|^^⌒|¨¨''''lvv,_         }    ブルジョワジーの不安を和らげるためにも、
  ). .   〕    ,,、-v~|   .|   |   |   |''T^i-,,_      /    何とか、この事態の収拾を図りたいが……)
  .{     ). ., r'z::''''~゙(~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~`^^^^''''¬;;;_   ノ  
   ミ.    `i,                         , `'' /   
   ゙).    `i,                           .,ノ  λ   
    \    },     ′               .  /   | | 
     . \  \                   .  ,/


民衆の蜂起によって勢力を得た国民議会であったが、法を遵守する精神と
支持基盤であるブルジョワ層への配慮で板挟みとなった。


98 :1 :2009/07/22(水) 20:34:56.26 ID:vwDS.6oo


              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /    (……ふん!
          |  'i'      ./.|ξ丿      この状況は自己防衛を
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ       正当化するチャンスじゃないか。
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_        民衆の恐怖を助長するデマを流して
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|       市民軍の維持に役立たせよう。)
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >



アドリアン・ジャン・フランソワ・デュポール(1759年 - 1798年)



パリ高等法院の家庭に生まれた貴族。
貴族の身分でありながら、当初から自由主義者として第三身分と連携した。
後に「三頭派」の頭脳として革命に大きく携わる。


99 :1 :2009/07/22(水) 20:35:52.00 ID:vwDS.6oo


農民たちの恐慌に対し、国民議会は有効な手立ても取れず、時間を費やした。
これは国民議会指導者間での相違があり、立憲・ブルジョワ擁護が代表的な意見であったためであった。
だがその中で、シエイエス、ミラボーらとは別の動きが国民議会の中で活発になり始めていた。


――1789年8月3日


/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l
 !ヽ` l             |     l   トゥーレ議長が何らかの事情により
 `)`ハ               l    l   国民議会の議長を辞退しましたので、
  `Y ヽ         - /   /   私が代わりに議長を務めます。
 _/{   ヽ      、__ ,  /
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /
. l ll ヽ.   \         / `丶、
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ




イザク・ルネ・ギ・ル・シャプリエ(1754年 - 1795年)



レンヌの高等法院づき弁護士。第三身分出身であったが後に貴族となる。
しかし、三部会では貴族身分の代表としては認められず、第三身分の代表として選出。
バルナーヴとともにテニスコートの誓いの宣言文を起草し、
ジャコバン・クラブの前身となるブルトン・クラブの創立に携わる。


100 :1 :2009/07/22(水) 20:36:45.04 ID:vwDS.6oo

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  (ル・シャプリエ……。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !   旧体制に恨みを持つあの男が議長か。
    ヽ {  |           !           |ノ  /    同時にブルジョワ議員の動きがキナ臭い。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′   ここはどう動くべきか……)
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


101 :1 :2009/07/22(水) 20:37:44.49 ID:vwDS.6oo


――1789年8月4日
議会の時間には遅い午後8時。
国民議会議員と、ブルジョワ議員に友好的な貴族は、保守派貴族に告げることなく議会を開催した。



/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l
 !ヽ` l             |     l   はい。それではみなさん。
 `)`ハ               l    l   夜遅く、議場に集まりくださり、
  `Y ヽ         - /   /   まことにご苦労様です。
 _/{   ヽ      、__ ,  /
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /      では、これから、同じ思想を持つ我々だけで、
. l ll ヽ.   \         / `丶、    国民議会を開きましょう。
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ




              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /    では、エギヨン公。
          |  'i'      ./.|ξ丿     貴方が音頭を取って、
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ      我々の提案を通してください。
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >


102 :1 :2009/07/22(水) 20:38:35.86 ID:vwDS.6oo


  彡三三三三三彡  
  | /   ヘ | 
  |         |
 ( | ⊂・  ヘ |)   はっははは……!
  |     」   |    ボクに任せてくれたまえ
  |   ∀   |    ベイビ~!
  \、__ ノ  



エギヨン公アルマン・デジレ・デュ・プレシ・ド・リシュリュー(1761年 - 1800年)



ブルボン朝において国王に次ぐ土地を所有する南フランスの貴族。
自由主義貴族としてブルトン・クラブに名を連ねる。


103 :1 :2009/07/22(水) 20:39:31.79 ID:vwDS.6oo


/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l
 !ヽ` l             |     l   それでは、これより議案の提出を始めます。
 `)`ハ               l    l   誰か、発言をする方はおりませんか?
  `Y ヽ         - /   /
 _/{   ヽ      、__ ,  /
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /
. l ll ヽ.   \         / `丶、
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ



104 :1 :2009/07/22(水) 20:40:25.65 ID:vwDS.6oo

  彡三三三三三彡  
  | /   ヘ | 
  |         |
 ( | ⊂・  ヘ |)  では、ボクが――
  |     」   |
  |   ∀   |
  \、__ ノ  



                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
                 }ミミリ   、,    Vi|リ!
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´    僕から提案があります!
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi





三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三|
   |       |||||||||||||||
   |  ⌒     ||||||||||||||
   |  ⊂⊃  ⊂⊃  |
   |            |
   |     |      |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     し     |  < ちょ――待ってくれたまえ!!
    |          /    \_____________
    |  \ ̄ ̄フ  /
     |    ̄ ̄  /
     \___ /
105 :1 :2009/07/22(水) 20:41:16.02 ID:vwDS.6oo


                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
                 }ミミリ   、,    Vi|リ! 最近、憲法審議が議論されていますが、
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州  農民たちは憲法などを望んでいません!
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ  彼らは、自分たちの生活が改善されることを望んでいるんです!
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´  そのためにも、僕たちの持つ特権の廃止を提案しようじゃないか!
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ  もっと熱くなれよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi



ルイ・マルク・アントワーヌ・ド・ノアイユ(1756年 - 1804年)



ブルボン朝の貴族。
義理の兄弟であるラファイエットとともにアメリカ独立戦争で活躍。自由主義者として知られる。
子爵の身分ながら、所有する土地が少ない貧乏貴族である。



106 :1 :2009/07/22(水) 20:42:13.38 ID:vwDS.6oo


しかし、封建的特権の廃止は、本来、大土地所有者であるエギヨン公が自ら放棄することで価値があった。
それ故にブルジョワ議員の勧めで、彼がその提案を行う予定だったが、
ほとんど土地を持っていない熱血貧乏貴族のノワイユに先んじられてしまう。



/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l
 !ヽ` l             |     l
 `)`ハ               l    l   (空気嫁よ……!)
  `Y ヽ         - /   /
 _/{   ヽ      、__ ,  /
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /
. l ll ヽ.   \         / `丶、
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ


107 :1 :2009/07/22(水) 20:43:11.18 ID:vwDS.6oo


              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /
          |  'i'      ./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ     (これだから熱血バカは……!)
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >



108 :1 :2009/07/22(水) 20:44:05.56 ID:vwDS.6oo


三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三|
   |       |||||||||||||||
   |  ⌒     ||||||||||||||
   |  ⊂⊃  ⊂⊃  |
   |            |  (KYなんだよ……)
   |     |      |   そのとお~りだよ!
   |     し     |    民衆は幾世紀もの間、頭上にのしかかっていた
    |          /    重荷を振り落とそうとしているんだ!
    |  \ ̄ ̄フ  /    
     |    ̄ ̄  /     彼らの蜂起は、たとえ罪に値するとしても、
     \___ /      彼らが今まで耐えてきた苦悩に免じて許すべきだよ!


109 :1 :2009/07/22(水) 20:45:11.50 ID:vwDS.6oo


  彡三三三三三彡  
  | /   ヘ | 
  |         |
 ( | ⊂・  ヘ |)  だから、特権は……廃止だよ。
  |     」   |
  |   ∀   |
  \、__ ノ  






                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
                 }ミミリ   、,    Vi|リ!
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´    声が小さいよ!もっと大きい声で!
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi


110 :1 :2009/07/22(水) 20:46:26.30 ID:vwDS.6oo


三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三|
   |       |||||||||||||||
   |  ⌒     ||||||||||||||
   |  ⊂⊃  ⊂⊃  |
   |            |
   |     |      |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     し     |  < 特権は……廃止だよ。
    |          /    \_____________
    |  \ ̄ ̄フ  /
     |    ̄ ̄  /
     \___ /


                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
                 }ミミリ   、,    Vi|リ!
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´    ぜんっぜん気持ち伝わってこない!もう1回!
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi



111 :1 :2009/07/22(水) 20:47:29.38 ID:vwDS.6oo


三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三|
   |       |||||||||||||||
   |  ⌒     ||||||||||||||
   |  ⊂⊃  ⊂⊃  |
   |            |
   |     |      |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     し     |  < 特権は廃止だ!
    |          /    \_____________
    |  \ ̄ ̄フ  /
     |    ̄ ̄  /
     \___ /



                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
                 }ミミリ   、,    Vi|リ!
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´    はい今廃止だ!今貴族の特権は廃止されたよ!
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi

その言葉にモンモラシー公、シャルトルの司教、ナンシーの司教などが次々に続き、賛成の意を表した。


112 :1 :2009/07/22(水) 20:48:20.29 ID:vwDS.6oo
しかし――


  彡三三三三三彡  
  | /   ヘ | 
  |         |   ただ、これらボクたちが放棄する権利は明らかに一つの財産なんだ。
 ( | ⊂・  ヘ |)  そうして、その財産は神聖なものであり、所有者に正当な賠償をせずに
  |     」   |   財産の廃棄を要求することは禁じられなければならないんだ。
  |   ∀   |
  \、__ ノ  



と付け加えて、貴族の財産を保護することを忘れていなかったが、
特権身分の代表たちがこぞって特権を放棄する姿勢は熱狂を呼び、
その興奮は午前2時の閉会まで続いたのだった。


113 :1 :2009/07/22(水) 20:49:22.38 ID:vwDS.6oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | U  ( >)(<)    た、たたた大変だ~!!
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ    常識的に考えられねえ~!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 




     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   どうしたんだお。
/     ∩ノ ⊃  /    遂に弁護士を辞めて、ヤルオの弟子になる
(  \ / _ノ |  |     気になったかお?
.\ "  /__|  |  
  \ /___ /



114 :1 :2009/07/22(水) 20:50:13.06 ID:vwDS.6oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | U  ( >)(<)    そんなワケないだろ!
. |     (__人__)     常識的に考えて!
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }     貴族たちが、自分たちの特権を放棄するって
.  ヽ        }      宣言したんだよ!
   ヽ     ノ        \    
   /    く  \        \    
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \  ――? ?
        |      (__人__)     |  それはない、ない
         \     ` ⌒´    ,/  
 r、     r、/          ヘ   特権放棄、ぶっちゃけ、ありえない
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |



115 :1 :2009/07/22(水) 20:51:17.89 ID:vwDS.6oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | U  ( >)(<)     本当だ!
. |     (__人__)     昨日の夜、秘密裏に会議が行われて、
  |     ` ⌒´ノ     保守派の貴族以外ほんとんどが、
.  |         }     特権の放棄に賛成したんだよ!
.  ヽ        }     
   ヽ     ノ        \    
   /    く  \        \    
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \.    ……
   |    (__人__)    |    …………
   \    ` ⌒´    /
   /              \


116 :1 :2009/07/22(水) 20:52:11.17 ID:vwDS.6oo

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \.    ……
   |    (__人__) U  |    …………
   \    ` ⌒´    /   ………………
   /              \









   ┏┓  ┏━━┓         ___         ┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃        /⌒  ⌒\.         ┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━ /( ☆)  (☆)\━━━┓┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ┃┃  ┃ 
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━ |     |r┬-|       | ━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃     \      `ー'´     /      ┏━┓
   ┗┛      ┗┛                       ┗━┛


117 :1 :2009/07/22(水) 20:53:06.96 ID:vwDS.6oo


   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \    やったお!
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )  ヤルオたちの苦労がようやく認められたお!
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|     |r┬-|     |/     国民議会万歳! 革命万歳!
      \    | |  |     /
          | |  |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    
. |     (__人__)    そうだな!
  |     ` ⌒´ノ    これから国民議会の人たちが頑張って、
.  |         }     民衆に優しい政治を行ってくれるぞ!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


118 :1 :2009/07/22(水) 20:54:08.18 ID:vwDS.6oo


            ____
  +        ./ /  \\         むふぅ~……
        / (●)  (●)\       これで税金が安くなったら、
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \      エロ同人をたくさん買えるお!
      |      `-=ニ=-      | ハァ   
      \      `ー'´      / +     お金を貯まったら念願の
      /     ∩ノ ⊃  /      「ポンパドゥール淫ら夫人……」
      (  \ / _ノ |  |       を買いに行けるお!
      .\ "  /__|  |
       . \ /___ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    
. |     (__人__)       
  |     ` ⌒´ノ         (駄目だ、こいつ……
.  |         }           早く何とかしないと……)
.  ヽ        }        
   ヽ     ノ        


119 :1 :2009/07/22(水) 20:55:09.19 ID:vwDS.6oo


夜が明けてから1週間。
決議された封建的特権の廃止の成文化が開始される。
会議から外された保守派の貴族はもとより、会議を欠席したシエイエス・ミラボー、
そして会議の熱狂に駆られて後悔していたラリー・トランダルのような保守的な右派議員も抵抗を試みるが失敗に終わる。

   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|  それでは、この会議で成文化されたことを確認する。
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|   まず、領主特権の廃止。
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.   今まで公然と行われていた領主による私刑は禁止される。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   また、勝手に税金を徴収したり、賦役を課すことも禁じられる。
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   全ての農民は、等しく自由を保障されなければならない!
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ


120 :1 :2009/07/22(水) 20:56:24.34 ID:vwDS.6oo


                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i    次に、税制特権の廃止。
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l    貴族・聖職者どもの免税特権は廃止だ。
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   今まで人民の苦役の上に成り立っていた生活……
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:I   これからは存分に税を納めてもらおうじゃないか。
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i  
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l  
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉



121 :1 :2009/07/22(水) 20:57:49.44 ID:vwDS.6oo


               _,,,,,,,,_、
          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;ヽ
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ     最後に封建的地代の有償廃止……。
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l 
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l    これは、封建時代からの貴族や
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ   大土地所有者の財産の所有を認め、
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;    農民は、それを有償で買い取ることが
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l   出来るとしたもの……。
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l   ただ、金納20年分、物納25年分の年貢を
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;    一括で支払った場合にのみ、土地を買い取る
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ      ことが出来るというのは、多くの農民にとっては
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll       意味がないだろう……。
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|       姑息な抜け道を作るとは……ペテン師どもめ!
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l    
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl     
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /'":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l


122 :1 :2009/07/22(水) 21:00:36.90 ID:vwDS.6oo


         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《 u __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    (……俺の理想とは……違う)
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ   
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /  u        〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::       u         ゙i
        /    `                  }




             _
          /  ̄   ̄ \
         /、          ヽ
         |・ |―-、   U   |   (これでは余りにも民衆寄りだ。
        q -´ 二 ヽ       |    このまま要求が続けば、
        ノ_ ー  |     |    国王の立場はどうなる!?)
         \. ̄`  |     /    
         O===== |
        /           |
         /    /      |

民衆の不満を逸らす程度のものではあったが、この封建的特権の廃止は、
ブルジョワの諸権利の侵害を予感させた。

ブルジョワ穏健を思想とし、革命の主軸にいたシエイエスとミラボーは、
これ以降、革命を修正するために動くこととなる。

そしてほとんどの農民は「封建的特権の廃止」を無償と勘違いし、
自らの要求が満たされたことで「大恐怖」は収束に向かった。
しかし、この勘違いが後の事件に大きな影響を与えることとなる。



123 :1 :2009/07/22(水) 21:01:53.69 ID:vwDS.6oo


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    これで農民の問題も解決だ。
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    これからは、いよいよ憲法の審議に入る。
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|   
            ヾ|ヽ    { |        / |<    アメリカにも負けぬ輝かしい憲法を作らないとな!
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ     
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
                ラファイエット

封建的特権の廃止が成文化された翌日から二週間。
議会は「人間と市民の権利宣言」について議論を開始する。

その中でも、アメリカ合衆国の独立に関与し、敬愛するベンジャミン・フランクリンが関わった
アメリカ独立宣言の影響を強く受けるラファイエットは、最も積極的かつ進歩的な考えを展開した。


124 :1 :2009/07/22(水) 21:03:15.38 ID:vwDS.6oo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     パリ市内も、ひとまず落ち着きを取り戻したな。
    /   <●>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |    これも、身分間の不公平が少しずつ取り払われる
    \     ` ⌒´   /    であろう期待が影響しているのかもな。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \





       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +    税金が安くなれば、
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \       ヤルオは満足だお!
  |     |r┬-|     |       議会も、それを認めてくれたから、
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +   これからフランスは良くなるんだお!





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      楽観的すぎるだろ……
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ      常識的に考えて……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



125 :1 :2009/07/22(水) 21:04:16.15 ID:vwDS.6oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   ただ、これまでの悪い循環からは抜け出せた。
. |     (__人__)    違法だったけど、やっぱり民衆が立ち上がった
  |     ` ⌒´ノ    ことが、上の人間を動かした。
.  |         }
.  ヽ        }     こういうのを革命って言うんだよ……
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\       政情の安定が第一だが、議会は矢継ぎ早だ。
    /   <ー>::::::<ー> \      今度は憲法の審議に取り掛かっている。
    |     (__人__)    |      
    \     ` ⌒´   /      だが、ラファイエット国民衛兵司令官殿は、
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   自由主義者らしい素晴らしい宣言文を発表したぞ。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \





              __
            .-´   ``ヽ
           / ⌒      `ヽ
         /        `ヽ  ヽ
    ((   / (●)          ヽ  
        |::⌒(__   (● )     |   どんな内容だお……?
        ヽ   人__) ⌒::::      |    
          ヽ(__ン          |
         人           /  | |
        /          _ノ  ノノ 
                    |


126 :1 :2009/07/22(水) 21:05:08.06 ID:vwDS.6oo

         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\       ①人間は自由かつ権利において生まれながらにして平等である。
    /   <ー>::::::<ー> \      ②自由、所有、安全、圧制への抵抗は人間の権利である。
    |     (__人__)    |      ③国家の主権は人民にある。
    \     ` ⌒´   /      ④自由とは、他人を害しない全てのことをなしうることである。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   ⑤法律によって禁止されていない行為を禁ずることは出来ない。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.    ⑥法の下ではみな平等であり、差別はされない。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. ⑦定められた法律以外、何人も縛ることは出来ない。
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \⑧定められた法律は、厳粛に守られ、適法でなければならない。




         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\       ⑨有罪が確定するまでは無罪と推定され、不当・不必要な強制はしてはならない。
    /   <ー>::::::<●> \       ⑩法律で禁じられていない言論に対し、それを封ずることは許されない。
    |     (__人__)    |      ⑪思想及び意見の伝達にかかわる出版は、人間の権利であり、自由が保障される。
    \     ` ⌒´   /      ⑫これら人民の権利を保障するために公共の武力は必要であり、それを特定の目的に使用できない。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   ⑬公共の行政を維持するために、市民は平等に税を負担しなければならない。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.    ⑭租税に対し、それが適切に運用されているか、市民は確認出来る権利がある。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.  ⑮市民は、公共の行政に対し、報告を求めることが出来る。
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \⑯憲法を持つ社会は、司法、行政、立法の三権がそれぞれ分立していなければならない。





         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     そして最後――
    /   <●>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |    ⑰所有権は犯してことの出来ない不可侵の神聖な権利であり、
    \     ` ⌒´   /    事前の正当な補償でなければ、奪うことは出来ない。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.     全ての人間は自由であり、その所有が認められ、
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.    安全を享受し、不当な権利の執行に対しての抵抗が認められた。
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \  まさに、人間の解放だ!!!

127 :1 :2009/07/22(水) 21:06:25.76 ID:vwDS.6oo


         ____
        /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  ヤ、ヤラナイオ……
    |         (__人__)|  ヤルオの8ビットCPUの頭脳じゃ処理出来ないお……
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       そこまであるのかよ……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \ 
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \ 
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |


128 :1 :2009/07/22(水) 21:07:41.32 ID:vwDS.6oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    かいつまんで言えば、オプーナ先生が
. |u     (__人__)   最後に締めてくれた言葉だ。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }             もっと簡単に言うと、法律や義務を守る限り、
.  ヽ        }             俺たちの権利は保障され、不当に
   ヽ     ノ        \    侵害されることはないってことだ。
   /    く  \        \   法の下に誰もが平等なんだからな。
   |     \   \         \ 
    |    |ヽ、二⌒)、          \


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   なるほど……。
/     ∩ノ ⊃  /    王様や貴族と同様に、
(  \ / _ノ |  |     ヤルオたちにも権利があると……
.\ "  /__|  |    
  \ /___ /



129 :1 :2009/07/22(水) 21:08:57.41 ID:vwDS.6oo


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |       だけど、それでヤルオたちの
  \        /       生活はどう変わるのかお?
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | U  ( ●)(●)    …………!
. |     (__人__)   それは……なんだ、
  |     ` ⌒´ノ   税金が平等に課税されるから安くなるな。
.  |         }        
.  ヽ        }            後は王様に逆らったというだけで
   ヽ     ノ        \   逮捕されることもなくなるぞ……
   /    く  \        \  ……たぶん。
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



130 :1 :2009/07/22(水) 21:09:50.09 ID:vwDS.6oo

     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/    (●)  (●) \     おかしいお。
|       (__人__)    |     税負担が平等なら、重税になったら
/     ∩ノ ⊃  /     今までと同じように多く払わなければならないお。
(  \ / _ノ |  |     
.\ "  /__|  |      だったら、今ある財産の所有を
  \ /___ /      認められた貴族の方が有利だお。




     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/    (─)  (─) \     それに、今までだって、王様に逆らう人間は
|       (__人__)    |     少なかったお……。
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      不当に逮捕されることのない
.\ "  /__|  |      ヤルオの生活には、
  \ /___ /      ほとんど関係ないように思われるお……



131 :1 :2009/07/22(水) 21:10:55.97 ID:vwDS.6oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | U   ( ⌒)(⌒)     (……この野郎。
. |     (__人__)      妙なところだけ頭が回るな……)
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ





         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     ま、まあ……劇的に生活が変わることはないが、
    /  <●>::::::<ー> \    権利が認められていけば、そのうち実感もわくだろう。
    | U   (__人__)    |    
    \     ` ⌒´   /    ヤルオくんも、一度は自由のために戦った身だ。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.    これからも、自由と平等のために戦う
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.   国民議会を応援してくれたまえ!
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \  


ちなみに、国民議会は憲法を審議する頃から「立憲国民議会」と名称が変わっていた。
ですが、国民議会の名称が通りがいいのでこのままで通します。


132 :1 :2009/07/22(水) 21:12:02.77 ID:vwDS.6oo


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|  
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|   
            ヾ|ヽ    { |        / |<    
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ     
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__


――8月26日、ラファイエットの起草した文章は採択された。
これがいわゆる「人権宣言」であり、この宣言は「旧制度の死亡証明書」と言われ、
封建社会から市民社会への変革を表す一歩となった。

「権利の平等」、「主権在民」、「諸権利の保障」を認めるこの宣言は、
その後の多くの国の憲法に影響を与え、その思想の潮流の一つに、
日本国憲法が名を連ねているが……






   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) 本当に守られているか……?
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \   
    i⌒\ ,__(‐- 、    /  (ー) ::::(ー)ヽ    特に⑤以降はほとんど守られていないお……
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l   世間とマスゴミは恣意的に違反しているお……
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ /   法律で禁止されていない言論と思想は守って欲しいお……
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\      ザパァアァァァ‐─────‐‐‐ ‐ン
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐
           |  |  |       |,_|, __|              |,
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |,、;──‐─────‐───────‐─
            l'___)__)                ,゜ '≒~゚ ⌒ ~ " ~   ̄ ー     ~
                         ;  °。 ;从ヾー~   ~"~       ~

133 :1 :2009/07/22(水) 21:13:12.29 ID:vwDS.6oo


――8月27日
憲法の前文である人権宣言が採択された後、憲法自体の審議が開始される。
まず、憲法を作るにあたって、旧体制の権力をいかに扱うかが問題となった。

①国民議会の構成において、貴族にチェックさせる機能を持つ貴族院を作り、二院制とするか否か。
②議会の決議に対する国王の拒否権(ヴェトー)を認めるかどうか。

まずは、それそれの主義主張を思想と派閥を交えながら確認してみる。


          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /  権利は放棄しないでおじゃる!
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /

まずは保守派貴族。
絶対王政を誇示するなど時代の流れを読めない頭の弱い人たち。
政治思想:極右
派閥:王党派(守旧派グループ)
政治理念:旧体制維持
議会構成:二院制
王の拒否権:有り


134 :1 :2009/07/22(水) 21:14:26.92 ID:vwDS.6oo
                  __,,,,...,,,,___
           __,,,,,,,,,r―'''~      ゙ヽ
         /                ゙':、
        ,r'                ...:ヽ、
       i                .:::::::::::::::ヽ
       ゙i,  ゙t/;;ヽ,           .::::::::::::::::::゙i
        i...::::i"  ,!      ...  .:::::::i:::::::::::::ノ
        ゙ヾ:::|,,_  |:..    ..:::::::::::::::::::::;/::::::::::/
        (::::|-、ニ;.、ヽ、..___,,r--./|:::;r'ヽ`i
         ヾ;|ヾ゙ーソ'フ  <ヾ゙ー'.ノ/!、|:::|r'' レ'
           !  / i' .::::. `ー    | |::ノノノ    国王陛下を守らなければならぬ……
          ゙i、  、'  ::_,!     / ゙"i'"
           ゙i, ,r''゙ー'~''ヽ、 ,  !  ,r',rヽ
            ゙i''''''"~~`'''ー'")  ,r',,r"`i.|
 r'゙r'" ̄//" ̄ ̄ ゙̄|ヽ i  ̄~  '" ,r'",r'~`i;ヽ,|,r--、,,_
 ,r!、-―|_|――――ト,゙ヾ、___,,.r';;,,r' ニ,ノ;;;,ノノ_     ̄'''''',i-
 ,r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~゙tt;゙ヽ、 | '''",,,r'''",,,r',r'''―-二二―--/ /
              ヾ、 `ヾr''";;;;;;,r''"r'~          ̄ ̄'"`
              ムーニエ


             ,、.-‐──‐-,、、
           ,r'´ .:.:.::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;``''‐、
        / .:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:`ヽ,
          / .:.::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:.ヽ、,
        i゙ .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;.:.::ト、
        ,! .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;イ^ヾ;;;;;;;;;:;:;:;j{
       イ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ;;;:;;リ   `));;;;;;;;!
      }〉;;;;;;;;;;;:;;;;;;ィィイ^ノシリ /;;ノ'′   リ!;;;;;;;|
     ィイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,,、、-‐-、、、_'゙,,   _,,、、j!;;;;;j!
     /;;:;;;;;/^!;;;;:j ミ´`ーモzゥミゞ''= ,ィzテ'''"Y;;;;!
      {;;;;;;〈 f_〉;;;} !    ̄"´   `!"´   ,j;;;ソ
     〉;;;;;;ハ. (f;;:{ ゙、       .:; !  / /;イ     それが、我らの正義……!
     〈jノソ从 `ミ、  ;    ,ィ_.:.:; ′ ,' ,イ''′
 ̄`ゝ‐''"゙`"´  ! ;:;. ,      `ー ''´  .,′_
.:.:.:.:.:. \     ゙ヾ、   ,, -─-‐-- ; /   `7ゝ-、、_
:.:.:.:. :.: . \    `、 \   ‐''"´二`  /   / : .: .:
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.  \   ヽ  \_      ,,イ   / : : .: : :.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .  \  \   ``゙"""゙´/   / :. :. : : :. :



トロフィーム・ジェラール・ラリー・トランダル(1751年 - 1830年)



騎兵隊長を務める貴族。改革派貴族ながらもルイ16世を敬愛していた。
8月4日の会議では議長に会議の延長を進言するなどと、革命の行き過ぎに警戒を覚えていた。




王党派。



急進的な改革に不満と不安を持ち、王権の維持を図ろうとする無謀な人たち。
政治思想:右派
派閥:王党派(革新グループ)
政治理念:王制維持
議会構成:二院制
王の拒否権:有り



135 :1 :2009/07/22(水) 21:15:25.40 ID:vwDS.6oo


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|  
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|    革命の行き過ぎは危険だ。
            ヾ|ヽ    { |        / |<    
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ     
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
                 ラファイエット






       ,  -───-  、
     /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
    /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ    そうだね。
   /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ   王権が議会に対抗出来ないと
   / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐  大変なことになるね。
   |   l.、, -一    |  ー─- lL_
   |  / \./     |  ー-./ !
   、 ' l. /\_   | _/ /\
   ヽ  X        ̄ ̄   /
    /、二二二二二二二二 く
   /      /  ( 〒)\ ヽ
   !  /  /         }   !
         ミラボー

立憲派の中でも、国王の権力を急進への防波堤と考える現実的な人たち。
政治思想:中道右派
派閥:立憲派(国王寄りグループ)
政治理念:自由主義
議会構成:一院制
王の拒否権:有り


136 :1 :2009/07/22(水) 21:16:16.74 ID:vwDS.6oo


         ___ _        ノ^ヽ.ノ^ヽ/^ヽ ,「´
    __ -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、「 ̄`´
  ,ノ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,ノ
  f ,-、ィ'^w'!::::::::::::::::::::::(´    
 └!{    {::::::::::::::::::::::::\    
  !  _,.-ー、ヽ::::::::::::::_::::,-┘  
  lzニヘ´i ̄ \:::/´,.ヽ\   
.  /  「レ l{   i l:::ヤl(_」 l:::::)   無能な王に力があってはロクなことがないんじゃないの!?
 /  ,´'" __  j l.ミ' ヒ,、 .!:r′  
 L_,、 ,.ィ´ !`ヽ   り /::`)   
  `Lく !  !  l    し':/        
     ! !  ! l   l /             
      ! !. V    / `ー---、                l^Uヽ
      l_,レ'´  /      /             ,、|
.‐''´ ̄`ヽ}   ,/|  _      ̄フ           |`
'" ,    _>-'┴'''''<、    ' ''フ,r‐、  ,r、 /^、--'
,. '   /                /´ 、. ヽノ  `く.  \
シエイエス


137 :1 :2009/07/22(水) 21:17:20.25 ID:vwDS.6oo


/    チ              |/ ! l  ! | {
  ィ´ーケ              __ lイ ハ l `ヽ
∠ヽ 7   _ - .、          / ̄`ノイ
 ハl !  '´  ̄ 二`、ー 、  /-_   !/
  l { ! |    <T::丁 ゝ    ! イ:::レ'` リ
ヽ、ヽミ      ̄      l   ̄  l
 !ヽ` l             |     l
 `)`ハ               l    l   頼れるのは、確かな知識と――
  `Y ヽ         - /   /
 _/{   ヽ      、__ ,  /
´/l!ヽ    ヽ     ー - ´ /
. l ll ヽ.   \         / `丶、
 ! ヾ、 \   \      /ノ    ヽ` ー- ._
 ヽ ヽヽ `丶、  ` ー― /     ヽ
        ル・シャプリエ





         ,
      ,/⌒⌒`-‐ッソ_
      ノ     ソ-y、ヾ、
     (,     ノ)^  (ヽノ
     τ  ノ _ i/_|
      V^((-|_/^|_ノ    ――財力だよ。
      /|ゝiヽ、 ' __| ./
     r( | | \ └‐='/_
 ,,r-''⌒| | \ \_/|ヽ\
       / へ\ /へ|  /
        バイイ


立憲派の中で、急進派に対抗する勢力として貴族・ブルジョワジーを望む計算高い人たち。
政治思想:中道左派
派閥:立憲派(ブルジョワ・グループ)
政治理念:自由主義
議会構成:二院制
王の拒否権:無し


138 :1 :2009/07/22(水) 21:18:11.24 ID:vwDS.6oo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   無能な貴族どもに権力を与えるのは、
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"
              バルナーヴ




              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /
          |  'i'      ./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ     子供に危険なおもちゃを与えるようなものだ。
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >
           デュポール

139 :1 :2009/07/22(水) 21:19:08.23 ID:vwDS.6oo


                     テオドール・ド・ラメット
                      /  ヽノ   ! ! !  ゝ' \
                    /   __    | ,!  !       ヽ
                  /   ヽノ   l  l   |  / l   ヽ
                    l        /.  |   |   `´   l
                  」   lヽ ___/   |  ヽ__,/i  L
`丶、                /、ヽ  |    `ヾ  | ,〃    」 / ヽ            /
   `丶、              |  i´| ´フ''''ー- 、__,」 ,,、-‐''"´ゞ,| | ,| | |            /``ヽ、
 ,.'´ ̄ヽ`丶、        l  l ! i | "´ヾニ・ン''゙j`´ー'・゙ニr'゙ ;.l ! ;| | !        / ,r'"´  \
'´._    \ `丶、     」 ! | | |',;, ,` ー ,イ  ` ,`ー''´ ,;/ ! | ,l/、        / ,/      \
 ヽ丿      ヽ  、`丶、イjー=ト/ ヾiト、,,,,,.._,ゝ、''_´ ,ィ _,,,、イ ,/ ,l/ ̄!``ヽ  /  /     /l
      _   `,   ヽ  `丶、=‐カ、.  ゙,  ,r'''"゙二二ニ,ー-、 /  /ー=,!   ,/    |    ゝ‐'
    ヽ丿    !   ヽ  | !`ヽ、 \ ヾ〈 ``二二ニニ,, //  / lト、_! / l     L_
             !    |  L_」  `ヽ、\ `ゞ='゙´ ̄`ヾ''゙´´  / /l!、__ /ヽ !  ,r'゙   `¨`ー-‐イ
\      , -‐'´ヽ  ! / 」     `ヽ、  `ー─''´   / /   /ー-、Y  /   __/   /  __
彳i ー=<´      \ ! , ィ´ヽ       ∧∧∧∧∧∧∧  / |   j\,ィ''´ ̄ゝ'-‐'゙´`Tl'  //
  |  `ゝrー'''゙i"二ニニ`レ'jN ,!      < を り  王  優   >   !   〈  /   、';:,`  '"´ !!  | l
  |   l | 〉 ー=i!''゙´/  ; ヾ´!;} |     < 防 な  権  秀  >   l   i (  _,,ノ ヾ、,     ||  | l
L_,!   ! |;レ  リ"´ ,_   ,! ,リ !ゝ、ー-、、< ご が  と   な  >   ',   ,!         , '゙ i!  ヽヽ
     ,!j;:}   ,   ``ー'゙ j ,'_」ト!ー'-ゝ< う  ら  妥  人   >   ',  l  ー'       ,/
\_    `ヾ  ' ``ー='゙´ / /  Hj    < !  、 協  間   >,-─ ヽ ,,」 ゝニニニニ二ゝ/   _ノ
ト、 \   \      ,/_,/  ,Hj    <   急  を  達   >     /l  ヽ 二>、_/    ,イr'゙´
 `t、 ヾ    `ー‐ '´ ̄ _」   Hj    <   進  取  が  >   / |  i  |       /´ ,jf
シャルル・マロ・ド・ラメット               アレクサンドル・テオドール・ヴィクトール・ド・ラメット


バルナーヴ、デュポール、ラメット兄弟で結成された、立憲両派の中間に属する超現実的な人たち。
政治思想:中道
派閥:三頭派
政治理念:自由主義
議会構成:一院制
王の拒否権:有り(条件付)


140 :1 :2009/07/22(水) 21:20:38.18 ID:vwDS.6oo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|    王も貴族も不用だ!
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|     政治は人民によるものでなければならない!
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
        マクシミリアン・ロベスピエール


141 :1 :2009/07/22(水) 21:21:30.95 ID:vwDS.6oo


        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -     その通りだね……。
       (6        \   
       │    ,,,,, ─′  妥協的となったミラボーなんかに
        \    ̄ ̄l    負けてなられないよね!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l   
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\



ジェローム・ペティヨン・ド・ヴィユヌーヴ(1756年 - 1794年)



貴族出身ながら三部会では第三身分代表として選出された実直な男。
優秀だが、勘違いするのが玉に傷。




       -,---γ''''''''--_
     /  ;;; ;;;;;;ミミ ミミ  \
    /  ;;; ;;;;;; ミミミ     \
   ( (( ( ( ( ( ( ( ミミミミミ ミミミミ从ミ
  ///ノノノノノノ从 ヾミミミ ミミミミミミヽミ
  //;;;;ノノノノ ノノ  ミミヽミヽミミミミノ从
   ;;;;;;;ノノ -=・     =・ゝ ;ミミミ
   ミ;ミミミミ    ノ      |ミミ  政治を――
    ミ从    (___)    /ミ    政治をサポーターの手に戻そう!
     ミミ::ヽ  ____    |ミ
       ヽ::: ー==--'  /
        ヽ   ̄   /
    __/\ __,. /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\
 //::::::::::::::::::::::\/:::::\/::::::::::::::::\



フランソワ・ニコラス・ビュゾー(1760年 - 1794年)



高等法院の弁護士。
ネッケルの曖昧な改革を批判するなど急進派として知られる。


国王と貴族の両権力を否定し、政治を民衆の手で行おうとする過激な人たち。
政治思想:左派
派閥:民主派
政治理念:共和主義
議会構成:一院制
王の拒否権:無し


142 :1 :2009/07/22(水) 21:22:22.52 ID:vwDS.6oo


      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二)) 
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈 
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l  
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l 
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |  さてさて、どこに付けば良いバル……
            ,' ハ (_人__)    リ ,| |//´  | |.
            |  〉 、      lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ?ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |

国王を失脚させることのみ専念し、国王の座を手中にしようとする狡猾な人たち。
政治思想:左派(日和見)
派閥:オルレアン派
政治理念:自由主義(もぐり)
議会構成:二院制
王の拒否権:有り


と、このように結果は二院制と国王の拒否権は認められないという意見が多く、
国王と貴族の権限は縮小される方向に傾いていった。


143 :1 :2009/07/22(水) 21:23:16.33 ID:vwDS.6oo


     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/    (─)  (─) \    貴族の権力はおろか、
|       (__人__)    |     王様まで裸にされていくお……
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |      別にヤルオは王様のことは
.\ "  /__|  |      そんなに嫌いじゃないから、
  \ /___ /      複雑だお……


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    そりゃ、大半の国民は、王様を敬愛している。
. |u     (__人__)   だが、王権に群がる連中を排除するためには、
  |     ` ⌒´ノ   例外を認めちゃ進めない……。
.  |         }        
.  ヽ        }             封建的な権力を一つずつ否定していく
   ヽ     ノ        \    ことが、革命の成功につながるんだ……
   /    く  \        \    
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



144 :1 :2009/07/22(水) 21:24:23.35 ID:vwDS.6oo

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   
/ U  (─)  (─ /;;/  (王様……。
|       (__人__) l;;,´   馬鹿なことを
/      ∩ ノ)━・'/   考えないでくれお……)
(  \ / _ノ´.|  |    
.\  "  /__|  |     
  \ /___  


145 :1 :2009/07/22(水) 21:25:15.62 ID:vwDS.6oo


      *             ┼
        ,~-,~-,~-,
   十    |_ヴェルサイユ|    + + +
       _|_~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|           
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|       +










        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/     マリー……。
   |` - c`─ ′U 6 l     ボクたちは、どんどん追い詰められていく。
.   ヽ (____  ,-′     ラファイエットが頑張っているけど、
     ヽ ___ /ヽ      どうなることやら……
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 



146 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/22(水) 21:26:07.75 ID:r.FeVZko



自由主義と共和主義ってどう違うの?

  >>146
この物語では現状では、
国王の権限を弱め、立憲制を目指すグループが自由主義
王制を廃止して共和制を目指すグループが民主・共和主義
で表しています。

その後の展開で自由主義は国王の権限を認める立憲派と民主・共和派に分かれていきます。



147 :1 :2009/07/22(水) 21:26:34.20 ID:vwDS.6oo


       .,Å、
    .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
   o| o! .o  i o !o
  .|\__|`‐´`‐/|__/|
   |_, ─''''''''''''─ ,、 / _ ,, ─── 、
  / _____\ (  (  ( ヽ、  ヽ
.  |  | / - 、 -、|  |/-、  -、ヽ\  !     ……あなた!
  !__.|─|   ・|・   |  i| /|  |ヽ |   |__ノ      あの格好ばかりの男は信用できないわ。
  (    ` ─ o -i  |  、    U   )-、   もっと別の、わくしたちの運命を任せられる
((  \      3 ノ ノノ ヽ、\ ̄丿 /ヽ、_<  人間を探さなきゃダメよ!
     i` ─┬、 ´-(⌒ヽ-` ─ ´ヽ
    / ^ ヽ/   ̄ ̄( ⌒ ) ̄ ̄  )i ))    例えば、諸外国に強力なコネがある人物とか……
(( /  /      // `- ´┬─-  |
  /_/|      |      |.       |
  (  ) |────|      |───´ \



152 :1 :2009/07/22(水) 21:33:14.45 ID:vwDS.6oo

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   | ─|─  |─ |___/     そ、そうだね……。
   |` - c`─ ′U 6 l     (暗に、キミの大好きな
.   ヽ (____  ,-′     フェルセンを押してないかい?
     ヽ ___ /ヽ      彼は、ちょっと信頼が……)
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 


153 :1 :2009/07/22(水) 21:34:06.46 ID:vwDS.6oo

        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
       |______|_____|
       | 三|  _     _   |三 !
       | 三|  三シ   ヾ三  |三 |
       | 三′  .._     _,,..  i三 |
       ト、ニ| <でiンヽ ;'i"ィでiン |三.|     陛下……。
       ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ     少々時間をいただいても
        i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ    よろしいでおじゃるか?
        ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
         |      _ _    イ l
           l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、
            ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
             | \  ー一 / /   _,ン'゙\
         ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
      _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー






        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   |  ─| ・  |─ |___/     ……どうしたんだい。
   |` - c`─ ′U 6 l     今、マリーと大切な話をしているんだけど、
.   ヽ (____  ,-′    何か良い話でも持ってきてくれたのかい?
     ヽ ___ /ヽ      
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 


154 :1 :2009/07/22(水) 21:34:58.33 ID:vwDS.6oo


        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
       |______|_____|
       | 三|  _     _   |三 !
       | 三|  三シ   ヾ三  |三 |
       | 三′  .._     _,,..  i三 |
       ト、ニ| <でiンヽ ;'i"ィでiン |三.|     はい。
       ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ     国王陛下の身を守りたいと
        i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ    提案してきた者がやってきました。
        ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
         |      _ _    イ l
           l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、
            ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
             | \  ー一 / /   _,ン'゙\
         ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
      _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー



155 :1 :2009/07/22(水) 21:36:01.33 ID:vwDS.6oo


                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!      誰です……?
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    おかしな輩ではないでしょうね。
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |




        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
       |______|_____|
       | 三|  _     _   |三 !
       | 三|  三シ   ヾ三  |三 |
       | 三′  .._     _,,..  i三 |
       ト、ニ| <でiンヽ ;'i"ィでiン |三.|     ええ……。
       ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ     素性の知れた、有能な人間です。
        i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ    心配ないでおじゃるよ?
        ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
         |      _ _    イ l
           l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、
            ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
             | \  ー一 / /   _,ン'゙\
         ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
      _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー



156 :1 :2009/07/22(水) 21:38:54.06 ID:vwDS.6oo


        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   |   ・| ・  |─ |___/     わかった……。
   |` - c`─ ′U 6 l     多くの貴族たちが亡命した今、
.   ヽ (____  ,-′     少しでも仲間は必要だ。
     ヽ ___ /ヽ      紹介してくれ。
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 




        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
       |______|_____|
       | 三|  _     _   |三 !
       | 三|  三シ   ヾ三  |三 |
       | 三′  .._     _,,..  i三 |
       ト、ニ| <でiンヽ ;'i"ィでiン |三.|     かしこまりましたでおじゃる。
       ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ     ――入って来るでおじゃる!!
        i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ    
        ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
         |      _ _    イ l
           l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /、
            ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/'"\
             | \  ー一 / /   _,ン'゙\
         ,ィ|、  \     /_,、-'" _,.-''´ `丶、__
      _, イ  | ヽ_ 二=''" _,. -''´  """""´´  ``ー


157 :1 :2009/07/22(水) 21:41:17.09 ID:vwDS.6oo

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  
   |   ・| ・  |─ |___/     な、なにぃっ――!?
   |` - c`─ ′U 6 l     
.   ヽ (____  ,-′    
     ヽ ___ /ヽ      
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 






\\\\、   〈::::::::::::::::レへ:::::::::::::::::/  |::::::::::::;;;;:::::::::::::
\\\\\   ゝ、:::::::::|   \::::::::::|  了:::::::::/-、\:::::::
\\\、 、    | 7ヘフ―-、  \:::::| 、\::::::|   ヽヽ::::
            , イ   //⌒l |    ̄  >―\|    | |::::
         / r|  / { ・ / !     / /⌒l ヽ    |::::
三       | {|  { `ー' /       / {.・ | |     !::::
三三      | /   \__r‐-、    {  `ー' /    |::   ――あ、あなたは!?
三三      ∨      {_      \__/      |:::
三三_     |   /⌒                   レ
         |   \_______
         ゝ     |         \        {
三=       /´:::\    ヽ          ヽ
≡=-   /:::::::::::::::::\   \/´ ̄ ̄ ̄ヽ |     、__
//   /:::::::::::::::::::::::::/ \   \ ___,/    /



158 :1 :2009/07/22(水) 21:42:14.69 ID:vwDS.6oo


ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)  ルイ16世・マリーアントワネット<
_)  オノーレ・ガブリエル・リケティ・コン・ド・ミラボー!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
                  ______,,,,,,,,,,,,,,,,______
             ,,,,:::::::゙゙゙゙、-‐‐-、::::::::-‐‐-、゙゙゙゙::::::,,,,
           ,,::"::::::::::::::/    ヽ/    ヽ:::::::::::::"::,,
          /::::::::::::::::;;;;l    ●|●    l;;;;::::::::::::::::\
        /:::::::::::: ''"   ヽ.   ,.-‐-、   ノ  "'' ::::::::::::\
       /::::::::::/  ー-、,,,_   ̄´l::::::::::::l` ̄  _,,,、-‐ \:::::::::ヽ
       i':::::,、-‐-、.     `'''‐- `‐-‐' -‐'''´    ,.-‐-、::::::::i,
       i'::::/      ──-----  |  -----──     ヽ:::::::i,
      i':::::{.     -----‐‐‐‐‐  │  ‐‐‐‐‐-----    }::::::::i
     .|:::::i ヽ.,         _____,,,,,,,,|,,,,,,,_____         ,ノ i:::::::|
     .|::::|   `'t‐----‐''''''´         `''''''‐---‐t''´  |::::::i
      i::::i    i                      i    i:::::i'
      .'i:::i    i                      i    i::::i'
  , -‐‐- 、::i,    ヽ.                     /   /::i'
 /     ヽi,    ヽ   /゙゙゙゙゙゙゙"'‐--‐'"゙゙゙゙゙\  /    /:i'
 {      } ヽ     \ /             i/    ./'´
 ヽ     ノ:::::::\     `''‐-、,,,,,,,,,_______,,,,,,,、-‐'´    /
  `'''''''''t":::::::::::::::::\,,,,__               __,,,,,/
       \::::::::::::::/;,,,,,,,,"""'''''''''''''ゝ‐-、''''''''''''''""",,,,,,,},,,,,,,,____, -‐- 、
        \::::::/:::::::::::"""'''''''''''''{===}'''''''''''''"""::::::::::::::::::::/     ヽ
         、'''゙゙ ̄ ゙゙̄ヽ./   `ー゙‐"    \:::::::::::|:::::::::::{     }
        /        ヽ            ヽ::::::::|‐‐--ヽ、______ノ


        
        

第6話「封建的権力の衰退」終わり
第7話「落日のヴェルサイユ」へと続く

コメント

非公開コメント
プロフィール

IKZIHS

Author:IKZIHS

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon人気DVD
Amazon人気フィギュア
Amazon人気コミック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop