大阪 美容外科 脂肪吸引 ふくらはぎ やる夫がフランス革命を生き抜きます 第10話「弾圧」前編 - 私撰やる夫まとめブログ

やる夫がフランス革命を生き抜きます 第10話「弾圧」前編

20170416

927 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:29:40.64 ID:wg2XK7Uo









かしらかしらご存知かしら~。
世界を革命する物語が始まるわよ~。
かしらかしらご存知かしら~。







第10話「弾圧」―前編―






――1791年6月23日、午前8時。

国王一家の連れ戻しを決定した翌日、議会はこの「逃亡」についての見解を迫られたが、
三頭派は、これを逃亡と判断するのは早急であり、「誘拐」という線で収拾を図った。



              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i' U    _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   今は性急な判断をすべきではない!
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   私が国王陛下に謁見し、この「事件」の顛末を
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    聞きに行こうではないか!
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"
              バルナーヴ


929 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:32:44.98 ID:wg2XK7Uo








        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -     バルナーヴさん。
       (6        \     あなただけでは発言を故意に捏造される恐れがある。
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l     国王へのインタビューが編集されて、
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      恣意的なものにならないよう、ボクも付いて行くよ。
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\
        ペティヨン








国王誘拐説でひとまず議会の鎮静化は図られ、
それぞれ別個の思想を持つ議員3人の派遣が決定された。








930 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:34:05.49 ID:wg2XK7Uo








           ____
       /      \
      /ノ  \   u. \     ヤラナイオ……
    / (●)  (●)    \    ジャコバン・クラブの様子はどうだお?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  真っ二つだ……
          | U   (__人__)   どちらかといえば立憲派が優勢かな。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   立憲派のラトゥール・モーブールさんと
              ヽ        }   共和派のペティヨンさん。
            ヽ、.,__ __ノ   二人が議員代表としてバルナーヴと
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  一緒に国王を迎えに行ったよ……。









931 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:35:41.84 ID:wg2XK7Uo








         ____
        /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  コルドリエ・クラブは急進的な意見ばかりだお。
    |         (__人__)|  マラーさんやエベールが煽っていて、
     \    u   .` ⌒/   ダントンさんも対処に苦慮しているお……
    ノ           \
  /´               ヽ





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  もしかしたら、
          | U   (__人__)   共和制が実現するかもしれないな。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   議会と民衆の意見は完全に乖離
              ヽ        }   しているようだし……
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、








932 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:37:21.72 ID:wg2XK7Uo








         ____
       /   u \
      /  \    ─\    
    /  し (>)  (●) \  王様は、きっと赤字夫人に引っ張られただけだお。
    | ∪    (__人__)  J |  だから、王様はそんなに悪くないんだお。
     \  u   `⌒´   /   きっとそうだお……。
    ノ           \






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  ヤルオ……
          | U   (__人__)   そろそろお前も覚悟を決めた方が良い。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   俺は、王政廃止の覚悟は決めているし、
              ヽ        }   処罰もやむをえないと考えている。
            ヽ、.,__ __ノ   これは、今のパリ市民の大多数の意志だ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、








933 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:39:00.03 ID:wg2XK7Uo








                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/   だが、お前は、少数派になる勇気があるか!?
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



         ____
       /   u \
      /  \    /\    
    /  し (>)  (<) \  ――!?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /
    ノ           \








934 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/09/07(月) 19:41:37.71 ID:OXLLWkYo






みんなそれになるのが恐いから、内心ではおかしいと思っていても頷いちゃうんだよな






935 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:41:42.94 ID:wg2XK7Uo








                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/   俺は自分の考えで革命に共感して共和派になった。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/    だが、お前はその場の流れで革命に参加しただけだ。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|      国王を守るなら王党派か立憲派になれば良い。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l     だけど、お前が所属しているコルドリエ・クラブは
r   、  /           !::::::::::: i..:..i     今やジャコバン・クラブ以上に共和派の巣窟になっている。
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i    お前は、その中で国王擁護を口にしていけるか?
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''










         ____
       /   u \
      /  \    ─\    
    /  し (>)  (●) \  ダ、ダントンさんは……
    | ∪    (__人__)  J |   ま、まだ……急進を抑えているお。
     \  u   `⌒´   /  ヤルオは……ダントンさんに付いていくお……
    ノ           \








937 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:43:38.66 ID:wg2XK7Uo








      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}    人に頼るなっ!!!!!!
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ





         ____
       /   u \
      /  \    /\    
    /  し (>)  (<) \  ――!?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /
    ノ           \







938 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:44:51.37 ID:wg2XK7Uo








      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}    じゃあ、ダントンさんが国王処刑に賛同したらどうする!?
     |       | | | }     あの人だって立場を共和派だ!
   ,..-'ヽ     `ニニ }    民衆の強い要望を無視することは出来ないんだぞ!
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ





           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、  うう~……
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  やめてくれお……。
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://   今は、今は……考え中なんだお……








939 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:45:57.87 ID:wg2XK7Uo








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  ……ヤルオ。
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   国王が戻ってきたパリ市民の反応を
              |         }   見てみるんだな。
              ヽ        }   
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.           革命は……
           l  U                l           ……こんなに重いのかお!
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄








940 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:47:15.94 ID:wg2XK7Uo








――1791年6月23日、夕刻。
エペルネの街道。
バルナーヴら代表議員を乗せた馬車が、国王一家が乗った馬車と合流をした。









              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   陛下……
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   私は国民議会の議員をしている
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    アントワーヌ・ピエール・ジョゼフ・マリ・バルナーヴ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    と申します。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|    陛下をお迎えに参りました。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -      同じく国民議会の議員をしている
       (6        \     ジェローム・ド・ペティヨンだ。
       │    ,,,,, ─′   
        \    ̄ ̄l     この度は、大変なご災難でしたね。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








941 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:48:18.17 ID:wg2XK7Uo








                        _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'     ハアハア……!
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !      ラトゥール・モーブールです。
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\     国王陛下にお目にかかれて光栄です。
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |
    /    `ー::v'´/ | i                     i    |
    i       / ̄   | |                     i、  |
    i       /    ||                         ヽ  |
                ラトゥール・モーブール






革命派貴族としてジャコバン・クラブに在籍していた立憲派議員。
太っている。








942 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:50:03.92 ID:wg2XK7Uo








         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !  ご、ご苦労……。
     ,|     |    | Ul´⌒Y   ボクたちは逃げ出そうなんて考えていないよ。
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |   国外じゃなくてモンメディへ――
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |
          ルイ16世








943 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:51:29.53 ID:wg2XK7Uo








              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   ここで止まっているのもなんです。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   私たちも同乗させていただけませんか?
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    伺いたい話もありますし……
           `" ト、    " `    /   |    なあ、ペティヨンくん?
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -      そうだね。
       (6        \     だけど、この馬車は
       │    ,,,,, ─′    6人くらいしか乗れないね。
        \    ̄ ̄l
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      国王一家は分けられないから……
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








944 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:52:24.32 ID:wg2XK7Uo








              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,   ……モーブールくん。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   君は一人で二人分の席を取ってしまう。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    侍女の方々と一緒の馬車に乗っていってくれたまえ。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"






                        _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'     おい!?
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'      両手に花は嬉しいけど、
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !      これで拙者の出番は終わりかよ!
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |







945 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:54:24.52 ID:wg2XK7Uo








こうしてベルリン馬車に乗り込んだバルナーヴとペティヨンであったが、
国王一家の沈んだ雰囲気を一層暗くするだけで、重苦しい出発となった。








         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !
     ,|     |    | Ul´⌒Y  ………………
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |






                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    ………………
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |
             マリー・アントワネット








946 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:55:51.10 ID:wg2XK7Uo








              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   ………………
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     ………………
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








沈黙が支配する馬車内。
立場や思想が違うとはいえ、共通の話題は国王の処遇である。
自然と口が閉じられるのも無理はなかった。







947 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:57:04.23 ID:wg2XK7Uo








       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   あ――!
   /  i r    ̄   _  ̄ |   明日の天気はどうでしょうかね?
   /  `- 、    _   !   こんな遅い馬車の旅ですもの、
  /     ヽ、_   _./I   天気が続けば良いですね!
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |
     王妹エリザベート







そんな沈黙を破ったのはエリザベートだった。
彼女の機転は功を奏し、次第に馬車の中の雰囲気は明るいものとなっていった。








948 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:58:25.33 ID:wg2XK7Uo








この時の様子をペティヨンは次のように記録に残している。









        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -      国王一家との会話は、
       (6        \     ボクの王家への先入観を変えた。
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l     ボクは心地よい率直さと
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      親しさの空気を感じたのだ。
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








949 :1[saga]:2009/09/07(月) 19:59:42.68 ID:wg2XK7Uo








特に彼を印象付けさせたのは――








       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   ペティヨンさんは、活発で雄弁な方ですね。
   /  i r    ̄   _  ̄ |
   /  `- 、    _   !   議員の皆さんは、暗く陰湿なイメージがあったけど、
  /     ヽ、_   _./I   誤解をしていましたわ。
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |






        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6 ////    \     ……ポッ!
       │    ,,,,, ─′   (隣に座っているこの女性は、
        \    ̄ ̄l      もしかしたらボクに気があるのかな?
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      バルナーヴなんかには無関心だし、
    __/\   . /\_     きっとそうに違いない!)
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







王妹エリザベートに対するペティヨン35歳の恋であった。








950 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:01:32.67 ID:wg2XK7Uo








では、そんな勘違いは別として馬車の中はどうであったかと言うと……








        _____
     ゝ/´        `\
    /   ________ヽ
   /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
   l    |_l      ヘlヘ     l
   V ⌒`  |     |      |     何もボクは贅沢をしたいわけじゃないよ。
   | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒I   お祖父様から受け継いだ王国のために働き、
   ヽ__  |\ ________ ノ   余暇には狩りと錠前作りをやっていければ十分さ!
     ヽ |      |
      ヽヽ、_(二二)_|_       ブルボン家伝統の錠前作りは良いよ~。
      / ` ー──── '       やっぱり手に職を持たないといけないのさ!
       /\  / \|\   /|      狩りもね、馬に乗って草原を駆け抜ける爽快感といったら
 .    |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  二)    例えようもないくらいさ! キミたちもどうだい?






              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   国王陛下は政治に懸命なだけではなく、
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    多彩なご趣味をお持ちで親近感が沸きますな。
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |     国民も、陛下のそのようなお姿を知っている
              | 'ヽ.   .|    /   .|     からこそ、敬愛の念を抱いているのです。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"








951 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:02:42.71 ID:wg2XK7Uo








    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゙i::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、-:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |     まあ……バルナーヴさんはお上手ですね。
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__     ペティヨンさんも、そう思いますよね?
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `









952 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:05:32.85 ID:wg2XK7Uo








        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -     (ハッ……!
       (6        \     オタクキモい……!)
       │    ,,,,, ─′   ええ、そうですね。
        \    ̄ ̄l     やってみれば楽しいんじゃないですか。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\





        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、    …………!!
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、








953 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:06:44.72 ID:wg2XK7Uo








バルナーヴはルイ16世の態度にも紳士に振舞ったが、ペティヨンは侮蔑の色を隠さなかった。
心の中で一笑に付し、あれは生まれつきだと自己弁護しながらも、







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     彼のぎこちない態度。
       │    ,,,,, ─′   馬鹿みたいなオタク話。
        \    ̄ ̄l     そんなもの聞く必要もないね。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







として、尊大な態度を崩さなかった。








954 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:07:54.07 ID:wg2XK7Uo








                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._    ……ところでペティヨンさん。
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、 あなたは共和主義者らしいわね。
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´     わたくしたちをどうなさるおつもり?
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |








955 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:08:57.65 ID:wg2XK7Uo








        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     ボクは共和主義者ですが、
       │    ,,,,, ─′   今ある王制を廃止するつもりはありませんよ。
        \    ̄ ̄l     上手く回っているものを破壊する必要なんて
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      ないじゃないですか。
    __/\   . /\_    ねえ、エリザベートさん?
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\






       , -──- 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .-、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   え、ええ……
   /  i r    ̄   _  ̄ |
   /  `- 、    _   !   そうしていただけると助かりますわ。
  /     ヽ、_   _./I   
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |








956 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:09:52.26 ID:wg2XK7Uo








                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._  (どうしてエリザベートに話を振るのよ……!)
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |








957 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:10:48.49 ID:wg2XK7Uo








身勝手で気品もないペティヨンの態度は、対照的なバルナーヴを一層際立てさせた。
裕福なブルジョワ出身で、高等法院検事の父と教養ある母から育てられたバルナーヴは、
上品な振る舞いと言葉でルイ16世夫妻へ自らを強く印象付けることに成功し、








        _____
     ゝ/´        `\
    /   ________ヽ
   /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
   l    |_l      ヘlヘ     l
   V ⌒`  |     |      |
   | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒I  ボクたちはバルナーヴの態度に感心し、
   ヽ__  |\ ________ ノ   彼のことを大変気に入ったよ!
     ヽ |      |
      ヽヽ、_(二二)_|_
      / ` ー──── '
       /\  / \|\   /|
 .    |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  二)






    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ゙i::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、-:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |     一緒に過ごした2日間。
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__    彼の紳士的で率直な態度……。
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,   それが私たちの命運を三頭派に
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::   託すことを決定付けさせました。
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `








と言わしめ、国王一家を三頭派へと接近させることを決定付けさせたのだった。








958 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:12:24.46 ID:wg2XK7Uo








――1791年6月25日、夕刻。
パリ市内









            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    そろそろ国王が到着する予定だな……
             |     ` ⌒´ノ    パリ市民も総勢でかけつけているぜ。
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、






         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (●)  (●) \  警備の国民衛兵の様子もおかしいお……
    | ∪    (__人__)  J |   不気味なくらい静かだお……
     \  u   `⌒´   /








959 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:13:18.96 ID:wg2XK7Uo








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)  ……市民だって同じだ。
          | U   (__人__)   もう、出迎えの準備をしている。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   派手なことなんて何もない。
              ヽ        }   自分たちを見捨てた親に対し、
            ヽ、.,__ __ノ   子供がどんな対応をする?
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  簡単なことだ……








960 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:14:13.26 ID:wg2XK7Uo








         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
      ,..ィ´ ̄`)        丶 
     /  ´`)'´  ____     ヽ   こ、国王が来たぞゴラァ!
    /   :'  ○  | .|  ○ U i 
    i   i     / |     i
    i,   ':     ├ー┤   ' | 
    ヽ  `:、           ノ






         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \  ――!?
    | ∪    (__人__)  J |   王様!!!
     \  u   `⌒´   /








961 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:15:26.02 ID:wg2XK7Uo








国王一家を乗せた馬車が市門を越える際、警備の国民衛兵は
弔問の意を込めて銃を逆さにして王の帰還を迎えた。








         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶 
        :'     ____      ヽ  
       :'  ―  | .|  ―  ・ i         …………
       i      / |      i
        ':     /ー┤     ' | 
        `:、            ノ









962 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:16:21.79 ID:wg2XK7Uo








国王に裏切られたと感じているパリの民衆も、
蜂起の熱狂とは逆に、死んだような沈黙で国王を迎えた。








      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,
         `、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃,,
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ   …………
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,"二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 







         …………   ,-‐-、
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、     …………
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |








963 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:17:19.41 ID:wg2XK7Uo








           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |     (……な、なんなんだお。
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \      誰も王様の無事を歓迎しないのかお……)
  /´               ヽ






         ____
        /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \     (パリ市民は王様に見切りをつけたのかお?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/      王様は、処刑されなければならないのかお……?)
    ノ           \
  /´               ヽ








964 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:18:28.67 ID:wg2XK7Uo








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ●)(●)   (ロベスピエールさん……
          |     (__人__)    こいつは予想以上だ。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }     民衆の怒りは内に秘められているが、
              ヽ        }     これが爆発したとなると大変なことになるぞ。
            ヽ、.,__ __ノ     常識的に考えて……)
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \    (ヤルオは――!!
     |   /   人   l   |    革命に殉じる――!!
     \ /   /|ii!i!|\ \/     だけど、王様も――!!
.      |    /. |;;;;;;|  \ |      救いたいんだお――!!!)
            `ー´








965 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:19:20.43 ID:wg2XK7Uo








         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !
     ,|     |    | Ul´⌒Y     ……みんな怒っているね。
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |      正直、市民には悪かったと思っているよ。
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |








966 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:20:30.91 ID:wg2XK7Uo








              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   そのお気持ちが大事なのです。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    今は、国王陛下に対して怒りを感じている
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    市民が多いでしょうが、議会の改革に対して
           `" ト、    " `    /   |     陛下が真摯な態度で臨めば、そのような態度を
              | 'ヽ.   .|    /   .|     取ったことを恥じ、陛下の御威光にひれ伏しましょう。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"






        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  ─   ─
      |  /    -   -
       (6        \     そうだね。
       │    ,,,,, ─′   今度は議会の方を
        \    ̄ ̄l     よろしくお願いしま~す!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








967 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:22:18.17 ID:wg2XK7Uo








         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !
     ,|     |    | Ul´⌒Y     ……わ、わかったよ。
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |      議会には譲歩するようにするよ。
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |







        , -── 、
       /       \
      /          ヽ    
     ( /(  ( /\    |     (ああ……
      `mn mn   ヽ⌒ i      どうすれば、どうすれば……
      l l l l l l l !、∩  _ノ⌒\   ブルボンは救われるの!?)
      ヽ  jヽ   ノ  ノ \ _ヽ
       u  |ー|  ヽー |//^ヽ
      u |  |7`|   |/  /|
          |  l´|/|     / |
        ヽ__ ノ|. ヽ_ /  |







968 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:23:34.07 ID:wg2XK7Uo








――1791年7月。
国王帰還後の議会では、この国王の行為についての責任を追及する発言が次々と出された。








  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.   人民を見捨てた国王よ!
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.   もはや、貴様はフランスの王などではない!
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:    自らの過ちを悟っているのなら、
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.   今すぐにでも退位し、
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.   簒奪した主権を国民に返すがいい!!!
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:   
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.   
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:    
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三








969 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:24:33.94 ID:wg2XK7Uo








        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6        \     その通りだ!
       │    ,,,,, ─′   エリザベートさんの色香に惑わされたけど、
        \    ̄ ̄l     やっぱりボクは王制を許せない!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      国王は退位をし、共和国を認めるんだ!
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







       -,---γ''''''''--_
     /  ;;; ;;;;;;ミミ ミミ  \
    /  ;;; ;;;;;; ミミミ     \
   ( (( ( ( ( ( ( ( ミミミミミ ミミミミ从ミ
  ///ノノノノノノ从 ヾミミミ ミミミミミミヽミ
  //;;;;ノノノノ ノノ  ミミヽミヽミミミミノ从
   ;;;;;;;ノノ -=・     =・ゝ ;ミミミ
   ミ;ミミミミ    ノ      |ミミ  サポーターも、今回の国王の行動には
    ミ从    (___)    /ミ    怒りを感じている!
     ミミ::ヽ  ____    |ミ
       ヽ::: ー==--'  /     フーリガンになられるのが恐ろしかったら、
        ヽ   ̄   /      今すぐにでも辞任しないと!
    __/\ __,. /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\
 //::::::::::::::::::::::\/:::::\/::::::::::::::::\
          ビョゾー








970 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:25:41.92 ID:wg2XK7Uo









しかし、ロベスピエールら民主派は議会では少数勢力であり、
立憲主義者が大勢を占める議会は、事を何とか穏便にすませるために
議会の調査委員会にもその意向を伝えていた。
そして――








              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   調査委員会からの報告を申し上げる。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ    この度の「事件」は、フェルセンら「外国人勢力」と
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |    ブイエ将軍が企んだ「陰謀」である。
           `" ト、    " `    /   |     彼らはパリ市民を信頼する国王を「強引に連れ出し、」
              | 'ヽ.   .|    /   .|     嫌がる家族を「オーストリア」へ手渡そうとした!
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐  これはまごうことなき「誘拐」であり、
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |   国王陛下は「被害者」なのである!
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ)(_     │
      |  │⌒ \   /
      |  /    -   -
       (6        \     捏造するな!
       │    ,,,,, ─′   バルナーヴさん。ボクはあなたと一緒に
        \    ̄ ̄l     国王を迎えに行ったんだよ!
        |  ヽ  ;;;;;;;;l      そんな嘘が通ると思っているのかい!?
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








971 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:27:12.45 ID:wg2XK7Uo








              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!   ……誰が、そのことを証明する?
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ   
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |     これは議会の調査委員会の報告だ。
           `" ト、    " `    /   |     君は、議会が「正しく」、「偽りなく」
              | 'ヽ.   .|    /   .|     報告した「事実」を認めないというのか!?
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"






        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     う……
       │    ,,,,, ─′   く……!!!
        \    ̄ ̄l     
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








972 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:29:16.56 ID:wg2XK7Uo








...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !  それに君は、
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./   国王の裁判を求めているようだが、
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y    ここで私は、本当の問題を提出しようではないか……!
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ='     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!







               _,,,,,,,,_、
          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;ヽ
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
    ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ
    ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l   な、何をするつもりだ・・・・・・?
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /'":、!;






973 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:31:15.75 ID:wg2XK7Uo








               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ       いったい、我々は、
             /〃/   、  , ;I       
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)       革命を終わらせようとしているのか!?
             lk i.l  /',!゙i\ I      
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /       それとも――
             Y ト、  ト-:=┘I        
              l ! \__j'.l        再び革命を始めようとしているのか!?
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\








974 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:33:06.91 ID:wg2XK7Uo








              ___                           .┌i「゙il
             /,,/,rf,,,、ー\                         ! :l i
               ,;ノべ/   \, \  これが今、            r‐、.  ゙i ヽヽ
            ij 、 i /   ,ミ  l                    i.__,>-┴-゙ l!
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!   我々が直面している     r'_,.--、__ l!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!                    レ'"二:、  !
            l ヾ゙>      , /  本当の問題である!      .ト-'" ノ ,! .!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!                      rヽ. く ./  i!
             ヽ└=-' _/! l                     人(ト、 ヾy ,!
             ,ト.二._/__,┴i                  _ノ. \ト、 j_ヲi)
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_        「トー'  \_/,リ
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\      入ヽ   i、_フ[/
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、_,.-/  \\  し ,r'
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄         \ー' :ダ
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr                  ゙ーr'
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'                  ,/
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘                  /
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _         /
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄ー--、____/








975 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:34:57.41 ID:wg2XK7Uo








      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i  (何を言っているんだ……?)
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l  (革命は進行中に決まっているだろう?)
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                議員の皆さん








976 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:36:02.68 ID:wg2XK7Uo








               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i    諸君!
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)    諸君らは――
             lk i.l  /',!゙i\ I
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /    全ての人々を法の前に平等にし、
             Y ト、  ト-:=┘I    
              l ! \__j'.l     人民の主権を確立した!
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\








977 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/09/07(月) 20:36:19.30 ID:OXLLWkYo






どこからどこまでをさして「革命」なのか、手探りだもんねえ






978 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:38:08.80 ID:wg2XK7Uo








...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l  だが……
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !  もし、それをもう一歩進めれば、
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./   それは――
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y     不幸な罪悪行為となるだろう……!
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ='     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l








979 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:40:04.59 ID:wg2XK7Uo








      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i  (不幸な……)
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l  (罪悪行為……)
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''  U ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'" U゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








980 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:49:17.40 ID:wg2XK7Uo








              ___                           .┌i「゙il
             /,,/,rf,,,、ー\                         ! :l i
               ,;ノべ/   \, \  では――!            r‐、.  ゙i ヽヽ
            ij 、 i /   ,ミ  l                    i.__,>-┴-゙ l!
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!   それが意味するものは    r'_,.--、__ l!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!                    レ'"二:、  !
            l ヾ゙>      , /  いったい何だ!?         .ト-'" ノ ,! .!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!                      rヽ. く ./  i!
             ヽ└=-' _/! l                     人(ト、 ヾy ,!
             ,ト.二._/__,┴i                  _ノ. \ト、 j_ヲi)
             「r=t;T゙Ff 二! ] li     _,.-―-、_        「トー'  \_/,リ
        _,..:-r-‐j=ミ- l __ヲ_,.-‐<)ニニf =、\\\      入ヽ   i、_フ[/
  ,r=―‐ッ==‐‐'",.ニ‐‐≧十'゙ >-、     ,r゙ー-ニ、_\\>、_,.-/  \\  し ,r'
 ,レタ__/ \   i' ,r‐‐i l ! f"「 ̄>゙i   /      ̄ ̄         \ー' :ダ
 V//  r.、」  .l  ̄!L.j l .L」 i"  i   しr                  ゙ーr'
 レレ' i  .L_   l  .l  ./ _ .l  i   -=;'                  ,/
  ( "i ┌‐'  .l ヾ' 「! ! l  l ,フ .ノ  -‐┘                  /
  ,レ.ノ  .ト--  ヽ、 ゙" l .i! l!  ゙"/   -ニフ      _         /
  ]  !  し== ,.-、_゙‐-' ! ゙ー",.:-‐‐-、゙`i      /   ゙̄ー--、____/







              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /      破壊!
          |  'i'      ./.|ξ丿      
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ        破壊だ!
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|       
           デュポール








981 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:50:17.61 ID:wg2XK7Uo








               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ     その通りだ!
             /〃/   、  , ;i    
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)    つまり、もう一歩自由の線を
             lk i.l  /',!゙i\ I
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /    踏み越えれば王制の破壊となり、
             Y ト、  ト-:=┘I    
              l ! \__j'.l     もう一歩平等の線を踏み越えれば
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ  財産の破壊となるのは自明である!!!
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\









982 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:51:13.80 ID:wg2XK7Uo








               ,、
             //
           ///)                 国王の裁判を望む無慈悲な議員諸君!
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、     
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\   君たちは国王を処刑し、
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   I   祖国を動乱に引き込もうと言うのか!?
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /   引きこされた戦争によって苦しめられるのは民衆であり、
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y   
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  I    机上の空論を振りかざす議員などではない!
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L   
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \  よって――
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ 私は国民の名において宣言をする!
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人








983 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:52:04.90 ID:wg2XK7Uo








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .     ij 、 i /   ,ミ  l  
___∧,、 〈'-=j";'==・=' ヾr=、! ____  あえて言おう!
 ̄ ̄ ̄`'`  l .ノ   ゙̄   ,リy.,! ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









984 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:53:30.54 ID:wg2XK7Uo













              ___
             /,,/,rf,,,、ー\
               ,;ノべ/   \, \
            ij 、 i /   ,ミ  l
           〈'-=j";'==・=' ヾr=、!
            l .ノ   ゙̄   ,リy.,!
            l ヾ゙>      , /   国王は無実であると!!!!
            ヽ. [ ̄ヽ   ,「!
             ヽ└=-' _/! l 
             ,ト.二._/__,┴i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\








985 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:55:02.81 ID:wg2XK7Uo








うおおおおおおおおおお!     その通りだZE!

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)  陛下は無実だYO!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  国王陛下万歳!!!!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;








986 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:55:55.36 ID:wg2XK7Uo








このバルナーヴの雄弁に立ち向かえる民主派議員たちはいなかった。







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /   〇  〇
       (6 U      \     ぐ……あ……うっ!!
       │    ,,,,, ─′
        \    ̄ ̄l     
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







987 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage]:2009/09/07(月) 20:57:27.58 ID:VMGXqWMo






さすが演説のギレン兄さん






988 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:57:45.03 ID:wg2XK7Uo








     ノ           /            ___  _ヽ{ ___          ヽ
     ヽ             {        ,.イ /,二二フフ⌒ー‐、ミ...、         |
                 }      , '´,..イ{:.:/ニニ爪:.、`ヽ、:.:.:.:.ヽ、:`ー‐z    l
                 {   ,ィ彡´ ̄ ̄:.:.:./:.:.く:.l:.ヽヽ、:.ヽ、:.:.:.:.ヽ、:下ヽ、__ !
                 }  /ノ,彡:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/\ヽ、ヽ:.ヽ、:.\:.:.:.:.、ヽ:{ ヽヽ ヽ、
                 { / //7:.:./:.:.:.l:.:.:.:l::.:l:.:.:.:.「ヽミ丶ト、:ヽ、:.ヽ:.:.:ト、:.! i ノ`ー┐
     フ             レ //,..:':./:.:.:.l:.!:.:.:.:ト、ヽ、:!:.:.ヽ`T'ー-:.:ヽ、ヽ:!ハ! !/   ノ
     て            {/_./:.:/:./:.:.:.:ハ、、:.ヽ:ヽ:.ヽヽ:.:.:ヽ!}:.:.:.:.::.:.、ヽ(.   l   /
                  〉:/:./:.:/:.:.:.:.:!:.l:\ヽ、ヽ:ヽ:ヽヽ、:リ:.:.:.::.:.:.:.ヽト、     7
                    {:/:/!:.:,':.:.:.:.:.:l:.:.!:.:.:.ヽ、:.、`:.:.:.ヽー1:.:.::.:.:.:ト、:ヽ ヽ    フ
                    }:!/::!/!:.:.:.:.:.:.:l:.:.',:.:.:、:.: ̄:.`:.:.::.:.`ソ:.ノヽ:.:.:l:.:.:ハ:!     ´⌒⌒ヽ、,r―-....、__,
                   {:::::::!7:.:.:.:.:.:./,L、、:.:.トく,ィ=、ミ7:.ノ:.:.:.!:.:.:!りr‐}、     ;/:::::::;:::':`::;::::::::::'::::::::
                  }::::::::|:.:!、:.:.:.l:{!f;jヽト=ー/ {(;:) 入フιヽ/ ̄´;:':::::::\    ;/:::;:::'::::::::'::::::::::::::;::::::::'
     つ           〈::::::::::!:.Nヽ:.ヽ`¨´!`ヽ~ ` ̄      /:::::;::'::::;;;::::::::::`ヽ /:;::::::::::::::::::::::;::::':::::::::::::
                 /::::::::::::/:::::ヽ、:! |  ,r    _..  /::::;:':::::;;;;:::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::: ':::::::::::::;::::::::
                   {::::::::::::/:::::::::::::ヽト、ゝ..._     ` l:::;:':::::::::::::;::: ':::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::;:::::::':::::::::::::
                   }:::::::::::|:::::::::::::::;::::!:::\ー、-‐¬´`ヽ/;:'::::::::::;::: ':::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::'::::::::/7:__::::;::
                     {::::::::::::!::::::::::::::::::'::;:'::;:::ヽヾニ`ニン 7:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/7:::::/ ///;:::::::
                     }::::::::::::!::::::::::::::::::;::::'::;':;::::::`T= .ノ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::://___ L/ L!::::::::::
    ┃ ┃         {:::::::::::::|:`::::、::::::::l::::::::'::::;:::::::ヽ、/:::::;:: ':::::::::/:::::::::::::::::::::::/::r―‐┘__ /:::::;:::::::::;:::::
    ┃ ┃         }::::::::::::::!:::、::::`:::::::!:::::::::::::::':::::/::;::: ':::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::└┐ // /:::,:::::::::':::::::::,
    ・  ・         )::::::::::::|:::::!:::::::::ノ:::, --、__/:::;:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  //_/:::;::::::::::::,  ´
                 }:::::::::::::l:::::!::::::::/ ̄   /::::;:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::ヽ:::::: ̄:/ 二 7, ´
  ヽ、         ___{:::::::::::/:::/::::/     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;:::'::/::::::::::!:::::::::/.└┘/
    |  , -- 、 /:::::::::::::`::::::::::::/::/ ̄`ー―/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::;::'::::::/::::::::::/:::::::/_/`7 /








パリ市民同様、国王の行動に怒りを感じていたが、諸外国の干渉と言う脅しをかけられては、
国王の告発を取り下げるほかなく、「逃亡事件」も「誘拐事件」として承認するしかなかった。
民主派は三頭派によって完全に打ち負かされたのだった。






989 :1[saga]:2009/09/07(月) 20:59:23.72 ID:wg2XK7Uo








また、国王の懐柔も滞りなく勧められた。








         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      陛下。
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      この度、バルナーヴ殿から宮廷との
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      交渉を担当するようにと言われた
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl       ラメットと申します。
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|       まあ、他に2人いますが、都合上、
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l       私が代表して話を伺います。
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄
            ラメット








990 :1[saga]:2009/09/07(月) 21:01:40.21 ID:wg2XK7Uo








        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    ご苦労。
   |` - c`─ ′U 6 l     で、ボクはいったい何をすればいいのかな?
.   ヽ (____  ,-′  
     ヽ ___ /ヽ    
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 






         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      国内には動揺が広がっております。
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      陛下の身柄が軟禁状態にあるのを機会に、
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      オーストラリアやプロイセンが干渉の材料として
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl       攻めてくるものと危惧されているのです。
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄








991 :1[saga]:2009/09/07(月) 21:02:35.31 ID:wg2XK7Uo








国王がパリに帰った当日の新聞でも、既に外国勢力への懸念が掲載されていた。







                                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                    ______    < 憲法の敵である外国に我々を攻撃する口実を
                   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   < 与えることは避けるべきニダ!
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  < もしルイ16世を退位させるならば、
                  |::"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:::|  <  敵は侮辱を受けた国王の復讐を口実にして、
                  |:::|           |:::|  <  全ヨーロッパを我々に差し向けてくるニダ!
                 ヽ/ -=.、   _,=-  ゾ  <  ルイ16世が不名誉な裏切りによって
                  | |  -ェゝ ";ュ-   |ヽ  <  フランス国民に対する罪を負うとしても、
                  ヽト、  ´i `   ,.イ/  < 彼をそっとしておこうではないかニダ。
                  〈  i  /L_、  i 〉   _ノ 彼のためではなく、我々のために、彼とその家族をそっとしておこうニダ……
               __,. -‐ヘ  -=三=-  /──、∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
          _ -‐ ''"   /  \     /\    ̄゛ー- 、
         ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ、      ∧
         |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
           |   |     _>  ∨-、r‐/   <_     /  !
        ∧   !    ヽ     | 厂L/   ■/      i  .∧
       / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ










2 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 21:26:41.33 ID:gJh923oo






その頃、ルイ16世は――


 ..  .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
.:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
.....  ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'`  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',: '"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
':: ',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;.., "'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::':: ',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',: '':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'': ';:;..,":,.,i|!、
'''.''' '''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.'''  "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'': '`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':







3 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 21:27:34.95 ID:gJh923oo







       r''"~ ̄ ̄^'ヽ
      /        ;ヽ
      l __,,,,,,,,,,,,,_,;;;;i
     ,l l''|~/ -、 -、lミ;l   
     ゙l;| |─|   ・|・ |;i |    
     ゙l;| |  ` - o-|;i |    よし!
     ,r\ヽ   ___っc=/    今度は、あの鹿だ!!!
   ,/  ヽヽ、__─、- ノヽ    
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,    
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri 
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |      
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ       
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |








4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 21:28:09.22 ID:0NtaZjc0






危機感ねえなぁ






5 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 21:31:02.36 ID:gJh923oo








       |     |
    \|\|    |/|/
        |    |
        |    |
        .|   | 
    i'⌒ヽ  |  .| /⌒丶
    \ヽ .\| __ |ノ / .| 
     ヽ/ i≡ i  \./
     /  .ヽ /    .ヽ
 .   .|          |
   . |        u. |
     | ●   ●  ./     野生のみなさん、ご存知ですか……。
     ヽ        /|   
      |      / .|     ボクがもう、自然で見られなくなるんです……。
     . |     /  |
      |    ./  / \
       .<≡>__ /  /ヽ
    //        .ヽ、.\
   /  i ┼.┼┼┐  / \ ヽ
 . /  /i ┴.└─    |  ) .)








 _人人人人人人人人人人人_
 >  シンゴー!シンゴー!!<
  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     \|\| |/|/
    「\   | |  /7!
    ヾ >‐┴┴<.//'
     Y ●  ●\/⌒)
   /⌒)       |  |
  /  /  \   /  /
. (  ヽ   \●' /
  \       /
   /       /
  |        /
  |  /\ \    
  | /    )  )   
  ∪    (  \
        \_)








6 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/29(水) 21:31:56.76 ID:gJh923oo








       r''"~ ̄ ̄^'ヽ
      /        ;ヽ
      l __,,,,,,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
     ,l l''|~/ \、y/ 、lミ;l   逃げる鹿は野生の鹿だ!!
     ゙l;| |─|   ・|・ |;i |   逃げない鹿はよく飼育された鹿だ!!
     ゙l;| |  ` - o-|;i |   
     ,r\ヽ   rーjc=/    ホント 狩場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
   ,/  ヽヽ、__ `ー" /ヽ    
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,    
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri 
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |      
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ       
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |









ヴェルサイユ近郊で狩りをしていた。









9 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:07:24.89 ID:wg2XK7Uo








         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j       実際、これまで静観していた
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      神聖ローマ皇帝レオポルト二世が
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      ヴァレンヌ逃亡事件を期に行動を取り始めた模様です。
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/     
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      議会もこの動きに国境を閉鎖し、
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|      正貨と武器の流出を禁止させました。
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|      北東国境付近に国民衛兵が動員され、
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l      義勇兵10万の徴収も決定されております。
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄








10 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:09:14.02 ID:wg2XK7Uo








7月6日。レオポルト二世は滞在していた北イタリアのパドワから各国宛に、
急進化するフランス革命への介入するために自分とともに行動することを要求した。








     l|                                |l
     |'|                               |`|
     |-|                                 |-|
     |-‐|                            |ヽ|
      |/|                           |`ヽ|
      |/ |       _,-‐,,ii|||||||||||||||ii、-、_         |`ヽ、|
     | / `ー;‐‐;‐‐i ̄ ii|||||||||||||||||||||||||ii  ̄i--:--:--'` ヽ |
      ! /  |  | /=  i|||||  |||||||||||||||||ii   ヘ |  |  ヽ /
      ゛ー- !_!/   ||||||  ||||||||||||||||||   =i_!_!,--‐'
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||||!    /     
          了 彡  ゛!!!!||||||||||||||!!!!"'`   ミヽ    妹夫婦をいじめる革命は許せんな……
           `ゝ.__        ̄Y ̄   '  ,__ノ
             | ]下ミ─-。、_|_; 。-‐≠丁 [ |      欧州の君主ども、俺に協力せよ!
             └、,キミミ`三ノ| 、三´E=メ ,-┘   
                ,iヽキミ《ー‐''―‐'`E// i     
            // | |  `‐、 二 ,‐´  ヘ\      
 ̄ ̄ ̄7^i⌒iー-∠_  | | \ ` ̄´/    _ヽー―i⌒i^ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ  |  |     ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄`    |  | |






レオポルト2世(1747年 - 1792年)
神聖ローマ皇帝。
マリー・アントワネットの兄であり、
消極的だったヨーゼフ2世よりは幾分か積極的であった。








11 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:11:26.53 ID:wg2XK7Uo








        .,Å、
     .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
    o| o! .o  i o !o
   .|\__|`‐´`‐/|__/|
    |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
   /_____  ヽ   
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |    
   |  ・|・  |─ |___/    確かに。
   |` - c`─ ′U 6 l     今、諸外国の干渉を受ければ、
.   ヽ (____  ,-′    暴発寸前の農民を巻き込んだ全面戦争に突入だ……。
     ヽ ___ /ヽ     それだけは避けるべきだね。
     / |/\/ l ^ヽ   
     | |      |  | 







         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      陛下にはレオポルト二世の宣戦に対し、
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |      開戦の延期を要求していただます。
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      議会もそれに同調しますので、
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      後は、諸外国が安心するように
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|       憲法の修正を行えば万事解決です。
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―
        ‐^ー‐;―‐‐''""~~ ̄ ̄ ̄








三頭派の考えは、まさに革命を終わらせ、旧体制を無難な形で軟着陸させるものだった。
これが通れば間違いなく、立憲議会制の新フランス王国が誕生するはずであった。
だが、それは国民の要望とは相容れないものでもあり、立憲制を目指す保守勢力は、
議会と国民とが乖離する象徴ともいうべき次の行動を取った。








12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:13:04.55 ID:wg2XK7Uo








                   ________
                      | ジャコバン・クラブ|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧
                   <⌒> 
                     /⌒\
      _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  チーッス……
          | U   (__人__)   ――って、アレ?
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   何だか寂しくないか?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、









13 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:15:51.29 ID:wg2XK7Uo








                  ____
                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    ヤラナイオくん……
.           || |   |  |      ´/ /  {
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      やられたよ。先手を打たれた。
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ
                サン=ジュスト






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  サ、サン=ジュストくん!?
          | U   (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   どうしたんですか。み、みんなどこへ?
              |         }   ロ、ロベスピエールさんは!?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、








14 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:16:46.43 ID:wg2XK7Uo








       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      ヤラナイオくん……。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!       ボクならここにいるよ……
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       だけど、おしまいだ……何もかも…
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/        もう全ておしまいだ……!!
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/         ククク…ッ クハハハ……!
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/         ハハハハハハハ!!
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( >)(●)  ロベスピエールさん…!
          | U   (__人__)   どうしたんですか一体…
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   中二病絶頂なトコ、スイマセンが
              ヽ        }   ジャコバン・クラブに何があったんです!?
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、








15 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:18:07.83 ID:wg2XK7Uo








           /:::::::::|:::::::::::|:::::::::::丶,,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
         /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::   ……ラファイエット、バルナーヴら立憲制を主張する保守勢力が、
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::   ジャコバン・クラブを脱会し、パリのサン・トレノ街にある
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::   フイヤン修道院に集まって、フイヤン・クラブを設立した……。
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|   しかも、奴らを追うようにジャコバン・クラブのメンバー
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /   会員2,400人のうち1,800人がフイヤン・クラブに移動した……。
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::   この惨状は、その結果なんだよ。ヤラナイオくん……。
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/   ジャコバン・クラブは……消滅の危機だ。
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   そ、そんな……
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   じゃ、ここには600人しか残っていないんですか!?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、








16 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:19:54.38 ID:wg2XK7Uo








        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     ラメット兄弟はもちろん……
       │    ,,,,, ─′    シエイエスもフイヤンに行ってしまった……。
        \    ̄ ̄l      大物は誰一人として残っていないよ……。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\







       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
        /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
      ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      …………。
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!       残った構成員は民主・共和派だけだ……。
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ       そして議員として名のあるのはボク、ペティヨン、
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/        ビョゾーの3人だけ……
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/         どうだい?
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/         笑うしかないだろう?
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/








17 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/09/07(月) 21:20:38.89 ID:pCGfstQ0






随分減ったな
そしてこの状況からどう盛り返すかな







18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:22:15.83 ID:wg2XK7Uo








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   な、何を弱気なことを言っているんです……!
             |     ` ⌒´ノ
              |         }   逆に考えるんです!
              ヽ        }   これはジャコバン・クラブを民主派の
            ヽ、.,__ __ノ   拠点に変える絶好の機会じゃないですか!
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、







        / ̄ ̄ ̄ ̄〃
       /  / ̄ ̄ ̄ ̄│
      /  ゝ      │
      |  │  \   /
      |  /    -   -
       (6 U      \     確かにそうだが……
       │    ,,,,, ─′    それは容易なことではない。
        \    ̄ ̄l      それに、ロベスピエールがこうでは……。
        |  ヽ  ;;;;;;;;l     
    __/\   . /\_
  /:::::::::::::\  \___/  /::::::::\








19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:23:33.01 ID:wg2XK7Uo








                  ____
                 ,  ´       `   、
             /              \
            /                \
              /                   ヽ
          /   /   / /           |  ∧
            '    l    / /,  -―    / /|  ∧
.           |   l |  |´/        ィ ,.l||| ∧
.           |   l |  K_  、―‐'´//|||| | トヽ
.           |    ヽ.|  | 沁tx、\‐ 彡 ´_/イ/||v|
.           |      \ V弋z^ヽヽ l  ィケアテへ,' ,' ハ|
.           |       ト\__,rッ={i≦ィ/`ソ./l/ ノ
.           || |   |   |  `      ゝ=/=イl//    ヤラナイオの言う通りだ!
.           || |   |  |      ´/ /  {      革命家は命よりも革命の遂行、
.           リ |   | |  l、   ¨二 ` /  |      人民の幸福を優先する!
          `ヽ  | |  |、> .   イ | | |
               /\| |  ヽ\ 厂\{ { | |      それは、革命が始まる前から決まっていたことだ……
            /\ ヽ|、 l | 〈| |    \  | l.|      いや、その覚悟無くして革命を
       _  ´     \ 丶N 八ト、    /lVl N      遂行することはできない……!
       /          \  ∧└、ヽ. ムト l /
.     /           ヽヘ ∧ l V 〉 ヽl' ー 、    違うのか!?
.   /                 V∧ L..j∧ヘ    \   ロベスピエール――!!!
  /                ヽ. ヽ`ヽ.∧ヘ
. /   /               \\ V∧ヘ
                サン=ジュスト








20 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:24:28.03 ID:wg2XK7Uo








          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ      ……ヤラナイオ。
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´        ……サンジュスト。
    ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
     |    ヽ\         _ノ
          ヽ\      /
           ,.-‐=ニ_、   _ノ
  .         \,イヽ、    ̄
           \ \








21 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:26:04.03 ID:wg2XK7Uo








         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈      ありがとう……。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ      目が覚めたよ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /         二人の言うとおりだ。
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          これからジャコバン・クラブを立て直さなければならない!
     /           ,′             民主派の拠点として、人民の幸福を守るためにね!
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \







            / ̄ ̄\
          /   \  /
          | U  ( ●)(●)   そ、その意気です!
          |     (__人__)    パリ市民は共和制を望んでいます。
             |     ` ⌒´ノ    その声を吸収して、ジャコバン・クラブの
              |         }    さらなる発展を目指しましょう!
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  








22 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:27:43.33 ID:wg2XK7Uo








                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::I   (見ていろ……革命家を
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l   気取ったペテン師ども!
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、   ボクが必ず、貴様らを
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,     地獄へ送ってやる!)
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i








23 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:29:29.36 ID:wg2XK7Uo








―― 一方、その頃

            *     _______*
 ┼                    | パレ・ロワイヤル|
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ







      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二)) 
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈 
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l  
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l 
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |      よく来たバル。
            ,' ハ (_人__)    リ ,| |//´  | |.      民衆の様子はどうバル?
            |  〉 、      lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ?ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |
         オルレアン公ルイ・フィリップ








24 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:30:52.35 ID:wg2XK7Uo








                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   どうもこうもねえ。
                  r /'  l   ヽ         l   /    猫も杓子も共和制を喚いてやがる。
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/      簡単に実現するなら苦労はないって
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       言うのにな……
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、
                     ダントン







            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.-‐刋 | |    ̄  レ′   そうよねぇ~。
      |  | ||_\ |! / 〃ヽ_ノ ' / /  |     \     ジャコバンはボコボコだしぃ~、
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \   軍部の力を握っているラファイエットも
      | ト  \ィ  ノ       / |    | \     \   完全に王様側に付いちゃってるから、
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ         |    |\ \       蜂起に訴えるのは難しいわ~……。
__ \\|\ \  ̄二   、_,,_,      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
                 ラクロ








25 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:32:17.55 ID:wg2XK7Uo








                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   こっちもコルドリエで突き上げをくらっている。
                  r /'  l   ヽ         l   /    時期尚早だろうが何だろうが、とりあえず
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     行動を起こさなきゃならない事態になった。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       ついては、オルレアン公にお願いがある。
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、







  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|. 
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|     どんなお願いバルか?
:/ .| いいハ ィrテぇミい/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i i いィ}     イテフハVイ/ レrヲL.|.  レ'     ルイ16世を退位させるなら、
.  |  .| i | i ゙ ゙̄      にクソ "|. i レイ / |.  |      何でも協力するバル。
  |  レ i |. ヽ.  (_人__)    /| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、     _ rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |








26 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:34:01.38 ID:wg2XK7Uo








                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   7月15日には議会が国王の逃亡を
                  r /'  l   ヽ         l   /    事件として幕引きを計る。
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     そうしたら、民衆が激怒するのも明白だ。
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /       貴方は、その民衆を扇動してジャコバンの
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ        指導部を動かしてもらいたい。
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、







 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } | 
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !  
.  | !:l   ∧. !  ゝ  _ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !   あら?
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐-ァ/ /| ,/   レ   民主共同ってワケ?
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゝノ//ノ |,イ      
  !    ト、         !   .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´  面白そうじゃない。それだけ組織的な動員をすれば、
  i    |. 丶      、___;__,    /',  ,    //   そう簡単に押さえ込むことは出来ないわぁ~!
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::








27 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:35:05.48 ID:wg2XK7Uo








                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ 
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´  よろしいバル!
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |   このオルレアン公に任せるバル!
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|   必ずや、ルイ16世を「退位」させるように
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、  (__人__)  ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、   力を尽くすバル!
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、    _ /}/´       j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'







                   /          `丶、   ヽ ヽ
                   ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
                  ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
                  .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
                  l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
                  l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
                  '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
                  V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
                   '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   (随分と「退位」にこだわるじゃねぇか……
                  r /'  l   ヽ         l   /
                 ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     この御仁は、民衆が望んでいるのが
               , ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/      共和制であるってことをわかっているのか?)
           _... - ''  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
       _ ... ィ´ i     l     \ '.   丶、  __ノ
  , - '''    i  l     l      \      ̄ ハ、








28 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:36:12.64 ID:wg2XK7Uo








その頃、ヤルオは――








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     そうか……革命の行く末に悩んででいるか。
    /   <ー>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |    無理もない。革命はもはや、旧体制の破壊だけではなく、
    \     ` ⌒´   /    その価値観の根絶にまで足を踏み入れようとしているからな。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
      ワゴン・オプーナ






           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ  そうなんだお。
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)   革命は、王様を否定して、
       ` 、        (__人_)  /   神様も蔑ろにしているお……
         `ー,、_         /   悪いことをしていないのに、どうして否定するお?
         /  `''ー─‐─''"´\








29 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:37:45.72 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     ふむ……。
    /   <ー>::::::<●> \     私は、革命から身を引いたとはいえ、
    |     (__人__)    |    嫌でも革命の結果は聞こえてくる。
    \     ` ⌒´   /    王制の廃止を訴える市民の声は
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/ 日増しに高まるばかり……。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \







      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、   そうだお……。
  (  < (●)  (●)   |  )   この間までは王様LOVE!
  \ ヽ (__人__)   / /   ――だった市民が恐ろしく見えるお……








30 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:39:20.72 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <●>::::::<●> \     信じていた者に裏切られた市民は、
    |     (__人__)    |      逆に、自分たちの権利を侵害する
    \     ` ⌒´   /      根源としての姿を王に見たのだろう。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.    自分たちが苦しんでいるのは、
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.  貴族が悪いからで、政治を担う
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \ 王も悪いと……









31 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:40:28.80 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     立憲派の強硬な態度は、それに拍車をかけている。
    /   <ー>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |    民衆の急進を恐れた立憲派は、憲法をブルジョワ的に
    \     ` ⌒´   /    修正しようと躍起だ。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   選挙権の問題にしろ、下層の民衆にまで革命の
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 恩恵が行き渡るかどうか……
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \







      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\   そ――そうなると、また、バスティーユ
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |     みたいなことが起きるのかお!?
  \\    (__人__)   /く<    今度は、王様が危ないお!!!
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ








32 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:42:05.10 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     ヤルオくん……。
    /   <ー>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |    君は革命が間違った方向に行かせないと言った……
    \     ` ⌒´   /    だが、革命という大きな流れは、個人ではどうにもならない。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.  残念ながら革命は――王制を潰す!
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \






         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    ――そ、そんな!?
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /








33 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:43:30.66 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      私はね……。
    /   <ー>::::::<●> \    王党派じゃない。
    |     (__人__)    |    民主派と立憲派の間だ。
    \     ` ⌒´   /    とても曖昧だろう?
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   恐らく民衆のほとんどもそのはずだ。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. いや、はずだった。
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \






         ____
       /   u \
      /  \    /\      今は違うのかお?
    /  し (○)  (○) \    ヤルオは、ダントンさんみたいな
     | ∪    (__人__)  J |     寛容をモットーの世界になってほしいお!
    \  u   `⌒´   /









34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:44:52.93 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      寛容など、民衆は求めんよ。
    /   <●>::::::<●> \    民衆が求めるのは自由と所有。
    |     (__人__)    |    平等などまやかしだとわかっているから、
    \     ` ⌒´   /    価値観の違う相手を排除しようとする。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   ヤルオくん。わかっているはずだ。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 革命は……血を欲している!
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \






         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \    ――や、やだお!?
     | ∪    (__人__)  J |     血なんていらないお!
    \  u   `⌒´   /








35 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:46:29.10 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      ならば革命をやめればいい。
    /   <ー>::::::<ー> \    眼を閉じ、
    |     (__人__)    |    耳をふさぎ、
    \     ` ⌒´   /    口をつぐんで孤独に暮らしなさい。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   そうすれば、嫌なことも考えずに生きていけるよ。
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 君は、革命とは関係ないのだからね……
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \







         ____
       /   u \
      /  \    /\      そ、それはダメだお!
    /  し (●)  (●) \    ヤルオは覚悟を完了したんだお!
     | ∪    (__人__)  J |     そして、革命が人を不幸にしないように、
    \  u   `⌒´   /    革命と一緒に王様も救うんだお!








36 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:48:55.79 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\      …………。
    /   <ー>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |    それでも、戦うというのか、ヤルオ?
    \     ` ⌒´   /    
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  人を捨てず、革命を容認する。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   それはとても大変なことなんだぞ?
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \








37 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:49:20.29 ID:OXLLWkYo






オプーナ先生も熱狂に飲まれかけてないか?
これはやばい……







40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:53:14.51 ID:2GLR5d2o






>>37
飲まれてないんじゃね
>>35は自分のことだろーし







38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:50:02.96 ID:wg2XK7Uo








         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (ー)  (ー) \    …………!
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /











         ____
       /   u \
      /  \    /\      ――い、今、わかったお!
    /  し (●)  (●) \    ダントンさんが言っていた信念というのは、
     | ∪    (__人__)  J |     こういうことなんだお!
    \  u   `⌒´   /








41 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:53:52.30 ID:wg2XK7Uo








         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \    人間には信念が必要なんだお!
     | ∪    (__人__)  J |     それをなくしたら、人間は獣になっていまうんだお!
    \  u   `⌒´   /    だから――絶対なくしてはならないモノがあるんだお!








42 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:55:00.93 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |      ――では、それはなんだ!?
    \     ` ⌒´   /      ヤルオ・カネクレーヨ!
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. 
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \








43 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:56:31.02 ID:wg2XK7Uo








         ______        
       /:::\:::::/::\   ヤルオの信念は、無益な流血を防ぐことだお!
      / <●>::::<●>\  ヤルオの革命に対する覚悟完了は「寛容の精神」!
     /    (__人__)   \, 先生! どうだお !        ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、    
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '   
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !








44 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:58:13.75 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <ー>::::::<●> \   
    |     (__人__)    |      …………
    \     ` ⌒´   /
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. 
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \








         / ̄\
         |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /  ::\:::/::: :\     
    /   <ー>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |      …………見事だ。
    \     ` ⌒´   /      ヤルオくん……。
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/    君は、立派な大人になったのだな……
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. 
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ. 
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \








45 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 21:59:31.54 ID:wg2XK7Uo








          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |     先生……
     \      ` ⌒ ´  ,/      ありがとうございましただお……
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ     これからは自分で考え、行動するお!
    |    l  ( l / / / l      ここには……来ませんお……。
     l    l  ヽ       /








46 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 22:01:46.39 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      はははっ!
    |    (__人__)     |      何を言っている!
    \    ` ⌒´    /   ☆  突然一丁前のことを言い出しおって!
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   そんなことを言わずに気軽に遊び来るんだ。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   今度はヤラナイオくんと一緒にな!
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \





                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |        わかっただお!
  \     ` ー'´     /
  /          \         今度来る時はヤラナイオも一緒だお!
 /             \        硬い話し抜きで語り合うお!
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ








47 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 22:02:38.00 ID:wg2XK7Uo








         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      そうだな!
    |    (__人__)     |      楽しみにしているぞ!
    \    ` ⌒´    /   ☆ 
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/   今度は酒でも飲みながら
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.   語り合おう!
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \








48 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/07(月) 22:08:06.09 ID:wg2XK7Uo







        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\   …………
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ







        __
      /    \
    /        .\   行ってくるお……!
   /           \
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ









決意を見せたヤルオだったが――彼は地獄を見る。


第10話「弾圧」―前編― 終わり

コメント

非公開コメント
プロフィール

IKZIHS

Author:IKZIHS

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon人気DVD
Amazon人気フィギュア
Amazon人気コミック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop