大阪 美容外科 脂肪吸引 ふくらはぎ やる夫がフランス革命を生き抜きます 第8話「革命の推進」前編 - 私撰やる夫まとめブログ

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第8話「革命の推進」前編

20170416

362 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:33:44.65 ID:Gn2m4VAo


かしら、かしら、ご存知かしら~?
世界を革命する物語が始まるわよ~
かしら、かしら、ご存知かしら~?



~第8話「革命の推進」~



――1789月10月

            *     ________ *
 ┼                    | ジャコバン・クラブ|
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

ヴェルサイユ行進の後も、ブルトン・クラブは勢いを増すが、
ムーニエらブルターニュ地方の議員が離脱したことにより、
地方色のある名称は「憲法友の会」と改称されていた。
しかし、パリのジャコバン修道院を会場として用いていたので、
通称として「ジャコバン・クラブ」と呼ばれている。

次第に議員だけでなく、多くのパリ市民が会員となって規模は拡大。
その後、地方の都市や農村の人間も会員となって支部が作られるようになっていき、
その意向を受けて急進性が顕著になっていく。








364 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:38:36.71 ID:Gn2m4VAo


/:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.::.:.:.:.ヽ        /  .\
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::.:.:.::::',      /     .',
 l  ..:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::.:.:|ヽ、::::ト、l     /       .l
:.:.!:.:.:.:.:.:!:.:.ト、{:::.::.:.:.::ハrfア|::::!}メ´ ̄`丶!        |
ヽl.:.!:.:.:.:!_N__ト、ト::N以' ノ|:ハ     |         ,'
 ヽ!::::{:ヽK上少 ヽ、   /  j     !        /      封建社会の象徴であった国王は、
 ハト、::!:ヽヽ   r‐‐‐1 /  !        !      /       オレたち人民の力の前に屈した!
. {  ヽヽ `ヽ、 弋__ノ,.'  .::|:. :::. /ノ     /
 ヽ    | {ヽ_`_7   ::::!:::.{:::://{      イー‐.、      人民は、世界を革命する力を持っている。
.  \__  `ー―‐〃    :::!::::∨   ヽ   ノノ   └ 、    これからは奪われた権利を取り戻す番だ!
   /  L    ノ       ヽノ       ,イ   ./  1
  ノ  ./ヽ     r―― ' ´       Y    /    イ、    さあ、国民議会に圧力三昧だ!
f´   {   .\    {     _ - 、    \__.ノ  /  }
    ヽ.    \  `ー‐‐'´    `ー '´`ヽ \__/   ノ
          マラー


365 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:40:29.69 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ……圧力って言っても、
          |     (__人__)   聖職者を除けば、議会の王党派は
             |     ` ⌒´ノ  議員を辞めていく一方で、死に体だ。
              |         }   
              ヽ        }   俺たちが圧力をかけるまでもないだろう。
            ヽ、.,__ __ノ   常識的に考えて……。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●) 〔_//_〕|[l
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  王党派の戦闘力たったの5だお!
  |     |r┬-|     |  ゴミだお!ゴミクズだお!
  \      `ー'´     /



366 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:42:32.86 ID:Gn2m4VAo


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    王様は可哀相だけど、
|       (__人__)    |     これから民衆に目を向けた
/     ∩ノ ⊃  /     改革が始まるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |  
  \ /___ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ─   ─__\) ;;;;) 
/    (●)  (● /;;/  
|       (__人__) l;;,´|    そうなったら、今まで贅沢三昧だった
/      ∩ ノ)━・'/    貴族や坊さんたちは終わりだお……
(  \ / _ノ´.|  |    
.\  "  /__|  |     
  \ /___ /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   諸行無常……
|       (__人__) l;;,´|   盛者必衰だお……。
/      ∩ ノ)━・'/   
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


367 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:43:58.83 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  ……議会はこの機会を逃さない。
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ  今、一番勢いのある民衆の声を受けて
              |         }   本格的な改革を進めるだろうよ。
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



368 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:46:51.94 ID:Gn2m4VAo

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    ところでヤラナイオ……
|       (__人__)    |    一つ相談なんだお。
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |     ヤルオは、ジャコバン・クラブ
.\ "  /__|  |      をやめたいんだお。
  \ /___ /

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ……どうしてだ。
          |     (__人__)   ヤルオもようやく政治に
             |     ` ⌒´ノ   関心が出てきたのに?
              |         }   
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


369 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:48:42.92 ID:Gn2m4VAo
     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/    (─)  (─) \    ジャコバン・クラブの会費は高すぎるお……
|       (__人__)    |    年間で2ヶ月分の給料取られたら、
/     ∩ノ ⊃  /     ヤルオの大好きなエロ同人作家
(  \ / _ノ |  |     「ジェヴォーダンの黒犬獣」さんの
.\ "  /__|  |      本が買えなくなっちゃうお……
  \ /___ /





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ●)(●)  (……またそれかよ。)
          |     (__人__)   そ、そんなことよりも大事なモノ
             |     ` ⌒´ノ   があるだろ。常識的に……
              |         }   
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


370 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:50:47.45 ID:Gn2m4VAo


     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/    (─)  (─) \    ヤラナイオは会費の件で、
|       (__人__)    |    ヤルオに借金しているお……
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |     
.\ "  /__|  |     
  \ /___ /     





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ●)(●)  ……く。
          |     (__人__)   オレの弱いところを……
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }   
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



371 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 19:51:25.69 ID:AlTPQpMo



でも、「会費が高くて払えないんです~」っていうのはいい口実だね
そう言われたら会だって引き下がらざるをえないもんな




372 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:53:06.13 ID:Gn2m4VAo

     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/    (─)  (─) \    偉いことを言う前に、金を返すお。
|       (__人__)    |    もしくは「ジェヴォーダンの黒犬獣」さんの
/     ∩ノ ⊃  /     エロ同人詰め合わせでもいいお。
(  \ / _ノ |  |     
.\ "  /__|  |      美少女戦士がヤラレちゃう
  \ /___ /      「痴漢電車シリーズ」なんか最高だお。






   / , : : : : : : :.i: : :,イ: .:.:. : : : : : :.l:.: : : : l: : i: l
  ./ /: : : : : : : :l: : :i l:.:.:i:.:. : : 、:. : lヽ:.: :l l: : :l :l
  i :/i: : .: : : : : :l:-:廴i_ハ:.:.:.:ハ;斗-+- l:' : : :.リ
  l/ l : .:.:. :ヽ: : :lムl--l、` V:./ ´l:ム--i、/ .:.: : /
.    l .:./:.:.:. \ヘ` ト::イ` V '/ト::イ l7:.:.:.:. :.{
    l:.ハ:.:.:\:.ヽヘ ̄´   i  ` ̄ //>.:.:,、l , -‐ ― 、   おお! 気が合うじゃないか。
     ' V:l:.:.トヾー`  、___   イ- ':ハ//    ./    キミも「ジェヴォーダンの黒犬獣」さんのファンか!!
      ハ:ト:l ヽ:.\        //l:./ /    ,, ''      だったら、オレが所属している部活に入らないか?
          ヽト:.ヽ、    /lヘ' , - '    f
          /´「 .i ` ー '  .i / /    ノ        そこだったら、月2スーの部費しか取らないぞ。
         /  i  l     /´  {    l __       年間にしてもたった1リーヴル程度だ。
        ,/   l/    /    '  , .lヽ、 ヽ      さあ、コルドリエ・クラブにレッツ入部!
      /./  , ヘ ヽ  _ .. -'-、__  -- '  .i  `、\
 , - ''  / /  / ./   _ /  /   l   ヽ  i  〉
/      ' ´    /  /´   ,ィ   /ヘ.   ヽ l ./


373 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:55:23.54 ID:Gn2m4VAo

            *     ________ *
 ┼                    | コルドリエ・クラブ |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ




ダントンが設立した入会費が安く、庶民的なクラブ。
正式名称は「人権友の会」だが、当初、コルドリエ修道院を集合場所としたのでこの名で呼ばれる。
後にドフィーヌ街の博物館広場に移転した。
権力の乱用と人権に対する侵害とを世論に訴えることを目標にした急先鋒のクラブであり、
マラーのほか、後にダントン派と呼ばれるカミーユ・デムーラン、ファーブル・デグランチーヌが在籍。
ほかにもエベール、ヴァンサン、ショーメット、モモロなどダントン派と対立するエベール派のグループも在籍していた。



374 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:56:59.23 ID:Gn2m4VAo

            ___
           /⌒  ⌒\
         /( ●)  (●)\       月に2スーならOKだお!
        /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      ヤルオは、コルドリエ・クラブに入るお!
        |     |r┬-|     |      
        \      `ー'´     /

375 :1 [saga]:2009/08/04(火) 19:58:53.69 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ●)(●)  ……そうか。
          |     (__人__)   オレはもう少しジャコバン・クラブを
             |     ` ⌒´ノ   中心に活動するよ。
              |         }   ロベスピエールさんもいるしな。
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、






       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    そうかお。
  |    mj |ー'´      |   たまにここにも顔くらいは出しにくるお。
  \  〈__ノ       /   ヤラナイオもコルドリエに遊びにくるお!
    ノ  ノ


ここで、二人の道の一つが分かれた。
だが、これで大きな変化があったわけではない。
大きなうねりは、これからどんどん加速していく。


376 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 19:59:43.87 ID:YOk0Vwko



階級というか収入的に上だろうやらない夫がやる夫に金借りてる時点で、会費高いんだろうなあと思える




378 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:02:26.91 ID:Gn2m4VAo


――10月10日

            *     ______*
 ┼                    | テュイルリー |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

議会はヴェルサイユからパリに移された。
「封建的特権の廃止」と「人権宣言」が認められ、
一時的に停滞していた改革もようやく進み、
国民議会改め、立憲国民議会と名前を変えた議会の
最大の目標である憲法の制定の目処が立った。

だが、その前に、未だ未着手である現実の課題に取り組む必要があった。




380 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:03:42.28 ID:Gn2m4VAo

 /         ヽ
 | 財  な  闘 i
 ゝ 政  き  わ ノ
  / 問   ゃ   イ
  | 題       i
  \と__ _ ,,-'
――--、.., ∨
::::,-ー、,-、ヽ
::_|/ 。|。ヽ|i、
/.` ´● ' ニ、
ニ__l___ノ
/ ̄ _  | i
|( ̄`'  )/ / ,..
`ー---―' / (__ )
====( i)==::::/
:/   ヽ:::i
ミラボー

ミラボーは、「財政改革なしに憲法問題の前進なし」とし、
革命勃発の原因となった財政問題に取り組むことを訴えた。



381 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:05:49.76 ID:Gn2m4VAo


                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;   現在、王国の財政状況は瀕死の状態にある!
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l   未だたな晒し状態の財政問題を解決しなければ、
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|  憲法も革命も進めることは許されない!
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|  
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、

ヴェルサイユ行進に失望し、王党派のいなくなった議会は、改革派の独壇場であった。
ミラボー、ラファイエットに対抗しうるのは三頭派だけで、
民衆に人気のあったオルレアン公は、ヴェルサイユ行進の首謀者として
ラファイエットに嫌疑をかけられ、外交使節の名目で、イギリスへと追いやられていた。


382 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:06:55.80 ID:Gn2m4VAo


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|     ネッケル殿、
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|     王国の財務状況を
            ヾ|ヽ    { |        / |<      簡潔に報告してください。
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ    
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
                ラファイエット




     ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
     l  i''"        i彡
    .| 」   /' '\  |  はい。
    ,r-/   -・=-, 、-・=- |  では、国家歳入についてですが、
    l       ノ( 、_, )ヽ  |  諸税収を合計しますと理論上
    ー'    ノ、__!!_,.、  |  5億リーヴルの収入があります。
     ∧     ヽニニソ   l
   /\ヽ           /
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ
         ネッケル



383 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:08:15.07 ID:Gn2m4VAo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|   
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  理論上とはどういうことだ?
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
      マクシミリアン・ロベスピエール






     ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
     l  i''"        i彡
    .| 」   /' '\  |  直接税を徴収する徴税所は焼き討ちにあい、
    ,r-/   -・=-, 、-・=- |  徴税吏員の活動は機能不全となっています。
    l       ノ( 、_, )ヽ  |  
    ー'    ノ、__!!_,.、  |  そのため、直接税は徴収困難のため、
     ∧     ヽニニソ   l  実際のところ、歳入は5億を下回るでしょう。
   /\ヽ           /
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ



384 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:10:22.04 ID:Gn2m4VAo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|   
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  ……なるほど。
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  では、歳出はどれくらいなんだ?
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ






     ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
     l  i''"        i彡
    .| 」   /' '\  |  歳出の前に、債務の報告からします。
    ,r-/   -・=-, 、-・=- |  国債などの負債が31億リーヴル。
    l       ノ( 、_, )ヽ  |  
    ー'    ノ、__!!_,.、  |  これまでの制度の廃止にともない生じた
     ∧     ヽニニソ   l  保証金の支払いが10億ルーヴル。
   /\ヽ           /  合わせて約42億ルーヴルが国の借金です。
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ



385 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 20:11:22.17 ID:AlTPQpMo



え、ネッケルなに当たり前の顔して議会に紛れ込んでんの? 




386 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:11:52.39 ID:Gn2m4VAo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    国家歳入の約10倍の借金か……
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"
              バルナーヴ




     ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
     l  i''"        i彡
    .| 」   /' '\  |  この債務に対する利子が年間2億6,000万リーヴル。
    ,r-/   -・=-, 、-・=- |  教会の及び聖職者に対する支払いが1億2,000万リーヴル。
    l       ノ( 、_, )ヽ  |  
    ー'    ノ、__!!_,.、  |  そして諸経費がもろもろかかりまして、
     ∧     ヽニニソ   l  歳出は4億程度になりますかね……
   /\ヽ           / 
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ


388 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:15:27.85 ID:Gn2m4VAo


    l⌒    ∩  っ
       ___
     /  , -、, - 、ヽ
   / ,-―|/ ゜|゜ヽ|-、ヽ   単純計算で、
    | |二 ` -O- ´ キl   5億-4億で、1億リーヴルが
    | |― __|__つT/   使用できる国家予算になるけれど、
    \ヽ(  _  ( ノ    実際はそれを下回るのか……





          ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『国家歳入が5億でマシと思っていたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        それは理論上の数字で、その10倍の借金が報告された』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    多重債務だとかカード破産だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…



389 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:16:51.69 ID:Gn2m4VAo

        ______
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     /.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ))   貴族や聖職者に対する課税が始まるけど、
    ●  / ̄\;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     こんなんじゃ焼け石に水だ!
     | ̄ ニニニ;;;;;;;;;;;;;;;;|    
  ((  |_ ‐ ∩/ |;;;;;;;;;;;;;;;| ))   誰か良い提案はないか!?
     ( / ̄ ̄ /;;;;;;;;;;;;/
    (⌒)━━━━━       財政問題はボクの門外だ!
      ̄㊦ \ノ;;;;;;;;;;;;;;\     お前ら、頭が良いんだろう。
  、―∈∋⌒) ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|●    さっさと口を開けよ!!!
   ̄ ̄ ̄|^` ̄〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ノ
     l⌒`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ⌒l 
     \== =  = ==/
       (__) (__)
390 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:17:44.61 ID:Gn2m4VAo

          , -ェェェiiェェェ-、
          .l f^''' ー - ‐ ''' ^l i
          l ,'    ‐-‐    ','!
          | l へ、‐-‐,.へ l |    ……では、僭越ながら
          Ll -‐。=, '=。‐,-.L|   この私が……提案をしよう……!
          ,.{ヒ| ` ´| |` ´ .|ヒ}、
     _ ,. -‐|.`-l /_〈_〉_'、 !-'|ー- 、 _
 , -‐ ´ _ , -‐|.  l. l'-―‐-'! |  |ー- _ ` ー- 、
i |-‐ ´    |  |`ー- ニ - ‐' !  |     ` ー-|ヽ
! |       |  .|   ><   |   |        |  l
            タレーラン



391 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:18:54.80 ID:Gn2m4VAo


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ ! あんたは、オータンの司教タレーラン。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l | 何か根本的な解決法でもあるのかな?
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


392 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:21:08.43 ID:Gn2m4VAo


      r'ff77"/////〃〃∠=:、     
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l    
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!        国家の危機……
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l        その時……民衆の模範となるべき者は……
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       誠意を示すべきだ……!
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      ……国家に対する……誠意を……!
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._   
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l    
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | 
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |   
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |   




394 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:22:03.06 ID:Gn2m4VAo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|   
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  ……誠意とは?
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  具体的に誰がどのような誠意を
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  見せるべきなのですか?
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |  まさか、焼けた鉄板の上で
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `  土下座でも行うワケではないでしょう。
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ





395 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:24:51.97 ID:Gn2m4VAo


      r'ff77"/////〃〃∠=:、     
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l        単なる土下座など無駄……
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!       不必要な土地を所有するもの……
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l       
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、      ……そうだ。教会だ。
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \     教会は……誠意を見せなければならない。
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._  
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l    寄進された土地を……国家に返却して……!
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | 
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |   
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  


396 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:26:11.57 ID:Gn2m4VAo

         ___ _        ノ^ヽ.ノ^ヽ/^ヽ ,「´
    __ -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、「 ̄`´
  ,ノ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,ノ
  f ,-、ィ'^w'!::::::::::::::::::::::(´    
 └!{    {::::::::::::::::::::::::\    
  !  _,.-ー、ヽ::::::::::::::_::::,-┘   教会の土地の権利を侵害するってえ~の!?
  lzニヘ´i ̄ \:::/´,.ヽ\   
.  /  「レ l{   i l:::ヤl(_」 l:::::)   それはいくらなんでも横暴じゃねえのか……!
 /  ,´'" __  j l.ミ' ヒ,、 .!:r′  
 L_,、 ,.ィ´ !`ヽ   り /::`)   
  `Lく !  !  l    し':/        
     ! !  ! l   l /             
      ! !. V    / `ー---、                l^Uヽ
      l_,レ'´  /      /             ,、|
.‐''´ ̄`ヽ}   ,/|  _      ̄フ           |`
'" ,    _>-'┴'''''<、    ' ''フ,r‐、  ,r、 /^、--'
,. '   /                /´ 、. ヽノ  `く.  \



397 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:27:29.03 ID:Gn2m4VAo


    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|       
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|       
     / 二ー―''二      ヾニニ┤       
    /'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|       ククク……
   <"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|       それは違う。
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|       そもそも……教会の土地財産は、
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|       聖職者のために与えられたものではない……!
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
    |  /    、          l|__ノー|        国家の信仰を担う教会に捧げられたもの……
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ       つまり……言い換えれば……信者全体……
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \     すなわち……国家に捧げられたものだ……!
    |    ≡         |   `l   \__    
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''  公共の財産……そう考えるのが妥当……!
 -―|  |\          /    |      |


398 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:28:32.65 ID:Gn2m4VAo


   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /    (素晴らしい!
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//      まさに逆転の発想だ!)
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!       
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /      
  '             ヽ- ,.. ノ         
  \     `ー------- '/ ヽ         
.    \            /    ヽ
      \       /      |         
      /ヽ、   ノ         |        
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l       
    / ヽ   |     |        |


399 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:30:22.12 ID:Gn2m4VAo


         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ        ……国家はこの財産を取り戻す。
        |三=-::::  "'ー-ー'" \       しかし、諸団体の債務の返済……
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|       教育……貧者の救済……礼拝費……
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|       それらの責任を負わなければならない……!
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|        
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|         だが……いずれ来る教会の国有化……
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
/   |   .|\     ''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )   避けられない運命ならば、
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
'" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!   土地の国有化は……その第一歩だ……!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /



400 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:31:57.80 ID:Gn2m4VAo


           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>  
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.  ふざけるな、この裏切り者!
            | ̄,.レ,..、  )7   
            ! ''===i  /'.    教会の土地が収用されたら、
            ヽ `! !' ,//\_   贅沢が出来なくなるじゃないか!
         _,―イ>`'´‐< /  \_    
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |
           上級聖職者

タレーランの提案に対し、反発を見せたのは上級の聖職者たちであった。
大都市の司教・司祭ともなると、地方のそれに比べて桁外れの収入を得ており、
彼らは、その利益の喪失を恐れて頑強に反対をした。


402 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:34:03.82 ID:Gn2m4VAo

しかし、一般の民衆の反応はというと――

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  オータンの司教タレーラン氏の提案……
          |     (__人__)    実に見事だな。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    聖職者自らの提案だったら、不満を持つ
              ヽ        }    下級の聖職者は喜んでそれに賛成をするだろうよ。
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


      ____      
     /ノ   ヽ、_\    そうだお!
   /( ○)}liil{(○)\  上の連中は儲けすぎだお!
  /    (__人__)   \ 愛と平和を訴えているのなら、
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | もっと清貧に生きるべきだお!
  \    |ェェェェ|     /   


403 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:35:59.49 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   やっぱり、教会の土地や財産は
          |     (__人__)    信仰のために寄進されたモノだ。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    ラブホテルを経営する宗教法人じゃないんだし、
              ヽ        }    公共の物として、その利益のために使うべきだろう。
            ヽ、.,__ __ノ     常識的に考えて……。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、

この考え方は、一部の聖職者のみが不当な利益を享受しているという認識もあり、
大部分の議員も教会の財産を公共のものとすることに賛成した。



404 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:37:30.28 ID:Gn2m4VAo


――11月2日。
結局、上級聖職者と、その利権に結びついたブルジョワ議員からの抵抗はあったが、
議会は508対346票でタレーランの提案を可決。
約30億リーヴルと評価される教会の土地財産を収用し、国有化することが決定した。



    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|       
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|       
     / 二ー―''二      ヾニニ┤       
    /'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|       ククク……
   <"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|       これで大都市の教会による専有は終わった。
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|       つまりは……奴らの没落……!
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|       
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|        だが……!
    |  /    、          l|__ノー|        私の給与は倍増……!
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ       
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \      世の中……金が最も大事……
    |    ≡         |   `l   \__    金は……信仰より重い……!
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''  
 -―|  |\          /    |      |

革命後、聖職者間の格差は大幅に縮まる。
例えば、革命前、パリ司教の年収が20万リーヴルであったのが、
革命後には5万リーヴルにまで落ち込んだ。
それに対し、一般の司祭の年収は700リーヴルから6,000リーヴルへと増額とされる。

これにより、下級聖職者や、地方の聖職者たちは経済的にゆとりが出る一方、
大都市の司教たちは経済的に没落し、いっそう、革命に反対の立場を取るようになる。


405 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:39:09.72 ID:Gn2m4VAo


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   しかし、ヤラナイオ。
/     ∩ノ ⊃  /    教会の財産のほとんどは土地だお。
(  \ / _ノ |  |     土地だけだと国家の収入にはならないお。
.\ "  /__|  |    
  \ /___ /


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   まあ、そこは裕福なブルジョワ層に売却して
          |     (__人__)    現金化しなければならないな。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    ただ、経済が停滞している理由の一つに
              ヽ        }     亡命した貴族が大量の硬貨を持ち出した
            ヽ、.,__ __ノ     ってのがある。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   通貨の不足に拍車がかかるととんでもないことになるぞ。


通貨不足の問題に対し、財政を担当する議員の中から妙案が出され、
教会の土地と交換を目的に「アッシニア証券」の発行が決められた。


406 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:40:40.93 ID:Gn2m4VAo


アッシニア証券。
「支払いに当てる」という意味で、4億円を発行限度とした教会財産を担保にする五分利息付きの証券。
財政問題を担当していたクラヴィエールらが考案したもので、
土地を債権者に売り渡す手段として、不足していた現金に変わるものとして発行した。
もちろん、現金としては使われず、アッシニア全額償還を土地取得の条件として
購入者から現金の回収を目的としたものだった。

                      十
                      |
                     ,.!
                     / iヽ
                   ∠___i__ヽ
                    |iiiiiii|iiiii|
                    |iiiiiii|iiiii|
           , -―――一 ''''iー一,大
         /           ,/三\
        ∠_______,,/三三三,\
         |三|[]|三|[:]|三|[::]|三|三,/\,三|
--――''''''"^''|三三三三三三三三|三i|[]|[]!三|ー-――wwvv,,,,,__
'i、ー-  ,,_ ,,~~~''''''~~~~~~~''''~~~'' ' ´ `''''''~~     ~~

だが、当時の教会財産は抵当に入っているものも多く、
買取によって逆に損失が増えることを恐れて、
ブルジョワ層はアッシニア証券の購入を控えた。

そのため、議会は教会の負債を国家負担とし、
後には維持費や聖職者の給与までも負担すること(聖職者民事基本法 )で、
教会組織の国有化を推し進めて信用を保証した。
これにより教会財産の売却は順調に進んだが、アッシニア証券は大量に流通したため、
不足していた硬貨の代わりに紙幣として流通するようになってしまう。
結局、アッシニア証券は、1790年4月には利息を三部に引き下げた
「アッシニア紙幣」として流通されることとなるが、それでも足りず、
9月には無利子の「アッシニア紙幣」が発行限度額を大幅に超えて発行されるようになる。


407 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:43:42.90 ID:Gn2m4VAo


        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /    
.      !  ,'::::::::::    、       ∨      
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ    
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |  
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│  
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|   
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|   
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|  
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |   
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`  
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │  
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |   


なお、この議会の期間中、タレーランは他にも世界統一 規格の長さの単位を作ることを提案した。
その制定は翌年になるが、科学者ラヴォアジェらの提唱により、
地球の北極点から赤道までの経線の距離の1,000万分の1として定義され、
この新規格の単位は特にイギリス圏外で多く採用され、「メートル法」として今日にも残り続る。


408 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:45:46.71 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  ……議会は、知事などが廃止された地方でも、
          |     (__人__)   その分権を推し進めるために再編成にも乗り出したぜ。
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }   これで、煩雑で効率の悪かった行政区は整理統合される。
              ヽ        }    まさに、「革命の大合併」だな。
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



     ____  
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\ 
/ U  (─)  (─) \     (そんな、いかにも官僚主導で、
|       (__人__)    |      失敗しそうなネーミングはいかがと思うお……)
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |     
.\ "  /__|  |      
  \ /___ /      

なお、新たな行政区分は、

県(デパルトマン)

大郡(アロンディスマン)

小郡(カントン)

市町村(コミューン)

となり、現在の政治行政区に近い形になる。



409 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 20:46:20.41 ID:YOk0Vwko



確かに偉業ではあるんだが、当時のフランスはメートル法なんぞつくっとる場合じゃなかったと思うんだが……



410 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:47:29.51 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ……とにかく、今まではパリ中心の政治だった。
          |     (__人__)   これからは、パリ以外も等しく発展できるよう、
             |     ` ⌒´ノ   地方も活性化してもらいたいぜ。
              |         }   
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




412 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:48:54.04 ID:Gn2m4VAo


    地方なんてどうでもいいお!
    ヤルオの生活を豊にしてくれるよう、
    パリには発展してもらいたいお!
    ⌒|/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
      ヽ   ____
        /  |::⌒\
      /  _ノ|::(●)\
表   /  o゚⌒ |ヽ__)⌒::::\   裏
     |::.    (__ノ|r-|:::::::::::::::::::|
     \::.   ´ |ー´::::::::::::::/
               ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄\
    そうだお。
    地方に権限を委譲して発展させるお……


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       表と裏の声が逆だぞ……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \ 
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \ 
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
                     ` ⌒´ 


413 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 20:49:53.07 ID:AlTPQpMo



たしか、測量のための目印として白旗を掲げたら、王族の象徴だっていうんで騒ぎになったよねメートル法



414 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:50:12.11 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  議会は財政問題の完全決着を考えている。
          |     (__人__)   これまでの流れは、引き続き来年も議論され、
             |     ` ⌒´ノ   特に、一刻も早い教会資産の売却を行うために、
              |         }   聖職者たちの処遇を決定しなきゃならない。
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ   ローマ・カトリック教会との折衝が
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  きちんと行われれば良いんだけどな……



416 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:56:54.11 ID:Gn2m4VAo


――年が明けて1790年

         ___ _        ノ^ヽ.ノ^ヽ/^ヽ ,「´
    __ -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、「 ̄`´
  ,ノ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,ノ
  f ,-、ィ'^w'!::::::::::::::::::::::(´    
 └!{    {::::::::::::::::::::::::\    
  !  _,.-ー、ヽ::::::::::::::_::::,-┘   革命がどんなに歪んでいくものかを
  lzニヘ´i ̄ \:::/´,.ヽ\   
.  /  「レ l{   i l:::ヤl(_」 l:::::)   あらかじめ知っていたら、
 /  ,´'" __  j l.ミ' ヒ,、 .!:r′  
 L_,、 ,.ィ´ !`ヽ   り /::`)   こんなものに関わりあうんじゃなかったぜ!
  `Lく !  !  l    し':/        
     ! !  ! l   l /             
      ! !. V    / `ー---、                l^Uヽ
      l_,レ'´  /      /             ,、|
.‐''´ ̄`ヽ}   ,/|  _      ̄フ           |`
'" ,    _>-'┴'''''<、    ' ''フ,r‐、  ,r、 /^、--'
,. '   /                /´ 、. ヽノ  `く.  \


                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;   何を今さら愚痴っているんだい。
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l  
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|  自分で牡牛の綱を解いておいて、
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|  
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l  「そいつが角で突いてくる!」
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l  って喚いているようなものじゃないか。
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、


売れ行きの鈍い教会財産の売却を推進するため、
その国有化政策が議論された。
その中で、元来、聖職者として、その権益の一部を保守しようとした
シエイエスは、第三身分の権益を代弁し、先鋭化する議会に落胆を覚えていた。


417 :1 [saga]:2009/08/04(火) 20:58:46.96 ID:Gn2m4VAo


         ___ _        ノ^ヽ.ノ^ヽ/^ヽ ,「´
    __ -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、「 ̄`´
  ,ノ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,ノ
  f ,-、ィ'^w'!::::::::::::::::::::::(´    
 └!{    {::::::::::::::::::::::::\    
  !  _,.-ー、ヽ::::::::::::::_::::,-┘   それでも、「10分の1税の廃止」
  lzニヘ´i ̄ \:::/´,.ヽ\   
.  /  「レ l{   i l:::ヤl(_」 l:::::)   に反対するのは酷いじゃねえか。
 /  ,´'" __  j l.ミ' ヒ,、 .!:r′  
 L_,、 ,.ィ´ !`ヽ   り /::`)   ただでさえ、末端は収入が少ないんだぜ……
  `Lく !  !  l    し':/        
     ! !  ! l   l /             
      ! !. V    / `ー---、                l^Uヽ
      l_,レ'´  /      /             ,、|
.‐''´ ̄`ヽ}   ,/|  _      ̄フ           |`
'" ,    _>-'┴'''''<、    ' ''フ,r‐、  ,r、 /^、--'
,. '   /                /´ 、. ヽノ  `く.  \



    ______
   / .  ,-、 ,- \
 /    __|  ・|・  |   ヽ
    /  `-●-´ \ .|   ふん!
|   /   ──. .| ──ヽ|   これから給料は国から支給されるんだ。
  |     ──  | ── .|  つまらない特権を残していたら、
', .  |  .  ──. | ──. |  話は進まないよ。
ヽ . |  ____|__). /
 ヽ ',           /
  ┝━━━━(t)━━l



418 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:00:16.41 ID:Gn2m4VAo


                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i    (……革命の志士を気取りながら、
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l    根っこは所属する身分の利権を
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l    守るか……。
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi  
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:I    全く持って度し難い矮小さ!
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i    ボクには理解できないな……)
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l 
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、 
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,   
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`  
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉


420 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:02:27.49 ID:Gn2m4VAo

               _,,,,,,,,_、
          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;ヽ
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ  (もはや、シエイエスは無視してもいい存在。
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l  だが、問題はこの革命派を気取るタヌキだ……。
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l 
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ 奴は、ラファイエットと同様、
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;  本来は王権に組する貴族だ。
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l  
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,! そのことは5月に議論された、
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l  「宣戦・講和の大権」論争でも明らか……!
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ     早く、何とかしないと……)
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll   
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|   
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l    
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl     
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /'":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l


「宣戦・講和の大権」論争。
1790年5月、国王に宣戦と講話の決定権を与えるかどうかが問題となった。
王権の弱体化を危惧するミラボーとラファイエットは、ここでは一致協力して、
この大権の保持を擁護した。


421 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:03:30.15 ID:Gn2m4VAo


              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"

これに対し、パルナーヴやロベスピエールを中心としたジャコバン・クラブ所属の
民主左派議員は、戦争に巻き込まれる恐れのある同盟条約の改定を要求し、
「宣戦・講和の大権」及び外交の決定権を議会に引き渡すことを要求した。


422 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:05:27.71 ID:Gn2m4VAo

                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;   
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l  
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|  
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|  
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
ミラボーとラファイエットは愛国心を昂揚し、これらの諸権利を国王の手に残すことを主張。
これに対し反対派は、三頭派のラメットを中心に反論。
「ミラボー伯の裏切り」というパンフレットで攻撃したが、ミラボーの雄弁は、
その苦戦を議会で帳消しにし、決定権は議会に与えられるとしたが、
講和と宣戦の提議権は国王が持つとして、大権が完全に議会に移るのを食い止めることに成功した。


423 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:06:54.04 ID:Gn2m4VAo


なお、これより少し前、ミラボーとラファイエットの間では、王家を守る役割を巡って水面下での争いがあった。


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|    ミラボー殿、貴公には借金が随分とおありのようだ。
            ヾ|ヽ    { |        / |<     どうだ。トルコ大使の任に当たっては。
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ   給料も良いし、悪い話じゃないと思うぞ。
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__

ラファイエットは、それにプラスして多額の金銭を提供して懐柔を図ったが、、


424 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:08:10.04 ID:Gn2m4VAo


        _____
      /.- 、 -、    \
    / |  ・|・  | -、  \
   // `-● - ′  \   ヽ
   |  三  |   三    ヽ  ヽ   お金はありがとう。
   | (____|____   |   |   でも、トルコ大使の座はいらないよ。
   |  \.        /   |   |
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /





          ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       多額の現金と重要な役職の話を持っていったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        金だけ持ってかれて役職は蹴られちまった。
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    不義理だとか懐柔失敗だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…

ミラボーは金だけ受け取って大使の座を断った。  
そのミラボーは、5月には、宮廷に週2回の覚書を提出するという条件で協力者の座に就いた。
ミラボーは20万リーヴルの現金と、月々6,000リーヴルの支給金を受け取り、
王家を助けて革命のこれ以上の進展を阻むことを約束した。


425 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:09:34.33 ID:Gn2m4VAo


    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i   (恐らく、ミラボーとラファイエットは
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l     王家と密約を結んでいるが、
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    民衆は、まだそれに気付いていない……
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ    
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     教会の国有化が決まったら、
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i      攻撃を本格化させないといけない)
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!      
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



その教会財産から始まった国有化の流れは、教会組織全体の大改革となった。
諸特権の廃止、教団・修道団の廃止によって国家管理体制に組み込まれることが決定していく。


426 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:10:52.08 ID:Gn2m4VAo


その頃、ローマでは――

                     .  †
                       ∧
                      ./;' ヘ,
                     、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                     i゙7;' li^il ゙Vi
                     レ´l ̄ ̄`ト、:
                    〔;'´l ̄ ̄`ト、〕
                     | |    | |    _,。/)     パタパタ
           ╋        |^i| r^'i |i^|    `ー'" _,。/) _,。/)  バタバタ
           ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|        `ー'" `ー'"    パタバタ
          ./\.       | |     :| |          _,。/) _,。/)
         .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i         `ー'" `ー'"
       .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
      .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |             _,。/)
    .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |              `ー'"
   .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
  </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ
   |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
   |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
   |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)




           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>  
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.  猊下……
            | ̄,.レ,..、  )7   
            ! ''===i  /'.    我が国で行われている、
            ヽ `! !' ,//\_   許しがたい現状について報告に参りました。
         _,―イ>`'´‐< /  \_    
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |
           上級聖職者


427 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:12:31.72 ID:Gn2m4VAo


――――――――‐-、
            .  ヽ.          /;;;ミミ"'';;;::;'"'''"'ヾ;;;ヽ、
    .           l,         /;;;;""         "';;;ヽ,
     な          l        /;;ミ   :: :: ::..:.::' ;;;==;;,,,"';;l,                ,:-――--、
       、        .l,        l;;;  ,,,,,': "::::::.::.:,;'",,.,,,_ "'';;;l               /
     何          l         l;;',,,;;'" "'' 'l,''"',.r"   "'; ';;lヽ、            l     ど  ご
      だ .         l        l;;',,.._,,--―;': l .. ヽ、_O ';, ト、:'l           <    れ  苦
      こ          'i,      /""l,'"-ー''゚''" ,;l;;..::.."'::..."'''". l::y/            l     ど  労
     れ           >    l( ::,,l,    :::.. ,;;;;:::ヽ..  "':::... レ,/           ,r‐l.    れ  ・
      わ           l      ヽ r;..l,     ヾ::;;:::;;:ゝ     l,/            ;, l      ・  ・
      ぁ          l"''ヽ、   'ヽ,';,,      "'   ;, ::... l       ,r- ..,    ヽl     ・  ・
      あ          l'"'ヽ, '; _,,_   l,   ,; ,;r==ニニヽ;, :: /l       (:::::::::::ヽ、   .l      ・
     !          l=ニYレi;y'''ヽ  iヽ、 ,;' ‐'''" ̄ ̄"' ,; /;;l       \:::::::::::\  l . 
     !          .l二ニt;: Y;i,   /"l ':、   ,,,;;;;;;'''"  /;;;l   'i,""'::,  "i,,:::.  キ l 
               /ミシ''ヽヾ"'ュ,ノ'",;l ':, ヽ、       /;;;;;l     i:::::::ヽ  'ヾ,"'" .ヽ\
              ./彡>ミ彡Yシニi;∠(ヽ、':.. \     /;;;'";;)_,,_  'l:::::::::::i;,  'l,,   l::::\
              //;i彡=ニン::ゝミ/::i:i:l'::::::\::: 'ヽ,,,__../;;/,.::::i;::::::ヽ,,,_'キ:::-=.::\  l::.   "'i:::::\  /
             /=.,"'ー―''"""/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r⌒ヽ:::::::\:::.... \r'-‐''" ..::::::::/ ̄
            /_,,,:::)::::::::::::::::::::i'::::::l':;"';,,::::::::l'    l':::::::::::::;;;;ii//ヽ、:::ヽ、:::::\   "' ::::...:::::::::::::l'
――――――――''"/::::::/⌒'ヽ,::::::i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,.. l;;;:::::r'":://:::::::ヽ,:::::::::,,_:::::::::>=ノ ..::::::::::::::::::ノl;,
,;彡=ン'"レ'   /,....:::i::::/..:::::::::::::)::::::l:::,ll::::ヽ:::l: o;;:::::::::ノii;;;.......;;;;//:::::::::::::.'i.:::::ノ..""'"-;  ...::::::::::::::::;;:/ヽl;,
;;;レ(y/,;/   /:::::..../   "'':/'l,:::::::::ll:::::::::: l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::::;//,;.::::::::::::::"''‐-t..,,   /::::::::::::::::::::::../ ノ i;;
;ニ==ー-ヽ   ..::ヾ,/   ./"::::::ヽ:::::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/:::::::::::::;;;; //::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'';;"::::::::::::::::::::ノ /;;;/;
,彡\..,ゞ,,'l,:::::::::::('"   /  l';    'l,::;;ll:::::ヽl,::;;;:::::/:::::;;:::::::::: //::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/〆"''""" ̄ /;;;//;
ミシ ((>"'i,,..::;;::,,,''   ./i;  ノ::..-;;:::::::;;;ll::::::ylo::::::::l';::::::::::::::: ///::::::::::::::::::::::::::::::::::/r'";;;;'i, 0,; /;;;;//::..
                    


ピウス6世(1717年 - 1799年)



当時のローマ教皇。
これから不幸の連発が続く、かわいそうな教皇。

428 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:13:22.41 ID:Gn2m4VAo

                           ,rィffTlTlTぇ、  
                             /ミジヾ''シ"''≦ミ、  
                            杉=u、 u ,,゚-=ミミk  
                            ,イ彡=ミミ 彡=ミ㍉ミ!        イエズス会は当然として、
                          {'ィk{ミ=゚'彳 ヾk゙゚',リハhj、  ,     フランス国内の教団、修道士は廃止!?
                          ヾll u ̄<尓ゝ `""jjイkニZ彡__ 
                           〉! u ,ィ==ュ〉,u リ7>ミ三ミ弍ゝ    司教、司祭は1県1司教。
                      _, -¬'-_ヘ {ry---ュ} lj/// 卜jj`ヾミヽ、_,.ィ   それも選挙で選ばれ、叙任を行うのは、
                   ,∠ r‐=テTニヘ.ヾニニフ ,イイ∧゙ 〃:::::ノハミミく,   私ではなく、その教区の上役が行うだと!?
                  {{ィで´_/ 〉::ヽミヽ二/ィノ^ソ`/::::::://-┬千⌒ソユ^二 ̄|
                   〉〉rぅどニイ::::/::::ヽL::ィ/::::/〉':::::::://∟二リ //::::::::::::::::
               _ -ニヘヽ〈_, 刃li::::{:::::::リ抓{{;;;;//:::::::::://:::::::::::://:::::::::::;r=<




           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>  
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.         説明セリフありがとうございます。
            | ̄,.レ,..、  )7   
            ! ''===i  /'.          しかも、これまでは収入を得ていた教会が、
            ヽ `! !' ,//\_          聖職者に給料を支払っていましたが、
         _,―イ>`'´‐< /  \_      収入源を奪って国有化した国家が、
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、  その給料を払うなど、国家管理体制が
      _/ |i   |  ///' /  !_      \  推し進められております……。
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|  我々は聖職者であって公務員ではありません!
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |  どうか、断固反対をお願いします!
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |


429 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:14:59.51 ID:Gn2m4VAo


                           ,rィffTlTlTぇ、  
                             /ミジヾ''シ"''≦ミ、  
                            杉=u、 u ,,゚-=ミミk  
                            ,イ彡=ミミ 彡=ミ㍉ミ!         当たり前だ!
                          {'ィk{ミ=゚'彳 ヾk゙゚',リハhj、  ,      こっちのやり方を盗みやがって!
                          ヾll u ̄<尓ゝ `""jjイkニZ彡__ 
                           〉! u ,ィ==ュ〉,u リ7>ミ三ミ弍ゝ    俺は教皇だ!
                      _, -¬'-_ヘ {ry---ュ} lj/// 卜jj`ヾミヽ、_,.ィ   教皇なんだぞぉ!
                   ,∠ r‐=テTニヘ.ヾニニフ ,イイ∧゙ 〃:::::ノハミミく,  
                  {{ィで´_/ 〉::ヽミヽ二/ィノ^ソ`/::::::://-┬千⌒ソユ^二 ̄|
                   〉〉rぅどニイ::::/::::ヽL::ィ/::::/〉':::::::://∟二リ //::::::::::::::::
               _ -ニヘヽ〈_, 刃li::::{:::::::リ抓{{;;;;//:::::::::://:::::::::::://:::::::::::;r=<


――しかし、1790年7月12日。
多くの問題をはらみながら聖職者民事基本法が成立。
これによりローマ・カトリック教会の影響は排除され、
フランス国内の教会は完全に国家の管理化に置かれることとなる。

特権として認められていた10分の1税は廃止。
聖職者に支払う給料及び年金の支払いは全て国が行う。
ローマ教皇が任命していた司教、司祭は選挙で選ばれる。
国内のジェジュイット教団(イエズス会)などは廃止。


聖職者叙任権を奪われ、ローマ教会を無視した、
この法律に当然、ピウス6世は反発。

また、公務員と同じ立場とされた聖職者たちも、この法律に対し、
「宣誓聖職者」と「宣誓忌避聖職者」の二派にわかれ、
宣誓忌避聖職者の多く、カトリック信仰の深い西部では、
農民の一揆と結びつき、反革命の中心としてヴァンデの反乱の舞台となる。



430 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:16:21.68 ID:Gn2m4VAo


――7月14日


         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | ________     ヤラナイオ……
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |     最初は良いことだと思っていたけど、
    ノ           \ | |          |    ヤルオには、革命の方向が
  /´                 | |          |     わからなくなってきたお……。
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ……なに言っているんだ。
          |     (__人__)   今まで贅沢をしていたお偉いさん方が、
             |     ` ⌒´ノ   贅沢を出来ないようにされているんだぞ。
              |         }   
              ヽ        }   俺たちにとっちゃ万々歳じゃないか。
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


431 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:17:25.09 ID:Gn2m4VAo


         ____
       /      \
      /  _ノ  ヽ__\
    /    (ー)  (ー) \                それはわかっているお……。
    |       (__人__)    | ________     だけど、ヤルオの家はカトリックだお。
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |    父ちゃん母ちゃんも、教皇様を無視した
    ノ           \ | |          |    今回のやり方は酷いって言ってたお……。
  /´                 | |          |  
 |    l                | |          |    教皇様を尊重しない革命に不信感バリバリだお。
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( >)(●)   ……いや、それはそうだが、
          |     (__人__)     きちんと財産の整理をするには、
             |     ` ⌒´ノ     国が資産の保証してやらないと
              |         }     いけないだろ。
              ヽ        }     だから、教皇様の反対は黙殺しなきゃならない。
            ヽ、.,__ __ノ     国家の破綻を防ぐには必要なことなんだ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


432 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:18:56.08 ID:Gn2m4VAo


         ____
       /      \
      /  _ノ  ヽ__\
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__)    | ________     それはわかっているお……
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |    これでフランスが立ち直らなかったら、
    ノ           \ | |          |   無駄になるお……。
  /´                 | |          |  
 |    l                | |          |   ヤラナイオも政治家を目指すなら、
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|    庶民の気持ちもわかってほしいお。
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ●)(●)   …………
          |     (__人__)     ………………
             |     ` ⌒´ノ    ……………………。
              |         }    
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


433 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:20:47.52 ID:Gn2m4VAo


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ⌒)(⌒)   ま、まあ……難しい話はこのくらいにして、
          |     (__人__)     今日はシャン・ド・マルスで、
             |     ` ⌒´ノ    「全国連盟祭」が行われるんだ。
              |         }    
              ヽ        }     そいつを見に行こうぜ……!
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +     連盟祭……!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \        そういえば、今日だったお!
  |     |r┬-|     |       みんながボランティアで会場設営していたし、
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +    地方の人もやってきて盛り上がっていたお!



434 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:22:11.66 ID:Gn2m4VAo


全国連盟祭。
バスティーユ陥落後、自治権を回復した全国各地の諸都市の間には連盟が作られ、
それぞれで連盟祭と呼ばれる式典が行っていたが、バスティーユ陥落の一周年を記念し、
1790年7月14日、全国統一の連盟祭がパリで開催されることとなった。




                    ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        mmmmmmmmm
                      mmmmmmmmmmmm、  リヨンからきました
                     /ニYニヽ/ニYニヽ /ニYニ /ニYニヽ
マルセイユからきました  /ニYニヽ0)(0) (0)(0)/ニYニヽ / /ニYニヽ
           /ニYニヽ  / (0)(0/ニYニヽ / (0)(/ニYニヽ / (0)(0)ヽ
     /ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ / (0)(/ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ´⌒ \
    / (0)(0)ヽ⌒`´/ (0)(0)ヽ⌒`´/ (0)(0)ヽ⌒`´⌒/ (0)(0)ヽ(-、.|
   / ⌒`´⌒ \/ ⌒`´⌒ \/ ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.||,-)    (-.| | ,-)   (-、.|| ,-)    (-、.|
  | l  ヽ__ ノ l ||l  ヽ__ ノl | l  ヽ__ ノ l | l ヽ__ ノ l |
   \  ` ⌒´   /\  ` ⌒´ / \  ` ⌒´ / \  ` ⌒´  /

連盟祭にはフランス全土の都市から1万5,000の連盟兵と――

435 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:23:27.37 ID:Gn2m4VAo

';'
';';,..
 ';;';';;,.,
  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ    ツーロンからきたクマー
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ   ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ボルドーからきたクマー
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/

――数万人以上のフランス国民が集まった。


436 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:24:49.34 ID:Gn2m4VAo


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\      凄いお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      フランス中の人間が、
  |     |r┬-/      |     この日を祝っているのかお!
  \     ` ̄'´    /




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)   パリ市民30万人も式典に参加だ。
          |     (__人__)     40万人近い人間が一堂に会する
             |     ` ⌒´ノ     なんて常識じゃ考えられないだろ?
              |         }    
              ヽ        }     これこそ、革命が民衆に支持されている証拠さ。
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、

市民の熱狂も当然だった。フランス政府は1,000人の労働者を駆りだしたにもかかわらず、
式場の設営に手間取ってしまう。
それを見かねたパリ市民は自ら進んで無償奉仕をし、自分たちの力で式典を間に合わせたのだった。


437 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:26:06.17 ID:Gn2m4VAo


           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-       ズ
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {              ド
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii             |
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"        |
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"          |
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"     |
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,         |
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、        ン
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i      !!!!!!!!!
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i  
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i     
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::


祭典は午前10時に大砲の合図とともに始められた。


438 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:27:49.65 ID:Gn2m4VAo

                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;   
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l  
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|  
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|  
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|    
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|    
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|    
            ヾ|ヽ    { |        / |<      
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ    
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__


439 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:29:15.74 ID:Gn2m4VAo


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|   
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|  
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.  
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `   
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|   
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ


               ∩
                  ( ⌒)      ∩_ _ 
                 /,. ノ、    i .,,E)  でっーっっていうwwwww
       ,、 ,、     / / ゚)゚), -、 / /"、
  _n , - (゚(゚ ))>  ./ /⌒ヽ_''_)  ノ' ゚)゚), -
 ( l ( '_,r'⌒゙i  / /ヽ_,,__ \/ /⌒ヽ_''_)
  \ \ ∠_ ,,ノ  (       / ヽ_,,__ \    n
   ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ      |  ̄     \    ( E)
     /    /   \    ヽ フ    / ヽ ヽ_//


議員と連盟兵の入場――

440 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:31:55.40 ID:Gn2m4VAo

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
    /_____ \
    |/⌒ヽ ⌒ヽヽ | ヽ 
    |  / | ヽ  |─|  l   
   / ー ヘ ー ′ ´^V  
    l \    /  _丿   
.   \ ` ー ´  /    
      >ー── く     
    / |/\/ \    
    l  l        |  l      
    ヽ、|        | ノ 


国王と王妃の入場と進んで行いった。



441 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:33:39.74 ID:Gn2m4VAo




       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  パリの英雄諸君wwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
___、  |-┬-|    ,__ ) オレたちはキミたちのことを誇りに思っていうwwwwww
    |    `ー'´   /´     
    |         /



   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )   願わくば、そこにいたかったクマー!
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



       ____
      /_ノ::'::::ヽ_\
    / <ー>::::::<ー>\
   / ///(__人__)/// \  お、おお、おお……!
   |     |r┬-|      |   ヤルオたちに賛美の声だお!!
   \     ` ー'´    /

442 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:35:55.90 ID:Gn2m4VAo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   み、見ろゴラァ!
    /   :'  ○  | .|  ○ U i   そこにいるのは、バスティーユの英雄
    i   i     / |     I   ヤルオとヤラナイオじゃないか!!
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ





     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/ u  (〇)  (〇) \       
|       (__人__)    | ))   …………!!
/     ∩ノ ⊃   /       
(  \ / _ノ |  |         
.\ "  /__|  |    
  |\ /___ /|         
  |          ノ         
  ヽ   y    /
   \ /     /
    /   /
   (___)_)



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( 〇)(〇)  …………!!
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }   
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



443 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:37:26.57 ID:Gn2m4VAo


         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  >  | .|  <  ・ i  危険を顧みず、
       i      / |      I 大砲を運んだ命知らずだゴルァ!
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ




      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   英雄は、祝福だ~!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 


444 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 21:38:34.87 ID:FhMvQ.co



おお、結構有名人になってたのか、やるやらww



445 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:39:13.12 ID:Gn2m4VAo

               ∩
                  ( ⌒)      ∩_ _   ヤッホー!!!
                 /,. ノ、    i .,,E)  ヤルオ、最高っていうーwwwww
       ,、 ,、     / / ゚)゚), -、 / /"、
  _n , - (゚(゚ ))>  ./ /⌒ヽ_''_)  ノ' ゚)゚), -
 ( l ( '_,r'⌒゙i  / /ヽ_,,__ \/ /⌒ヽ_''_)
  \ \ ∠_ ,,ノ  (       / ヽ_,,__ \    n
   ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ      |  ̄     \    ( E)
     /    /   \    ヽ フ    / ヽ ヽ_//


446 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:40:43.35 ID:Gn2m4VAo


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \.   
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /



      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.   …………
   |    (__人__)    |   ………………
   \    ` ⌒´    /


447 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:43:04.34 ID:Gn2m4VAo

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o     
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\  ……ぐ、ぐすっ、ぐすっ!!
  |       |r┬-|     |    
  \     `ー'´     /



      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((⌒)) ((⌒))゚o      
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\    な、涙が溢れてくるお……!
  |       |r┬-|     |    ヤルオは、今、猛烈に感動しているお!
  \     `ー'´     /


448 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:45:58.39 ID:Gn2m4VAo


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。   ヤルオたちが頑張って成し遂げた革命!!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    それを……フランス中の人が祝福してくれている!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。    それなのに、ヤルオは革命に疑いを持って恥ずかしいお……!
   / ,_ \ \/\ \     うわあああ……!  ぐあぁぁぁぁあ……!
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.   




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ⌒)(⌒)   お、おい……そんなに泣くこたぁないだろう。
          |     (__人__)     まだ、革命は始まったばかりだ。
             |     ` ⌒´ノ     戸惑うことだってたくさんある。
              |         }    
              ヽ        }     きっといつかは、これが正しかったって日がくるって!
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


449 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 21:46:30.14 ID:MvQI6Wco



英雄を崇めた民衆が同じ手で英雄を泥の中に突き落とすのもまたよくあるんだけどね・・・・
ヤルオたちはどうなることやら




450 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 21:46:51.97 ID:AlTPQpMo



ああ、せっかく冷静に物を見られるようになってきたのに、また酔っ払ってしまった……



451 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:47:48.78 ID:Gn2m4VAo


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。   わかったお……。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   ヤルオは、革命を理解するお!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。    ヤラナイオに負けないくらい、
   / ,_ \ \/\ \     革命を推し進めるお!
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ⌒)(⌒)   お……おう!
          |     (__人__)     オレも、ヤルオになんかにゃ負けないぜ!
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }    
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


452 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:49:29.45 ID:Gn2m4VAo


                               / ̄ ̄\
         / ̄ ̄ ̄ \              /   _ノ  \
      /   :::::\:::/\            | U  ( ⌒)(⌒)
     /    。<一>:::::<ー>。           |     (__人__)
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j              |     ` ⌒´ノ
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜                |         }
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。                ヽ        }
   / ,_ \ \/\ \               ヽ、.,__ __ノ
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、

だが、この時、革命への思いが、あれほどまでに変わるとは、
二人は予想もしていなかった……。


453 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:50:46.53 ID:Gn2m4VAo


午後3時。
荘厳なミサが響く中、オータン司教タレーランの祝辞が行われる。


      r'ff77"/////〃〃∠=:、     
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l    
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!        FAUK YOU……
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l        ぶち殺すぞお前ら……
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、      
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \     何だって、この私がこんな面倒くさい
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._   式の祝辞をやらなければならないのだ……
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l    
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |   取りあえず、言っておいてやろう……!
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |    ……エイメン……!
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |   


454 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/04(火) 21:51:17.31 ID:FhMvQ.co



どこが祝辞だwwwwww



455 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:52:00.11 ID:Gn2m4VAo

祝辞とミサが終わった後、国民軍の司令官ラファイエットが宣誓する。


                |=l      ヾ,ヅ     |=|      
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|       私は、国民、法及び国王に対して
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|        永遠に忠誠であること、
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|        国民議会によって制定され、
            ヾ|ヽ    { |        / |<        国王によって承認される憲法を維持すること、
              ノノll |  ', :L.     | lト,ヽ       人身及び財産の安全、王国内における穀物及び
           f⌒>{.ll l|    ヾノ     |l l } <⌒i     食料品の自由な流通、現在の形式化での国税の
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ    徴収を法の命ずるとおりに保護すること、
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、     不滅の友愛の絆によって全フランス人が
        /   |    ',   t=   /   |   \_  結ばれることを、ここに誓う!
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__


456 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:52:57.46 ID:Gn2m4VAo

1万5千の連盟兵がそれに続く。

      / \Y/ヽ
     / (ー)(ー)ヽ   キリッ
    /:::::::⌒`  ´⌒:\       私は誓うっていう!
   | ,-) ヽ__ノ(-、|       
   |  l   |r┬-|.   |
    \    `ー'´   /
    ノ        \
  /´            ヽ
 |    l           \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


議長の首唱に続いて国民議会議員が宣誓をする。


457 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:53:49.11 ID:Gn2m4VAo

そして、最後にルイ16世が宣誓する。

        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
    /_____ \
    |/⌒ヽ ⌒ヽヽ | ヽ    フランスの王たる余は、憲法を維持し、
    |  / | ヽ  |─|  l     法を施行させるために、国家の基本法によって
   / ー ヘ ー ′ ´^V     余に委任された権限の全てを用いることを国民に誓う!
    l \    /  _丿   
.   \ ` ー ´  /    
      >ー── く     
    / |/\/ \    
    l  l        |  l      
    ヽ、|        | ノ 


458 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:54:41.88 ID:Gn2m4VAo

「テ・デウム」の賛歌で式典は終わりを告げるがが、
参加者の熱狂は収まることはなく、


/\_Mし/      |___|  ヽ _ノ⌒⌒
 ブ  お /____| : : : : : |___ヽ>   ブ
 ラ  お >:: :: :: :: :: :| : : : : : |:: :: :: :: :>.   ラ
 ボ  ・  >:: :: :: :: :: :| : : : : : | ̄ ̄ ̄ |   ボ
  |  ・  >ヽ ̄ ̄ ̄|:::::◎::::|     |.   |
  !! . ・  く  |    |:::::◎::::|     く   !
      「   ゝ__| ̄ ̄ ̄\    <
>    「\  ―――'-、 ヽ   \  <
 VVV   \ ニニニニニニつ  | \\\ ノ ̄//
 |:: :: |     ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ |\\\ |
 |:: :: |   ヽ        | | | | | し
 ヽ:: ::ヽ   |   ::::::::::  | U Uし し
  ヽ:: ::ヽ__|  / ̄ ̄ヽ |  / |: : : |
__ヽ:: :: :: ::| |  ̄ ̄  | |ノ  |: : : |
   < ̄> ̄| | / ̄~ヽ  |    |: : : |    _
 |~ヽ|: : |  |ヘ| |ヽ~' .|  |ヘ   |: : : |  /: : |
 |: : :|: : | /(@|  ̄ ̄ ̄  |@)   |: : : |/: : /
 ヽ: : : : | (< |ヽ|  ⊥ |   |    |: : : : : /
  |__ノ  | | |く(・)ノ k(・)ニ>|    |: : :/
       | | |  ̄ ̄∥ ̄ ̄|      ̄
       | | |    ::   | |
       | | |    ::   | |
       | | | |   |||  | | |
       | | | | | | | | | | | | |
       | | | | | | | | | | | | |
       | | | | | | | | | | | | |

ラファイエットは揉みくちゃにされながら純白の愛馬のところまで運ばれていった。


459 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:55:35.88 ID:Gn2m4VAo


そしてもう一人の主役は――


           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>  
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.  おや、タレーラン様。
            | ̄,.レ,..、  )7   
            ! ''===i  /'.    そんなに慌ててどうしたのです?
            ヽ `! !' ,//\_  
         _,―イ>`'´‐< /  \_    
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |
           下級聖職者



          , -ェェェiiェェェ-、
          .l f^''' ー - ‐ ''' ^l i
          l ,'    ‐-‐    ','!
          | l へ、‐-‐,.へ l |    ……私はこれから行く所がある。
          Ll -‐。=, '=。‐,-.L|   後のことは、お前たちに任せた……!
          ,.{ヒ| ` ´| |` ´ .|ヒ}、
     _ ,. -‐|.`-l /_〈_〉_'、 !-'|ー- 、 _
 , -‐ ´ _ , -‐|.  l. l'-―‐-'! |  |ー- _ ` ー- 、
i |-‐ ´    |  |`ー- ニ - ‐' !  |     ` ー-|ヽ
! |       |  .|   ><   |   |        |  l

タレーランは余韻に浸るまでもなく、足早に連盟祭の会場から去っていった。



460 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:56:39.20 ID:Gn2m4VAo


後に、祭典の主役の一人であったタレーランは、この日のことを回想録に記す。


    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|       
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|       
     / 二ー―''二      ヾニニ┤       
    /'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|        連盟祭……まあ、成功したではないか。
   <"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|       
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|        そのおかげか……
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|        その日の私はツキがあった……!
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|       
    |  /    、          l|__ノー|        式典終了後の賭博は……大勝……!
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ       ポケットに入りきらないほどの金貨……!
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \     
    |    ≡         |   `l   \__    とまらぬ……笑い……!
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''  
 -―|  |\          /    |      |



461 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:58:00.26 ID:Gn2m4VAo

その後、一度、愛人のラヴァル夫人のもとへ行って夕食をとったが、また賭博場に引き返した。


         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ        幸運など続かない……!
        |三=-::::  "'ー-ー'" \        
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|       しかし……!
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|        私のツキはまだ続く……!
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|        またもや……大勝……!
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|       
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,    私の身体は……金貨……
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶  そう……金貨で出来ている……!
/   |   .|\     ''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )   
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
'" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!    見ろ……7月14日はこんな具合だ。
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /


タレーランにとって、その日は、ギャンブルに大勝した記念すべき日であった。


462 :1 [saga]:2009/08/04(火) 21:59:05.81 ID:Gn2m4VAo


こうして大盛況のうちに終わった連盟祭は、その後も続けられ、
現在でもフランスの国民の休日であり、日本では「パリ祭」として有名な盛大な式典が行われている。



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \  
    /   ///(__人__)/// \   ヤラナイオ!
     |   u.   `Y⌒y'´    |     今日は楽しかったお。
      \       ゙ー ′  ,/     来年もまた参加するお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)   そうだな。
          |     (__人__)     来年になれば、革命の成果だって
             |     ` ⌒´ノ     もっと進んでいて、生活だって良くなっているはずだ。
              |         }    
              ヽ        }     それまで、お互いの革命への情熱を燃やし続けていこうぜ!
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、


463 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:00:20.27 ID:Gn2m4VAo

          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \   
     |      (__人__)     |   おお?
      \     ` ⌒´    ,/   あそこにいるのはオプーナ先生だお。  
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    バスティーユ跡地で何をしているお?
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |   



464 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:01:25.27 ID:Gn2m4VAo


         (:::(      |/|ヽ       (:::::)
           )::)       /:: ゝ      )::ノ
          (:(     _]血[      (:(
     /ヽ_ ))     」∧::/;;:;;L   ))
     |:::::::::::;;;ヾ    ∠Π::;;;;;::;;:;;:::ヘヘヘヘ、
     ヾ、/┌;;ヾヘ、 ,,/|lilili||lil||「|}{}{|:::;;;;;::::::」
  _/\  /;;;;;;:::::;;;|::;;;V:|「| /::::::::\\::::;;:::/:/
 <::::;;::: \\:;;;;::::;:|::::;;;;:|「/:::: >;;\|::::|「:;;:/::::ヾ、
,,,....\;;;;;;,,/.;'';:::::; ┌ヘ、.....,,,:______.''゙゙,'::::,,:,,;;...,.......,,;;.,,.;:,,;;...,.......,,;;.,,.;
 ::,,;:,,;  ,:.............:: ヽ::: ヽ .,,..| バスティーユ |:;,,,,,,;....;..:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,...:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,...:.,:;:, ,'.
:..,,,..:;:..,,:  .,......,;,.,,. /,;;, / .,,.. ̄ ̄ ̄|::| ̄ ̄:::::,,..::::::  ..:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,.  :,,;;...,.......,,;;.,,.;:,,;;...,......
.,,.;;::::.., ::,,;;...,.......,,;;.,,.;, .....:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,. ...::'.:,,:,::::::   :,,;;...,.......,,;;.,,.;:,,;;...,.......,,;;.,,.;:,,;;...,....  ,;;.,,.;:,,;;...

襲撃から一年。バスティーユ監獄は解体が進んでいた。


465 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:02:41.11 ID:Gn2m4VAo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     …………
    /   <ー>::::::<ー> \    ………………
    |     (__人__)    |    ……………………
    \     ` ⌒´   /     
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/ 
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \


466 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:04:30.62 ID:Gn2m4VAo


          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \   
     |      (__人__)     |   オプーナ先生。
      \     ` ⌒´    ,/   先生は、連盟祭に参加しなかったのかお?
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |   



467 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:05:55.59 ID:Gn2m4VAo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     ……ヤルオくんたちか。
    /   <ー>::::::<ー> \    私は、みんなが騒いでいるこの日、
    |     (__人__)    |    それとは関係のない人間になりたいんだよ。
    \     ` ⌒´   /     
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/ 
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \


468 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:06:46.37 ID:Gn2m4VAo


      / ̄ ̄\
    / _ノ   ヽ_\ 
    |  (●)(●) |
   . |.  (__人__)  |      どうしてですか?
     |  ` ⌒´   ノ      革命が始まった記念すべき日なのに……
   .  |.        }     
   .  ヽ        }      ――っは!?
      ヽ     ノ
    ノ         \
  /´            ヽ
 |   l            \
 ヽ   -''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、.
  ヽ _(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (〇)  (〇)  \   
     |      (__人__)     |   あっ……
      \     ` ⌒´    ,/   ………………
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |   


469 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:07:38.44 ID:Gn2m4VAo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     思い出したかね……。
    /   <ー>::::::<●> \     あの惨劇を……。
    |     (__人__)    |    
    \     ` ⌒´   /     私は、あの日、凶刃に倒れた人間の弔いをしている。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  これからも続けるだろう。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \


470 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:08:32.26 ID:Gn2m4VAo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     浮かれている暇はない。
    /   <ー>::::::<ー> \     革命の成り行きを危険視する
    |     (__人__)    |    諸外国や亡命貴族の思惑もある。
    \     ` ⌒´   /     しかも、それは国内にも蔓延し始めている……
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \


471 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:09:40.98 ID:Gn2m4VAo


         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <●>::::::<●> \    二人とも!
    |     (__人__)    |    革命を信じるのならば、
    \     ` ⌒´   /    これから起こることも、
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  全て覚悟しろ!
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.   覚悟が完了しなければ、
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \  革命は、成し遂げられないぞ!


472 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:10:43.89 ID:Gn2m4VAo


          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \   
     |      (__人__)     |   覚悟完了……
      \     ` ⌒´    ,/   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |   


473 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:12:26.97 ID:Gn2m4VAo

          ____
        /      \
       / \    / \   
     /   (●)  (●)  \    当然だお!
     |      (__人__)     |    ヤルオは――
      \     ` ⌒´    ,/    覚悟完了しているお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |   



474 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:13:51.49 ID:Gn2m4VAo


         ___
       /     \
      /   \ , , /\     オプーナ先生!
    /    (●)  (●) \   革命は、痛みをともなうかもしれないけど、
     |       (__人__)   |    ヤルオの目が黒いうちは、間違った方向に
      \      ` ⌒ ´  ,/   行かせないお!


475 :1 [saga]:2009/08/04(火) 22:18:05.94 ID:Gn2m4VAo

       ____
     /\   /\
   /( >)  (<)\      ヤルオは……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      ヤルオは――
  |     |r┬-/      |     革命に殉じるお!!
  \     ` ̄'´    /


バスティーユ陥落から1年。
連盟祭の開催で、ヤルオの革命に対する情熱は再び燃え上がった。
だが、この日を境にして、革命は激流へと飲まれていく……



~第8話「革命の推進」~後編へ続く

コメント

非公開コメント
プロフィール

IKZIHS

Author:IKZIHS

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon人気DVD
Amazon人気フィギュア
Amazon人気コミック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop